facebook

【2024】イラストレーターの独学は難しい?独学でイラストレーターを習得するロードマップを紹介

「イラストレーターは独学でも習得できるの?」
「イラストレーターの勉強は何から始めたらいい?」
イラストレーターを独学で身につけようと考えている方にとって、上記のような悩みはつきものです。

本記事で、イラストレーターは独学で習得できるのかや、独学をする場合のロードマップについて確認していきましょう。

イラストレーターを独学するメリット

イラストレーターを独学するメリット

イラストレーターを独学で学ぶのには、下記のようなメリットがあります。

  1. 低コストで始められる
  2. 自分のペースで進められる
  3. ノウハウを集めやすい

これらのメリットについて確認していきましょう。

独学するメリット①低コストで始められる

イラストレーターの独学は低コストで学習できる点が大きなメリットです。イラストレーターは多くの参考書が市場に出回っており、うまく活用することで比較的安価にスキルを磨けます。

また、インターネット上には無料で利用できるチュートリアルや動画コンテンツも豊富にあり、追加の費用をかけずに学習を進められるのも特徴です。

独学するメリット②自分のペースで進められる

イラストレーターを独学するメリットの一つは、自分のペースで学習を進められることです。自己管理ができる人は、学習の予定やペースを自由に調整できるため、忙しい日々に合わせて柔軟に取り組めるでしょう。

また、自分の興味や学習スタイルに合わせて学習内容を選択できます。このように、自由度の高さが独学の魅力といえます。

独学するメリット③ノウハウを集めやすい

イラストレーターの学習は、参考書やインターネットからノウハウを集めやすいのが特徴です。ほかにも、SNSなどを通じてほかの学習者とコミュニケーションを取ることもできます。

このように、イラストレーターなら独学でも必要な情報やテクニックを素早く収集し、学習に活かせるでしょう。

イラストレーターを独学するデメリット

イラストレーターを独学するデメリット

イラストレーターを独学で進める際は、下記のデメリットも考慮する必要があります。

  1. なにから始めたらよいのかわからない
  2. 覚える機能が多い
  3. わからないところを解決するまでに時間がかかる
  4. 反応をもらえない
  5. モチベーションの維持が難しい

イラストレーターを独学するデメリットについて確認していきましょう。

独学するデメリット①なにから始めたらよいのかわからない

イラストレーターの学習を0から始める場合、独学ではなにから始めたらよいのかわかりづらいのがデメリットです。実際に学習を始めてみても、この方法で合っているのかの判断をするのは困難です。

その結果、効率的な学習が妨げられ、モチベーションが低下する可能性があるでしょう。

独学するデメリット②覚える機能が多い

イラストレーターには使える機能やツールが多くありますが、実際に使う機能は限られています。そのため、イラストレーターの機能やツールをすべて覚える必要はありません。

しかし、独学では必要なスキルを取捨選択するのが難しいでしょう。実務ではあまり使わない機能に時間を割いて勉強をしてしまうのは非効率的です。

このように、独学では覚える機能が多いがゆえに学習の効率が低下する危険性があります。

独学するデメリット③わからないところを解決するまでに時間がかかる

独学では、わからないところを解決するまでに時間がかかるのがデメリットです。イラストレーターの学習を進めていると、操作方法に疑問や問題が生じることがあります。

しかし、独学をするケースでは、その解決には自分自身で調べて試行錯誤する必要があります。そのため、解決に時間がかかり、学習のペースが遅れたり、モチベーションが低下したりしてしまうかもしれません。

独学するデメリット④反応をもらえない

イラストレーターの独学では、反応をもらえる機会がないのがデメリットです。自分の作品や学習への取り組み方に対する第三者の意見やアドバイスを受け取ることで、成長や問題の改善に役立ちます。

しかし、独学の場合は他者からの評価ではなく、自己評価に頼ることになります。そのため、自分の強みや課題を客観的に把握することが難しくなり、成長のペースが遅れたり、間違った方向に進んでしまったりする可能性があるでしょう。

独学するデメリット⑤モチベーションの維持が難しい

独学の場合、自分で学習計画を立てて、自主的に勉強を進めなければいけません。しかし、このような環境では、挫折を感じやすく、モチベーションの維持が難しい傾向にあります。

特に、自分の成長を客観的に評価するのが難しいため、そこもモチベーションの維持が難しい要因の一つです。独学では学習に対する興味が薄れないように、明確な目標を持ったり、共に切磋琢磨していく仲間を見つけたりする工夫が必要です。

イラストレーターは独学でも習得できる?

イラストレーターは独学でも習得できる?

イラストレーターは独学でも習得できます。イラストレーターは全世界で使われているデザインソフトです。

そのため、たくさんの参考書が販売されており、独学で学習できる土台が揃っています。また、インターネットにもノウハウが溢れているため、お金をかけなくても一定の勉強ができるでしょう。

しかし、独学では勉強の予定や勉強内容を自分で管理しなければいけないので、計画性のない方にとっては独学で勉強を続けるのは簡単ではありません。さらに、独学ではモチベーションの維持も難しく、勉強を長期的に継続できる方は多くないでしょう。

結果、イラストレーターは独学で十分習得可能ですが、その難易度は高いといえます。

イラストレーターの独学が向いている人

イラストレーターの独学が向いている人

イラストレーターの勉強に独学が向いている人の特徴は下記のとおりです。

  1. 一人で勉強するのが好きな人
  2. 計画を立てるのが得意な人
  3. 忍耐強く決められたことを守れる人

自分が当てはまっているか確認していきましょう。

独学が向いている人①一人で勉強するのが好きな人

一人で勉強するのが好きな人は、イラストレーターの独学に向いています。独学の場合、同じ目的を持った仲間がいないため、挫折しやすいのが特徴です。

しかし、一人で学習を進めることにストレスを感じないのであれば、独学でも学習を継続できるでしょう。そのため、一人で勉強するのが好きな人にとっては、独学でも問題なくスキルを習得できるといえます。

独学が向いている人②計画を立てるのが得意な人

計画を立てるのが得意な人は、独学でイラストレーターを学ぶ際にも、自分の学習予定や目標を明確に設定できます。また、計画を立てるのが得意であれば、必要に応じて計画を調整することができるため、効果的な学習を行えるでしょう。

さらに、目標達成の達成感からモチベーションを維持しやすいのも特徴です。

独学が向いている人③忍耐強く決められたことを守れる人

忍耐強く決められたことを守れる人は、イラストレーターの独学に向いています。忍耐強い人は、継続的に努力し続けられるため、長期的な学習でも成功させやすいでしょう。

逆にすぐに飽きてしまう方は、独学には向いていないといえます。

イラストレーターを独学する際のおすすめロードマップ

イラストレーターを独学で習得するには、しっかりとした学習計画を立てることが大切です。イラストレーターを独学する際のおすすめロードマップは下記のとおりです

  1. 参考書で基礎を学ぶ
  2. 作品の模写をする
  3. オリジナル作品を作る
  4. ポートフォリオを作る

それぞれについて詳しく確認していきましょう。

①参考書で基礎を学ぶ

まずは参考書を使ってイラストレーターの基本操作や機能を学びましょう。実践で躓かないためにも、イラストレーターの基礎は最初にしっかり押さえておくことが大切です。

なお、イラストレーターの参考書は初心者向けのものから、上級者向けのものまで幅広く出版されているため、自分のレベルに合った参考書を選択しましょう。下記の記事では、レベル別におすすめのイラストレーターの参考書を紹介しているので、あわせてご覧ください。

【2024】イラストレーター学習におすすめの参考書をレベル別に紹介!

②作品の模写をする

作品の模写をする

基礎を学んだら、実際にある作品を模写してみましょう。インターネットで公開されているイラストやロゴ、アイコンなどを選んで、仕上がりが同じになるように再現してみてください。

模写をすることで、その作品の構造やデザインの特徴を理解できます。ほかにも、実際に使う操作方法も学べるので、一つの作品を模写するだけでスキルも大きく向上するでしょう。

③オリジナル作品を作る

オリジナル作品を作る

ある程度作品を模写できるようになったら、オリジナル作品を作ってみましょう。オリジナル作品は、既存の作品を真似するのではないため、独自性のある表現力が磨かれます。

まずは、シンプルな作品作りから始めて、徐々に難易度を上げていきましょう。

④ポートフォリオを作る

ポートフォリオを作る

オリジナル作品が複数作成できたら、ポートフォリオの作成を行いましょう。ポートフォリオは自分の作品を集めた作品集です。

クリエイティブな職種では、就職活動にて自分のスキルを証明するためにこのポートフォリオが必要となります。ポートフォリオには自分を売り込む役割を担っているので、相手の印象に残りやすい構成やデザインで作成することを意識しましょう。

また、イラストレーターでポートフォリオを作る方法は、下記の記事で解説しています。こちらもあわせてご覧ください。

イラストレーターでポートフォリオを作る際のコツや参考にできること!作成手順も紹介

イラストレーターの独学が不安なら

イラストレーターの独学が不安なら

イラストレーターを独学で学習するのに不安がある方には、講座の受講がおすすめです。独学と講座のそれぞれのメリットとデメリットは下記の表のとおりです。

メリット デメリット
独学
  • 低コストで始められる。
  • 時間の制限がない。
  • 情報を集めやすい。
  • 学習の始め方がわからない。
  • 問題解決に時間がかかる。
  • 指導を受けられない。
  • モチベーションを維持できない。
講座
  • 効率の良い手順で学習できる。
  • プロから指導を受けられる。
  • 生徒との交流が生まれる。
  • コストがかかる。
  • 時間や場所の制限がある。

上記のように、それぞれにメリットとデメリットがあります。しかし、学習の効率面からいえば講座の方がおすすめです。

講座ならスキル習得までの効率的なカリキュラムで学習できるため、次になにをしたらよいのかわからなくなることがありません。また、わからないところを質問できるのも、独学にはないメリットといえるでしょう。

効率的にイラストレーターを学びたい方は、ぜひ講座の受講も検討してみてください。

イラストレーターのおすすめ講座

Illustrator基礎セミナー講習

イラストレーターを講座で学びたいなら、Illustrator基礎セミナー講習がおすすめです。
Illustrator基礎セミナー講習は、2日間でイラストレーターの基礎から応用までを学べるイラストレーターに特化した講座です。

実務で使える技術を習得できるため、受講後すぐにイラストレーターを日々の業務に活かせます。個人だけでなく複数人での受講も可能なので、社員の人材育成としても活用できるでしょう。

オンラインからの参加も可能なので、気になる方はぜひ公式ホームページから詳細をチェックしてみてください。

スケジュール/お申し込みはこちら

イラストレーターの独学についてのまとめ

今回は、イラストレーターは独学で習得できるのかについて解説しました。独学なら、低コストで学習が進められることが最大の魅力です。

また、参考書やインターネットに情報がたくさんあるので、独学でも十分イラストレーターのスキル習得はできるでしょう。

しかし、効率面やモチベーションの面でのデメリットもあるので、状況によっては講座の受講も検討してみてください。

Illustrator基礎セミナーの詳細はこちら

イラストレーターの独学は難しい?独学でイラストレーターを習得するロードマップを紹介
最新情報をチェックしよう!