facebook

Revitの研修とは?Revitの研修におすすめサービスを紹介

こんにちは、キャド研です。
今回はRevitのおすすめ研修サービスをご紹介したいと思います。
Revitを社員に覚えてほしいけどなかなか時間が取れない…と言う人はこちらの研修サービスを検討してみてください。

Revitの研修とは

Revitは主に建築関係で使われることが多いソフトウェアなのですが、実際に建築する建築物を3D設計図で再現しどのような建造物になるかシュミレーションできるBIMソフトウェアです。
そしてそのBIMソフトウェアのRevitが扱えるBIMオペレーターの需要は年々増加しています。
そんなBIMオペレーターになるには、研修を受ける必要があるのですが、なかなかそんなサービスを見つけられないですよね。
また、新入社員がBIMを使えなくて困っていると言う人にも今回の研修サービスは非常に便利だと思います。

Revitの研修サービスの選び方

そんなRevitのおすすめ研修サービスの上手な選び方ですが、下記のようなポイントを見ておくと失敗が少ないです。
今回はRevitの研修サービスの選び方に関しても詳しく解説していきます。
Revit研修の上手な選び方は4つあるので、是非良いRevitの研修サービスを探すためにも参考にしてください。

Revit研修の選び方①自分に合った研修形態である

まず自分に合った研修形態で受講できるかどうかは選び方においてとても重要です。
私が知っているRevit研修では、

  • 対面式研修(ハンズオン)
  • ウェビナー研修(ハンズオン)
  • Eラーニング動画研修(ハンズオンでも、動画のみでも可能)

という研修がありました。
この3種類の研修形式があると言うことを片隅においてRevit研修を選んでみてください。
対面でないと急に研修が進んでしまったりした時に焦ってしまいそうと思う方は是非対面式研修を、またご時世的に会社内や自宅のテレワークで学びたいと思う方はウェビナー研修やEラーニングでの動画研修を検討してみてください。

Revit研修の選び方②研修内容が学びたいものである

Revit研修の選び方2つ目は研修内容が学びたいものであるかどうかと言うところです。
Revit研修のホームページをよく確認して、どのような研修内容をやってくれるのか、カルキュラムはどんなものになっているのか確認しておきましょう。
Revitの場合は、初期の操作方法やBIMの知識から学びたい人や、3Dモデルの作成方法や設計図の書き方、業務で使えるような設計を知りたいと言う方もいると思います。
自分が学びたい内容と相違がある研修を受けてしまうと、費用も無駄になってしまうのでここは事前に研修サービスの内容をよくチェックして、学びたい項目があるか注意して見てみましょう。

Revit研修の選び方③予算内に収まっている

Revit研修の選び方3つ目は予算です。
やはり予算がオーバーしていると元も子もないと思うので、予算はしっかり事前に確認しましょう。
Revit研修はあまり種類がないので予算も選択肢がないと思われがちですが、料金はピンからキリまであります。
毎週通ってRevitをゆっくり学んでいくという講座スタイルの研修は予算が高くなりがちです。
高いところでは10万円〜30万円するところもあります。
今回は後ほど安価なRevit研修を紹介するので、出来るだけ安価に研修を済ませたい方はそちらを参考にしてください。

Revit研修の選び方④なるべく速く習得できるサービスである

Revit研修の選び方4つ目はRevitを習得するまでの期間です。
習い事や塾等でしたらどれだけ長く通っていても良いのですが、研修の場合はいかに早く業務で活躍できる人材になれるかが勝負です。
Revitを研修として学ぶ場合、なるべく早い期間で終わる研修が良いでしょう。
夜に受講できる研修はほとんどないので、仕事に支障をきたさない為にも短い期間のRevit研修を選びましょう。

Revitのおすすめ研修サービスは「BIM・建築 3DCAD Revitセミナー」

そんなRevitのおすすめ研修サービスを紹介します!
Revitの研修の中でも、個人的に特におすすめのサービスは「BIM・建築 3DCAD Revitセミナー」です。
BIM・建築 3DCAD Revitセミナーは先程の研修の選び方のポイントを非常におさえている研修サービスです。
受講形式も選べて、予算も安価に済ますことができますが、内容も非常に手厚い研修サービスとなっています。
セミナーと書かれていますが、研修サービスもやっているので是非研修サービスを利用したい人はBIM・建築 3DCAD Revitセミナーを選んでみてください。

BIM・建築 3DCAD Revitセミナーとは

BIM・建築 3DCAD Revitセミナーの特徴ですが、なんと言っても先程のRevit研修サービスの選び方の4つに当てはまっている研修サービスとなっています。

  • 会場受講・ウェビナー受講・Eラーニング受講がある
  • Revitの基礎から住居の設計、実務の応用まで学ぶことができる
  • 公式サイトにカルキュラムがあるので、事前に内容を確認できる
  • Eラーニング受講だと最安値の27,500円
  • 会場受講やライブウェビナー受講でも最安値の30,800円で受講できる
  • 2日間でRevitを習得できる

と言う素晴らしいRevit専門の研修サービスになっています。
BIMオペレーターの講師の方が分かりやすくハンズオンで教えてくれるので、研修に使うならとてもおすすめです。
また、記述した通り予算も非常に安く収めることができるので、社内で複数人が研修として利用しても非常に安価です。
ライブウェビナーやEラーニング受講にすれば会社内で研修することも可能なので、是非このご時世に合わせた受講方法もご検討ください。

自分や自社にあった研修サービスを選ぼう

Revitの研修サービスは業務に関わる重大な研修になると思うので、是非自分や受講する社員、自社に合った研修サービスを選んでみてください。
ご時世的に社外で研修を受けたくなかったり、予算もこれぐらいまでと決まっている場合が多いと思います。
そんな自社の風潮や予算に合わせた適切な研修サービスを選べると良いですね。
社員をRevitが扱える優秀な人材に育て上げるなら、是非今回おすすめしたBIM・建築 3DCAD Revitセミナーを利用してみてください。

Revitのおすすめ研修サービスまとめ

今回はRevitのおすすめ研修サービスをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。
Revitの研修サービスは数が多くないものの、自分に合った研修サービスを見つけるのは大変です。
調査にコストや工数をかけるより、この記事でおすすめしている、Revitの研修サービスの中でも、短期間・低予算で利用できるBIM・建築 3DCAD Revitセミナーを、是非一度利用してみてください。

最新情報をチェックしよう!