facebook

RevitのEラーニングって?Eラーニングの内容やメリットから価格まで徹底解説

BMIソフトであるRevitを使いこなせるようになりたいときは、便利に使えるEラーニングの利用を考えましょう。
こちらではRevitのEラーニングがどのようなものか詳しく説明するので、学習方法を探している方は参考にしてください。

オンライン環境があれば活用できるのがEラーニング

オンライン環境があれば活用できるのがEラーニング

Revitの使い方を習得できるスクールはいくつもありますが、近くになかったり時間を作れなかったりして通うのが難しいケースもあるでしょう。
だからといって、独学で勉強するには難しいと考えるかもしれません。
そのときは、オンラインのウェブサイト上で学べるEラーニングを活用しましょう。
オンラインなので距離は関係ありませんし、隙間時間で学習できるため時間があまりない方でも大丈夫です。
もちろん、プロが作っているレッスンなので、独学よりもずっと学びやすいです。
ただ、Eラーニングのレッスンにはレベルがあるため、学習者がRevitをどのくらい理解しているのか考慮して受講するものを選びましょう。初めて学ぶ場合は、初歩の初歩から教えてくれるものを選択した方がスムーズに学習が進みます。
ちなみに、Eラーニングは一度契約すれば、ずっと利用できるサービスではありません。
ウェブサイトにアクセスできる期間が決まっていて、過ぎてしまうと利用ができなくなります。
そのため、サービスを利用してRevitを学ぶときは、期間内にきちんと終わるように学習スケジュールを立てることが大切になります。
半年や一年間など利用できる期間は提供してくれるところによって異なるので、しっかりとリサーチしてから契約をしましょう。

RevitのEラーニングの内容

RevitのEラーニングは基本的に、動画とテキストと質問の利用で学習を進めることになります。
もしも、Eラーニングの利用が初めてで不安に感じるときは、それぞれの内容をきちんと知りましょう。
そうすれば、Eラーニングが安心して利用できる学習方法ということが理解できます。

動画を視聴する

Eラーニングでは、講師がRevitの利用方法を説明する動画を視聴して学習することになります。
映像と音を使った方法なので、参考書を利用した独学よりもずっと記憶に残りやすいです。
動画に登場する講師は、Revitに精通していることに加えて教えるプロなので分かりやすいレッスンを期待できます。
操作方法や効率的に作業するためのコツなどいろいろ教えてくれるため、終了すればRevitを使いこなせるようになるでしょう。
なお、動画はダウンロードして視聴するのではなく、ウェブサイト上でのストリーミング配信になっているケースがほとんどです。
視聴している間はずっと通信料がかかるので、その点だけは気をつけて利用しましょう。

テキストを読む

さらに理解を深めるために、動画と併用できるテキストを配布してくれるところもあります。
こちらはウェブサイトにアクセスしなければ利用できないのではなく、PDFなどとしてダウンロードが可能な場合が多いです。
文字の羅列ではなく、分かりやすいように画像も使われているため単独でも十分に役に立ってくれます。
もちろん、印刷もできるため、マーカーなどで大切なポイントに線を引きながら学習したい方も便利に利用できます。

質問ができる

動画やテキストを使って学習をしていて、よく理解できないところがあったときはスタッフに質問しましょう。
質問はEメールや専門のフォームから行えるようになっていて的確な答えを返してもらえます。リアルタイムで返信があるわけではないですが、できる限りスピーディーに対応してくれるため、学習の手を止めなければいけない時間は多くはありません。

RevitのEラーニングを受講するための費用・価格

RevitのEラーニングを受講するための費用・価格

RevitのEラーニングを利用するための費用は、提供してくれるサービスによってかなり違います。3万円程度で利用できるところもあれば、10万円以上の支払いが必要なところもあります。
それぞれのサービスでレッスン内容や契約期間が異なるため、値段だけで利用するものを決めるのは賢明ではありません。
中身をきちんとチェックして学習者に適切なものを選びましょう。
なお、Eラーニングのサービスによっては時々キャンペーンを行っていて、割り引き価格で受講できる場合もあります。
キャンペーンが行われているときは、価格のページに載っているので忘れずにチェックしましょう。

Revitの学習でEラーニングを利用するメリット

ウェブサイトを利用するEラーニングには、Revitの独学やスクールにはないメリットがいくつもあります。
こちらではメリットを4つ紹介するので、Revitを習得するためにEラーニングを頼ってもよいか迷っているときは参考にしてください。

学習者のペースで学べる

一番のメリットは、学習者が考えたペースでRevitを学べることです。
レッスンの時間は一切決まっておらず受講開始日もないので、本当に好きなタイミングで動画を視聴しての学習ができます。
従って、仕事が忙しいときは学習ペースを落とし、余裕があるときはペースをアップすることも可能です。
コツコツやるのもよいですし一気にすべてやってしまうのもよいので、自分のペースで習得しましょう。

業務で実際に使う自分のパソコンを利用できる

スクールで学ぼうとした場合、ほとんどのケースでは用意されているパソコンを使うことになります。
そこで問題になるのが、借りられるパソコンと実際に使うパソコンの違いです。
OSやスペックなどの環境が異なるため、スクールで習った内容が仕事でうまく役立てられない可能性があるのです。
しかし、Eラーニングなら仕事で利用するものを使えるため、環境の違いが問題になることはありません。
レッスン内容も、できる限り多くの環境に対応できるように工夫されているため安心して受講できます。

さまざまなところで学習が可能

ほとんどのEラーニングは、インターネット環境と動画を再生できる端末があれば利用できます。
つまり、パソコンだけではなく、スマホやタブレットでの学習にも対応しているケースが多いです。
それらの端末は持ち運ぶのがとても簡単なので、自宅だけではなくさまざまな場所で学習可能です。
例えば、休憩時間なら会社でも学べますし、周りに迷惑にならない状態なら通勤の電車の中でも学べます。
学習できるスペースと隙間時間を見つけて、いろいろなタイミングでRevitの学習を行いましょう。

繰り返し学習が簡単

スクールが提供してくれる学習方法は基本的に一本道なので、後戻りはできず、同じ内容のレッスンを何度も受けることはできません。
そのため、レッスン内容が理解できなくて、もう一度学びたいと考えたときは、配布テキストで復習するくらいしか手段がないでしょう。
Eラーニングではレッスンが動画で提供されているため、内容の理解ができなかったときは何度でも繰り返し学習できます。
もちろん、一年や半年など契約期間内なら何度見ても追加料金の発生はありません。
理解できるまで繰り返し学習をすれば、Revitをしっかりとマスターできます。

Eラーニングは効率よくRevitを学習できる!

Eラーニングは効率よくRevitを学習できるイメージ

できる限り手間をかけずに、Revitの学習をスタートさせたい方に向いているのがEラーニングです。
契約の手続きを行って料金を支払えさえすれば、すぐにでも動画とテキストが載っているウェブサイトにアクセスできるようになります。

RevitのEラーニングって?Eラーニングの内容やメリットから価格まで徹底解説
最新情報をチェックしよう!