facebook Solidworksを使いこなす | キャド研

SOLIDWORKS / Dassault Systemes

solidworks
  • CAD
  • CAM
  • オプション CAE
  • オプション PDM
  • 3D設計
  • 2D図面
  • レンダリング
  • 一部オプション コンセプトデザイン
  • 一部オプション 解析
  • オプション 解析
  • アニメーション
  • オプション 基板設計

SOLIDWORKSは、フランスのDassault Systemes(ダッソー・システムズ)社から発売されている機械設計用の3DCADソフトウェアです。使われている業界は主に機械製造業ですが、産業設備や医療機器、建築やプラントなど幅広い分野で活用されており、世界でもトップクラスのシェア率となっています。

チャート
ユーザー
用途
Solidworks 価格(税込)
Standard 1,083,500円
Professional 1,298,000円
Enterprise 1,738,000円

※別途サブスクリプションサービス(年間保守契約)が必要となります。

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

Solidworksはこういう方におすすめ

  • 3次元ベースで設計を行いたい
  • 高度な機能も簡単に操作したい
  • 使いやすい3DCADを求めている
  • ユーザーの多い3DCADを求めている

他CADとの違い

Solidworksは「設計」に特化したCADシステムであり、企画、設計、検証から生産管理まで製品開発に必要な工程をトータルでサポートします。
配管などのルーティング設計、電気系CADとの連携、設計要件を満たしているかの作図チェック機能、ファイル管理専用のPDM機能、など様々な業種の設計要件に対応できるようになっています。
Solidworksでは市場のシェア40%であり取引先や下請け業者など、多くの企業で利用している場合が多いです。その為、データをそのまま渡すことも可能であり、打ち合わせする際も取引先との意思疎通が容易になります。

金額について

永久ライセンスで、3つのグレード「Standard:1,083,500円(税込)」、「Professional:1,298,000円(税込)」、「Premium:1,738,000円(税込)」から選択できます。

サポートやバージョンアップを受けるために別途サブスクリプションサービス(年間保守料)が必要となります。
グレードによる機能の違い、サブスクリプションサービスの詳細はこちらをご参照ください。

また、無料オンライントライアル(最大2時間)でインストール不要でCAD機能をお試しいただけます。
無料オンライントライアルの詳細はこちらをご参照ください。

三谷大暁

キャド研コメント

機能も充実しており、操作性も高いため製造系の3DCADでトップクラスのシェアを持ちます。そのため、多くの企業間でデータをそのまま渡すことも可能であり、打ち合わせする際も取引先との意思疎通が容易な事が特徴です。
ライセンスは永久ライセンスのため、バージョンアップが不要であれば、コストを抑えた長期運用も可能となります。

株式会社VOST 三谷大暁

対応データ形式を見る

読み込み
  • IGES
  • STEP
  • Parasolid
  • SAT (ACIS)
  • Pro/ENGINEER
  • DWG
  • DXF
  • STL
  • VDAFS
  • VRML
  • TIFF
  • CGR (CATIA graphics)
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • ScanTo3D
  • IDF (SOLIDWORKS Premiumのみ)
  • IFC
  • Unigraphics
  • Rhinoceros
  • SolidEdge
  • Autodesk Inventor
  • MDT (Autodesk Mechanical Desktop)
  • CADKEY
  • DXF 3D
書き出し
  • IGES
  • STEP
  • Parasolid
  • SAT (ACIS)
  • Pro/ENGINEER
  • DWG
  • DXF
  • STL
  • VDAFS
  • VRML
  • TIFF
  • CGR (CATIA graphics)
  • Adobe Illustrator
  • Adobe Photoshop
  • ScanTo3D
  • IDF (SOLIDWORKS Premiumのみ)
  • Adobe PDF / 3D PDF
  • JPEG
  • IFC
  • MTS (Viewpoint)
  • HSF (HOOPS)
  • HCG (CATIA highly compressed graphics)
  • 3D XML
  • XPS (XML Paper Specification)
  • eDrawings
  • AMF (Additive Manufacturing File)

動作環境

オペレーティング システム
64 ビット版 Microsoft® Windows® 10
プロセッサ
3.3GHz以上
メモリ
16GB以上
ディスプレイ カード
認定済みのカードとドライバ
ディスクドライブ
最適なパフォーマンスのためにSSDドライブを推奨
チャート
ユーザー
用途
Solidworks 価格(税込)
Standard 1,083,500円
Professional 1,298,000円
Enterprise 1,738,000円

※別途サブスクリプションサービス(年間保守契約)が必要となります。

solidworksの購入はこちらから

SolidWorksのインストールから使い方まで学べるチュートリアル動画

SolidWorksを始めたい方におすすめのチュートリアル動画とテキストです。STEPを順番に追っていくと自然に操作方法が身につくように設定されています。これを見ながら実際にソフトウェアを動かして、SolidWorksを学びましょう!

SolidWorksチュートリアル

STEP1

(3分 12秒)

SolidWorksの体験版のダウンロードとインストールをしよう

[準備中] SolidWorksの体験版のダウンロードとインストールをしよう

Coming soon... この動画は準備中です。

STEP2

(6分 10秒)

「SolidWorks」をダウンロードし起動できたら、画面周りと操作感がどんなものなのか見てみましょう。はじめはむずかしいと感じるかもしれませんが、操作をしていくうちに覚えていくことができます。

STEP3

(6分 45秒)

スケッチを作成しよう

「SolidWorks」の操作感が分かったら、次はスケッチの作成に挑戦してみましょう。このステップから最終ステップにかけて、汽車を作ることが課題となります。

STEP4

(9分 22秒)

3Dモデルを作成しよう

「SolidWorks」でスケッチの作成ができたら、次は3Dモデルの作成に挑戦してみましょう。前ステップで作成した汽車のスケッチを使って、立体的なモデルに仕上げることがこのステップの課題となります。

STEP5

(1分 54秒)

作成した3Dモデルを編集しよう

「SolidWorks」で3Dモデルが作成できたら、その3Dモデルを編集してみましょう。気になった部分を編集で整えていき、より理想的な完成形を目指すことが大切です。

STEP6

(1分 26秒)

データを保存しよう

「SolidWorks」で作成したデータは、保存しなければ当然消えてしまいます。頑張って作成したデータを失わないために、このステップでデータの保存方法を学びましょう。

STEP7

(2分 55秒)

2次元の図面を作成してみよう

前ステップをもって、「SolidWorks」で汽車の3Dモデルが出来上がりました。作成した3Dモデルは、「SolidWorks」上で2次元の図面にすることができます。最後となるこのステップで、ぜひ挑戦してみましょう。

SolidWorksセミナー紹介

SolidWorksを学ぶなら、SolidWorksセミナーの受講がおすすめです。

会場受講

  • SolidWorksセミナー(2日間) 料金: 46,200円(税込)

東京開催

セミナー日程(2日間) 時間 詳細リンク
2021/9/8(水)・9/9(木) 13:00~17:30 お申し込みはこちら
2021/10/11(月)・10/12(火) 13:00~17:30 お申し込みはこちら

ライブウェビナー

  • SolidWorksセミナー(2日間) 料金: 46,200円(税込)
セミナー日程(2日間) 時間 詳細リンク
2021/9/8(水)・9/9(木) 13:00~17:30 お申し込みはこちら
2021/9/15(水)・9/16(木) 13:00~17:30 お申し込みはこちら
2021/10/11(月)・10/12(火) 13:00~17:30 お申し込みはこちら
2021/10/20(水)・10/21(木) 13:00~17:30 お申し込みはこちら

Eラーニング

  • SolidWorksセミナー 通常料金:46,200円(税込)Eラーニング特価: 41,250円(税込)
お申し込み後、1年間いつでも視聴可能(会場受講と同等内容の動画) お申し込みはこちら

SolidWorksのおすすめ記事

Solidworksのプラン別価格とは?様々なプラン料金を徹底比較

世界中で最も多くのユーザーを抱えるSolidworksですが、そのSolidworksが常に重視している点が設計力の向上です。それに加えて、製品開発の更なる加速化と製品開発プロセスの合理化・迅速化など、世界数百万のユーザーのニーズに応えるための数多く […]

公式メルマガで情報を受取る

限定キャンペーンや最新情報配信中