低価格で購入できるおすすめの3Dプリンターまとめ5選

3Dプリンター de ものづくり

今回は、高機能でありながら低価格で購入できるおすすめの3Dプリンターについてまとめてみます。

【3Dプリンターを買うならFabmart(ファブマート)がおすすめ!】
ー キャド研と同じ運営の専門店だから安心してお買い物していただけます。

3Dプリンターの価格の相場は?

3Dプリンターの相場は?

FDMの3Dプリンターだと大体20万円前後が相場のように感じます。
過去には100万円以上したことを考えると、全体的に低価格化が進んでいるといえますね。

ある程度のクオリティを求めるなら、30万円以上の3Dプリンターを検討するのが良いと思います。

今回は、高品質と評判だったり、新しい機能を備えているといった価格以上の働きが期待できる商品を紹介します。気持ち30万円以下になるようにチョイスしてみました。

低価格で購入できるおすすめの3Dプリンター1:UP Mini2 ES

UP Mini2 ES

価格(税別) ¥125,000
造形マテリアル ABS、ABS+、PLA、木質(Wood)
最大造形サイズ 12×12×12 cm
積層ピッチ 0.15〜0.35mm

人気の3Dプリンター「UP Mini2」が、様々な機能を携えバージョンアップし、「UP Mini2 ES」として新発売したものです。
以前のモデルに加えて、対応可能なデータ形式が増えて、有線LANに対応するようになりました。
また、対応するフィラメント材料の種類も増えています。

低価格で購入できるおすすめの3Dプリンター2:ダヴィンチcolor mini

ダヴィンチcolor mini

価格(税別) ¥248,000
造形マテリアル PLA、タフPLA、PETG(オプションノズルでカーボン、メタリックPLA可)
最大造形サイズ 13×13×13 cm
積層ピッチ 0.15〜0.40mm

世界初のFFF式フルカラー3Dプリンター「ダヴィンチColor」の第二弾。その名のとおり、色鮮やかなフルカラー3Dプリントが実現できます。

従来品よりコンパクトなサイズで、価格も1/3ほどになっています。

フルカラーでの3Dプリントを楽しんでみたい方におすすめです。

低価格で購入できるおすすめの3Dプリンター3:Infinity X1

Infinity X1

価格(税別) ¥280,000
造形マテリアル ABS、PLA
最大造形サイズ 210×210×240 mm
積層ピッチ 最小0.02mm

ハードウェアの精度が非常に高く、安定した造形品質を実現した3Dプリンター。
従来品よりスペックが向上し、新たに高精度0.9℃ステッピングモータを搭載しています。

軟質のフィラメントを使用できないぶん、同社のX1 Speedよりお求めやすい価格設定となっています。

少し予算をプラスして業務用にレベルアップ

業務用3Dプリンターのクオリティは家庭向け商品の比ではありません。

しかしその分、100万円の大台を超えるものがほとんどです。(中には1,000万円を超えてしまうものもあります!)
けれど精密機械である以上、値が張る理由もわかります。

でも予算はできるだけ抑えたい……!

というわけでここからは、業務でも活躍している低価格の3Dプリンターを2つ紹介したいと思います!

低価格で購入できるおすすめの3Dプリンター4:Form2

Infinity X1

価格(税別) ¥549,800
造形マテリアル Standard、Castable、Flexible etc
最大造形サイズ 145×145×175 mm
積層ピッチ 25μ,50μ,100μm

小型光造形機のパイオニア、Formlabs社より発売されている3Dプリンターです。

光造形の3DプリンターはFDMと比べて割高な傾向にありますが、このForm2は100万円以下で購入できるとあってとても人気の商品となっています。

業務用機器に匹敵する最高品質の造形を実現した高機能プリンターです。

低価格で購入できるおすすめの3Dプリンター5:Raise3D N2S

Infinity X1

価格(税別) ¥620,000
造形マテリアル T-PLA、T-ABS、PETG、PTG、Polyflex、カーボン、木質、etc
最大造形サイズ 305W×305D×300H mm
積層ピッチ 0.01〜0.65mm

高精度はそのままに、従来のN2をアップグレードした製品です。
フィラメント検出センサーや新しい停電回復システムなど充実した機能を搭載しています。

N2Sはシングルヘッドタイプ(ノズルの数が1つ)となっており、デュアルヘッド(ノズルの数が2つ)仕様のPro2よりも安価な設定です。

業務用を考えているけど少しでも予算を抑えたい方にぴったりの一台です。

まとめ

搭載されている機能に対し低価格で購入できる、おすすめの3Dプリンターを紹介しました。

3Dプリンターを始めるときは、まずは低価格のものから購入してみて、徐々にグレードをあげていくことをおすすめしています。

今回紹介した3Dプリンターは初心者にも扱いやすいものが多く、3Dプリンターデビューにも良いと思います!

もちろん紹介したもの以外にも、低価格の3Dプリンターは続々と発表されています。機能などを比べながら選定に役立ててもらえたら嬉しいです。

【3Dプリンターを買うならFabmart(ファブマート)がおすすめ!】
ー キャド研と同じ運営の専門店だから安心してお買い物していただけます。

関連記事

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG