facebook

MOSの勉強方法3選!MOSの概要・勉強のコツについても解説

エクセル・ワードなどオフィスでの業務に欠かせない注目のスキル・MOSMOSを取得していると、業務効率アップはもちろん就・転職にも有利になるなどメリットは非常に多いです。

しかし、中には「MOSの勉強方法が良く分からない」という方もいるのではないでしょうか?そこでこの記事では、MOSの勉強方法3選!MOSの概要・合格するためのコツについて解説します。

MOSとは?

MOS(Microsoft Office Specialist)は、オフィスの業務に欠かせないエクセルやワード、パワーポイントなどを提供するマイクロソフト社が主催する国家資格です。MOSは一般レベルと上級レベルがあり、初心者でもチャレンジしやすい資格として知られています。

ちなみに、一般レベルの合格率は約80%、上級レベルの合格率は約60%。上級レベルは、より効率的なアプリケーションの使用スキルを証明でき、初級より若干難易度が高めです。

MOS取得者の88%が仕事の成果向上を実感し、80%が周囲からの一目置かれる存在になったと報告しています。

MOS取得はオンラインと会場受験の2種類あり、どちらも試験内容、受験料、合格認定証明書は同じです。未成年や外国籍の方でも受験できますが、未成年の場合は保護者の同意が必要となります。

試験の日程や会場、申請期限などの詳細はMOSの公式サイトに記載されています。受験前には、試験の流れや試験科目、再受験に関するルールなどの詳細を必ず確認しておきましょう。

MOSを取得するメリット

MOSを取得する主なメリットは以下の通りです。

  • 就職や転職時に有利になる
  • パソコンスキルを具体的に証明できる
  • 実務力向上・業務効率アップが期待できる
  • 即戦力として活躍できる
  • 世界的に通用する需要の高いスキルである

その他に、パソコンのハード・ソフトの理解が得られるというメリットもあります。パソコン知識を身につけるうえで、ハードウェアやソフトウェアに関する理解は重要で、パソコンを十分に使いこなすためにも欠かせません。ハードウェアの基本構造を知っておくと、さまざまな種類のパソコンに対応することも可能です。

簡易なパソコントラブルに対処するスキルが身につくというメリットもあります。「パソコンが突然動かなくなった」「必要なファイルがどこにあるか分からない」などの場合、MOS資格で得た知識が役立つことも少なくありません。

このように、MOS資格を取得することは、スキルの証明や業務効率化はもちろん、パソコン作業をより快適することにもつながっていくのです。

MOSの勉強方法3選

それではさっそく、MOSの勉強方法を3選ご紹介しましょう。

職場での評価やスキルアップに直結するMOSの勉強方法は多岐にわたります。MOSを学習する際には、スキルや目的、ライフスタイルに合わせて自分に合った学習方法を選ぶことが大切です。

独学する

MOSの学習方法には独学があります。MOSは比較的取得しやすい資格であるため、独学で合格することも可能です。

MOSの資格取得の際には、Microsoftが提供する試験用の公式教材やマニュアルを利用することができます。まずはMOSの公式サイトにアクセスし、試験対策教材一覧をチェックしましょう。試験の難易度を理解するためにも非常に適した教材です。

MOS資格を独学する場合、書籍を活用することも多いです。書籍店で販売している対策書、解説本は数多くあるため、自分に適したテキストをチョイスできます。

「スキマ時間を効率的に活用したい」「反複的に学習内容をチェックしたい」という方にもおすすめです。図書館で貸し出し可能なMOS資格のテキストを利用すると、コストをかけずに学習できます。

独学は自己責任のもと行われるため、計画的で効率的な学習スケジュールをたて、スケジュールにあわせて着実に進めていきましょう。学習の自己進捗管理が合格の鍵をにぎっているため、事前に学習計画を立て、定期的に進捗を確認することが重要です。

理解が十分でない部分や課題があれば、スケジュールに学習時間をプラスする、模擬試験を通して克服するなどの対策を取ってください。学習を後回しにして期間を延長すると、「独学での合格」が実現しにくくなります。

オンラインの学習プラットフォームを利用する

MOSの勉強方法には、オンライン学習プラットフォームを活用することも可能です。オンライン学習プラットフォームには、多くのインストラクターによって作成されたMOS試験対策のコースが豊富に揃っており、オンラインの動画学習サービス・Udemy(ユーデミー)などがあります。

ビデオレッスンと演習の組み合わせによるカリキュラムを組んでいるので、「テキストでの学習が苦手」「演習を通じて学習したい」という方にもおすすめです。

場所を問わず自分のペースで進められるため、現在のライフスタイルを変化させることなくスムーズに生活に学習を取り入れられます。スキマ時間を有効活用できるのも魅力といえるでしょう。

オンライン学習プラットフォームを利用する際には、自らの学習スタイルや目的に合ったコースを見つけることが大切です。料金もそれぞれ異なるので、予算内で利用できるサービスを選択することも心がけておきましょう。

セミナーを利用する

MOSを勉強する際には、プロに学べるセミナーもおすすめです。

MOS資格取得に特化したセミナーでは、MOS認定講師から直接指導を受けることができるため、「実践的なスキル向上を目指したい」という方にも適しています。セミナーは限られた時間で集中的に学習カリキュラムを組んでいるので、合格までの道のりが効率的に進みます。

AI研究所が提供する「MOS対策短期集中講座」は、MOS 365&2019の一般レベルに合格できる講座です。受講期間は2日間・合計8時間。ワードやエクセルの豊富な機能の使用はもちろん、MOSの応用、実務で役立つ技術とスキルを身につけられます。

受講方法は対面で学ぶ会場受講とオンラインで学ぶライブウェビナーから選択可能で、どちらも料金は30,800円税込)となっています。会場受講は講師から直接学びたい方に、ライブウェビナーは自宅で学習を進めたい方におすすめです。

口コミでは、「講師の説明が分かりやすかった」「オンラインでも気軽に質問できた」「講義のテンポやが良く、楽しく受講できた」などの高評価が多く見られました。MOS対策短期集中講座は、個人はもちろん、企業の研修として活用することも可能です。

MOSに受かる勉強のコツ

MOSを学習するコツは、MOS独自の問題傾向や言い回しを把握することです。まずは、基本的なコンピュータスキルを向上させ、実際の操作に慣れたうえで問題文を正確に理解することからはじめましょう。

出題範囲を正確に理解することも大切です。公式マニュアルやテキスト、セミナーなどを活用し、出題範囲、および問題傾向をつかんでおいてください。

また、課題に対する対応力や実践力を高めるためには、模擬試験での実戦も重要です。模擬試験を受けておくと、受験時の緊張緩和だけではなく、試験結果を分析することで自分の弱点を把握できる、試験問題の傾向を知り対策できる、実際の試験形式や難易度が分かるなど様々なメリットがあります。

模擬試験は学習の効果を高めるためにも重要な要素です。実際の試験形式や難易度に慣れるために、できれば複数回の模擬試験受験をおすすめします。事前に計画的な学習スケジュールを組み、総合的な理解を深めることを心がけましょう。

MOSの勉強方法についてまとめ

MOSの勉強方法には、独学、オンラインのプラットフォーム学習、セミナーの利用がありました。

セミナーは限られた時間で集中的な学習を可能にし、最先端の技術を実践的なノウハウを通じて学習できます。MOS試験の合格に向けて効果的なステップを踏めるため、MOSの資格取得に不安がある方にもおすすめです。

最新情報をチェックしよう!