facebook 高い精度と安い価格帯を両立するCreality 『CR-Scan 01 SK Edition』をご紹介! | キャド研

高い精度と安い価格帯を両立するCreality 『CR-Scan 01 SK Edition』をご紹介!

こんにちは!Chisatoです。
本日は、世界中の3Dプリンター関連機器レビューメディアから高い評価を得ているCreality 『CR-Scan 01 SK Edition』に関するtopicsです。

3DプリンターSK本舗は、2021年12月10日より、Green Fundingサイト内において、Crealityのスキャナー『CR-Scan 01 SK Edition』のクラウドファンディング企画を開始しました。

Creality社について

現在、様々な企業、メーカーが3Dスキャナーを製造販売しておりますが、中でもCrealityは今世界で最も支持されている3Dスキャナーメーカーの一つです。
その特徴は、プロ仕様と見紛うばかりの高い精度を誇りながら、一方で業界でも最も安い価格帯を両立させている、そのコストパフォーマンスの高さにあります。特に今回のクラウドファンディングの対象商品であるCR-Scan01は、世界中の3Dプリンター関連機器レビューメディアから高い評価を得ている商品です。
たとえば、世界最大手の3Dプリンター関連メディアであり、レビューの信頼性が極めて高い「ALL3DP」は、CR-Scan01のスキャン精度を評して「価格を考えると、この精度は非常に優れている。特に、Artec Eva Liteなどの他のデバイスの価格が数千ドル高いにも関わらず同じ精度であるということを踏まえればなおさらだ」と書いています。

『CR-Scan 01 SK Edition』概要

「CR-Scan 01」と呼ばれるCreality社のスキャナーは、使いやすさとハイエンドな仕様が特徴で、0.1mmのサイズまで細部をキャプチャすることが可能です。調整可能なモードやマルチポーズアライメント、さらに強化されたスキャン幅により、デザイナーは小物から家具まで、あらゆるものを簡単に、手頃な価格で、正確に再現することができるようになりました。
さらに、『CR-Scan 01 SK Edition』はハンディタイプのスキャンで、よりフレキシブルに、マーカーポイントのない様々なサイズのオブジェクトのスキャンに対応します。

ハンドモード

ハンドモードは手に持って自由自在に、大きなサイズの対象物をスキャンが可能です。
ハンディタイプのスキャンでは、さまざまなサイズの対象物をマーカーポイントなしでスキャンすることができます。

オートマティック・マルチポーズ・アライメント

色と構造の特徴に基づいた高精度なマッチングアルゴリズムにより、多姿勢スキャンの機能の自動合成を実現しました。

回転式モード

回転式テーブルモードはスキャナーを専用の三脚にセットして完全自動でスキャンが可能です。ワンクリックで完全なスキャンができ、複数のポーズを自動的に整列させ、完全なモデルをインテリジェントに取得します。

『CR-Scan 01 SK Edition』スペック

・テクノロジー 構造化光源
・精度:0.1mm
・スキャン解像度 0.5 mm
・フレームレート 10フレーム/秒
・動作距離 400〜500mm
・1フレームのスキャン領域 536 x 378 mm
・手持ちで あり(オプションの三脚スタンド使用時)
・カラーでスキャン あり(オプション)
・インターフェース USB3.0ポート

クラウドファンディング企画と販売について

Creality社の最新型スキャナー『CR-Scan 01 SK Edition』を、SK本舗エディションのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で12月10日より支援受付中です。クラウドファンディング企画開催期間は、2021年12月10日~1月10日となっています。
一般販売予定価格は、114,400円(税込)で、発送は2022年2月末に3DプリンターSK本舗より順次発送予定です。
予約方法は、GREEN FUNDINGよりご予約可能です。

 

世界中の3Dプリンター関連機器レビューメディアから高い評価を得ているCreality 『CR-Scan 01 SK Edition』に注目です!

最新情報をチェックしよう!