facebook

【2024】東京でおすすめのRevit講習を紹介!メリットや利用時のポイントを解説

Revitは建築設計の現場で広く活用されているBIMソフトウェアです。Revitは、高度な機能と多岐にわたる操作を独学で習得するのは難しいかもしれません。そこで、Revitの講習を受けることが効果的です。

本記事では、東京でRevit講習を受けるメリットやおすすめの講習会について紹介します。

Revitとは?

Revitとは?

Revitは、建築設計の現場で広く活用されているBIM(Building Information Modeling)ソフトウェアです。Autodesk社が開発したRevitは、3Dモデリングと2D図面の統合管理を実現し、設計から施工、維持管理までのプロセスを効率化します。

この章では、Revitの基本概要と他のBIMソフトとの比較について見ていきましょう。

Revitの基本概要

Revitは、建築、構造、設備の各分野に対応した強力なBIMソフトウェアです。主要な機能は以下の通りです。

  • 3Dモデリング
  • ファミリ(パラメトリックオブジェクト)の作成
  • 干渉チェック
  • 構造解析
  • レンダリング
  • ドキュメント作成

多様な機能により、設計プロセス全体の生産性と品質が向上し、プロジェクトの効率的な進行が可能です。

特に、Revitの3Dモデリング機能は、複雑な設計を可視化しやすくし、干渉チェックや構造解析を通じて設計ミスを減少させるでしょう。また、ファミリの作成によって、再利用可能な部品やテンプレートを効率的に管理できます。

他のBIMソフトとの比較

Revitは、多くのBIMソフトの中でも特に優れた機能を持っています。他のBIMソフトと比較した場合の特徴を以下の表にまとめました。

特徴 Revit ArchiCAD Bentley Systems
3Dモデリング 高度 高度 高度
パラメトリックデザイン 可能 可能 可能
構造解析 内蔵機能あり 一部外部ツール 内蔵機能あり
干渉チェック 内蔵機能あり 外部ツール 内蔵機能あり
レンダリング 内蔵機能あり 内蔵機能あり 内蔵機能あり
コラボレーション機能 高度 高度 高度
価格 中程度 中程度 高い

Revitは、Autodesk社の他の製品(AutoCADやCivil 3Dなど)との連携が強力であり、複雑なプロジェクトでもシームレスなデータ管理が可能です。

ArchiCADやBentley Systemsも優れたBIMソフトですが、特にRevitはその多機能性とユーザーフレンドリーなインターフェースが特徴で、設計から施工、維持管理までの一貫したプロジェクト管理ができます。

以下の記事は、Revitについて分かりやすく解説しています。
何ができるか、さらに知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

誰でも分かるRevitの使い方!設計図の書き方からRevitの画面操作まで解説

Revitの学習は独学で難しい?

Revitの学習は独学で難しい?

Revitは多機能で高度なBIMソフトウェアであるため、独学での習得は難しいと感じる人が多いです。

この章では、独学で学ぶ際に役立つ教材やテキスト、動画の学習方法、そして講習を受けることのメリットについて詳しく解説します。

教材やテキストでの学習

Revitの独学において、教材やテキストは基本的な学習手段として非常に有効です。特に、基礎から学べる教材や実践的な例題が豊富なテキストを選ぶと良いでしょう。教材は、自分のペースで学習できるため、時間の制約がある人にも適しています。さらに、学習中にわからない部分があった場合、再度確認できる点も大きな利点です。

しかし、Revitは実際に操作してみないと理解が難しい部分も多いため、テキスト学習だけでは限界があります。特に、複雑な3Dモデリングや干渉チェックなどの機能を完全に理解するには、実践的な操作を伴う学習が必要です。

動画での学習

動画での学習は、視覚的に操作方法を確認できるため、非常に効果的です。YouTubeやオンライン学習プラットフォームには、Revitの基本操作から高度なテクニックまでを解説する動画が豊富にあります。

動画学習の利点は、実際の操作画面を見ながら学習できるため、操作手順や設定方法を直感的に理解できる点です。また、動画は一時停止や巻き戻しができるため、自分のペースで学習を進めることができます。

ただし、動画学習も独学と同様に、質問ができないため、疑問点を解決するには追加の調査が必要です。また、質の高い動画を選ぶことが重要で、内容が古かったり、操作手順が分かりづらかったりする動画には注意が必要です。

講習と独学の比較

Revitを効率的に習得するためには、講習を受けることも検討しましょう。

講習では、専門の講師から直接指導を受けることができるため、疑問点をすぐに解決でき、理解が深まります。また、講習では実際のプロジェクトを通じた実践的な学習が行われるため、即戦力としてのスキルが身に付きやすいでしょう。

一方、独学は自分のペースで学習できるというメリットがありますが、内容の理解に時間がかかることが多く、自己解決が難しい場合もあります。講習と独学の併用が最も効果的であり、基礎を独学で学び、応用や実践的なスキルを講習で補完する方法を推奨します。

以下の記事は、Revitの独学について分かりやすく解説しています。

情報を知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。

Revitで独学する方法!本やセミナーを有効活用しRevitに詳しくなろう

東京でRevit講習を学ぶメリット

東京でRevit講習を学ぶメリット

東京でRevit講習を受けることには多くのメリットがあります。最新のRevit技術を学ぶことができ、専門家から直接指導を受けることが可能です。また、東京の利便性の高いロケーションにより、アクセスも非常に便利です。

この章では、東京でRevit講習を学ぶメリットについて解説します。

最新のRevit学習ができる

東京で提供されるRevit講習では、常に最新の技術や機能を学ぶことができます。Revitは頻繁にアップデートされるため、最新バージョンの新機能や改善点を効率的に習得することが重要です。

東京の講習では、最新バージョンに対応した教材やカリキュラムが用意されており、最先端の技術をいち早く取り入れることが可能です。また、最新の業界トレンドや実務での応用例を学べるため、実践的なスキルを身につけられるでしょう。

専門家から直接学べる

東京のRevit講習では、経験豊富な専門家から直接指導を受けることができます。

講師はRevitのプロフェッショナルであり、実務経験を豊富に持つ専門家が教えるため、実際のプロジェクトに即した実践的な知識を学ぶことができます。直接質問することで、疑問点をその場で解決できるのも大きなメリットです。

さらに、講師からのフィードバックを受けることで、学習効果が向上し、自信を持ってRevitを使いこなせるようになるでしょう。

アクセスが便利

東京での講習は、アクセスの便利さも大きな魅力です。

東京の会場は、公共交通機関の利便性が高く、全国各地からも容易にアクセスできます。特に、JRや地下鉄の駅から近い場所にある会場が多いため、移動時間を短縮でき、通学の負担軽減が可能です。

仕事帰りや休日を利用して効率的に学習を進められる環境が整っています。

実践的に学べるBIM・Revit講習を習得したい方は下記をご覧ください。

BIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習の詳細はこちら

東京でおすすめのRevit講習

東京でおすすめのRevit講習

Revitの習得を目指すなら、東京で開催される「BIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習」を受けることをおすすめします。

この章では、具体的な予約方法やアクセス、セミナーの内容などについて見ていきましょう。

予約方法

「BIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習」の予約は、公式ウェブサイトから簡単に行えます。

希望する受講形式(会場受講、ライブウェビナー、eラーニング)を選択し、開催日程と料金を確認して申し込みましょう。予約が完了すると、受講に関する詳細情報がメールで送られてきます。

また、各セミナーには定員があるため、早めの申し込みがおすすめです。

東京会場のアクセス

東京会場は、東京都千代田区内神田3-18-2 アドミラル神田ビル4階にあります。

アクセスは非常に便利で、以下の駅から徒歩で到着できます。

  • 銀座線・山手線・京浜東北線・中央線「神田駅」徒歩1分
  • 丸ノ内線・東西線・千代田線・半蔵門線・都営地下鉄三田線「大手町駅」徒歩9分
  • 都営新宿線「小川町駅」徒歩7分
  • 丸ノ内線「淡路町駅」徒歩5分
  • 総武線・横須賀線「新日本橋駅」徒歩11分
  • 「東京駅」電車・徒歩5分

セミナーの開催日程と料金

「BIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習」は、2日間の集中講座で、料金は52,800円(税込)です。具体的な開催日程は、公式ウェブサイトで確認できます。また、セミナー後に講義内容をeラーニングで復習することも可能です。復習パックというオプションも提供されており、自主学習をサポートします。

セミナー内容とカリキュラム

セミナーは、初心者から中級者まで幅広く対応しています。
具体的なカリキュラムは以下の通りです。

1日目 Revitの基本知識と基本設定
3D平面図の作成
ファミリ作成
2LDKの作成
2日目 マンション一棟の作成
高度なレンダリング
応用的な図面の作成
実践的なBIM/Revitの活用方法

各セッションは、実務に直結する内容で構成されており、受講後すぐに実践に活かせるスキルが身につきます。

サポート体制

会場やライブウェビナーで講師に直接質問できるため、リアルタイムで疑問を解消することができます。

実践的に学べるBIM・Revit講習の詳細を知りたい方は下記をご覧ください。

スケジュール/お申込みはこちら

東京のBIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習に関するよくある質問

東京のBIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習に関するよくある質問

この章では、BIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習に関する、よくある質問に対する回答をまとめました。

講習はどのような形式で受けることができますか?
BIM・Revitセミナーは、会場受講、ライブウェビナー、eラーニングの3つの形式で提供されています。会場受講では直接講師と対面しながら学び、ライブウェビナーはオンラインでリアルタイムに参加できます。
ライブウェビナーはどのように参加できますか?
ライブウェビナーは、Zoomを使用してオンラインで開催されます。参加するためには、事前にZoomアプリをインストールし、指定されたリンクからアクセスしましょう。受講中に講師に質問することができ、リアルタイムでの回答が可能です。
受講費用はいくらですか?
受講費用は、会場受講、ライブウェビナーのいずれも52,800円(税込)です。また、eラーニングに関しては、41,800円(税込)です。
復習パックとは何ですか?
復習パックは、講習で学んだ内容をより深く理解し、実践力を高めるためのeラーニングパッケージです。講習後に「課題を解く」「解説で理解する」を繰り返すことで、学習効果を高めることができます。復習パックはオプションで提供されており、受講者は追加で申し込むことができます。
講習中に質問はできますか?
はい、会場受講やライブウェビナーでは、講師に直接質問することができるため、疑問点をその場で解決できます
講習で使用するソフトウェアは提供されますか?
会場受講の場合、受講中に使用するパソコンは貸し出されますライブウェビナーやeラーニングでは、受講者自身のパソコンにRevitをインストールして使用する必要があります。
会場受講の場所は東京以外にもありますか?
はい、会場受講は東京以外にも、名古屋と大阪で開催されています。

東京でおすすめのRevit講習についてまとめ

東京で開催されるBIM・建築 3DCAD Revitセミナー講習は、初心者から中級者まで幅広く対応したプログラムで、最新のRevit技術を専門家から直接学ぶことができます。

会場受講、ライブウェビナー、eラーニングの3つの形式から選べるため、各自のライフスタイルに合わせた学習が可能です

詳細は公式ウェブサイトをご覧ください。

東京でおすすめのRevit講習を紹介!メリットや利用時のポイントを解説
最新情報をチェックしよう!