facebook アイアンショックとは何か?アイアンショックが起きた原因といつ頃まで続くのか | キャド研

アイアンショックとは何か?アイアンショックが起きた原因といつ頃まで続くのか

  • 2021年10月19日
  • 2021年11月11日
  • その他

かつて日本でオイルショックが起きた時、石油の値段は上がりトイレットペーパーも瞬く間にスーパーから姿を消しました。そしてアイアンショックもこれらの状況と同じように鉄の値段が急激に上がり、建築資材の値段も高騰して建設業界に大きなダメージを与えます。それではアイアンショックとは何かやその原因、そしていつまで続くのか、今後建築業界の末端で働く一人親方はどうすれば良いのか等を合わせて詳しく見ていきます。

アイアンショックとは何か

アイアンショックとは何かというと、一言で言うと建材の材料である鉄の価格が高騰する現象の事です。コロナウイルスの影響で鉄の価格は一時期1トン当たり約80ドル程度まで下落しました。しかし2021年に入り、中国がいち早くコロナ問題を克服すると瞬く間に景気が戻り、それに比例して鉄の需要も高くなり価格は上昇していきました。そして6月には鉄の価格は1トン当たり200ドルを超えます。つまりこのわずかな時間で一気に約2.5倍まで跳ね上がった事になります。これがまさにアイアンショックです。

アイアンショックが起きた原因

鉄の価格が高騰すれば、当然鉄を資材として沢山扱う建材会社も値上げせざるを得なくなります。この建材会社の値上げは徐々に影響が出てきます。鉄等の建材を仕入れて建物を建てる建築会社は仕入れ値が上がっているので、建設費用の単価も上げざるを得ません。わずかな値上がりであれば、会社も企業努力で何とか値段を上げずに踏ん張れるのですが、流石に2.5倍となるとそうもいきません。結果的に鉄の価格が上がれば建築物の価格も上昇し、家やマンションを買おうとしていた人々は買うのをためらう事になり、住宅建設の戸数も下がってしまいます。

特にマンションや大型商業施設等鉄骨造りの建物は、沢山鉄資材を使うので建物自体の価格の上昇は避けられません。すると末端の自分や家族だけで建築事業を行っている一人親方の仕事も減る事になります。このようにアイアンショックが起きると、建築業界の上から下まで大きな影響を及ぼすために注目されています。ではそもそも何故アイアンショックが起きたのか、原因を見ていきます。もちろん中国での鉄の需要が戻った影響もありますが、それだけではありません。世界的な物価上昇と、日本のデフレも大きな原因の1つです。

世界の物価状況を見てみると、ずっと上昇をし続けています。かたや日本の物価を見てみるとほとんど上がっていません。日本では賃金は上がっていませんし、商品の値段も価格は据え置きで内容量を減らしながら企業は踏ん張っているという状況です。つまり日本は賃金も物価もほぼそのままの一方で、世界を見ると物価は上がり続けています。特に中国やインドといった大きな発展途上国は一時期の勢いはおさまってはいますが、それでも日本と比べるとまだまだ大きな建築物が次々と建てられています。その結果、海外では建物の値段も上昇し、建材に費やせる金額も増えたので、鉄を買い負ける事がなくなりました。逆に日本は賃金も物価も変わらないままなので、建材購入にお金をかける事が出来ず、買い負けている状況が続いています。

このように日本ではデフレが続いていて、世界の上昇気流から取り残されているというのも原因ですし、中国だけでなくヨーロッパやアメリカも経済を動かし始めているのも原因です。極端に言うとアイアンショックの原因は、ただ世界的な鉄の需要増により価格がコロナ前の状況つまり高止まりの状況に戻っただけなのに、日本国内ではその価格上昇を企業努力だけではカバー出来なくなり、建材も高くなって鉄の値段に注目が集まっているというのが日本国内におけるアイアンショックの真実です。

アイアンショックはいつまで続くのか

アイアンショックは一体いつ頃まで続くのかと心配している人も少なくありません。結論から言うと、アイアンショックは終わる事無くこれからもずっと続く可能性があります。何故なら鉄の価格が下がる要因が見つからないからです。たしかに鉄の値段は上がり続けており、日本からするとこの上がり方は異常なのでどこかで調整される時期が来るのではと楽観視している人もいます。しかしその一方で、世界的に需要が高まっているのでこうした鉄の価格の上昇は正常という見方もあります。逆に日本での価格がずっと上がってこなかった方が異常と言えるのかもしれません。それに残念ながら上昇しているのは鉄の価格だけではありません。世界的にあらゆる物価は上がり続けています。そのため鉄だけが下がるという事は考えにくいですし、今の状況が続くと考えておいた方が良いでしょう。

もし建築業界がこうした状況をしっかりと把握出来ず、鉄の高騰は異常だからいずれおさまると考えているなら非常に危険です。何故ならアイアンショックは一時的なので、おさまるまで価格を据え置きにしようとすれば会社の利益は減っていきますし、逆に鉄の高騰に乗っかり建築価格も値上げすれば当然購入者は減っていくからです。これからますます日本は少子高齢化が進み、人口が減っていくと見込まれています。そのため建築関係の需要が増大する事は考えにくいです。そのため生き残るには何かしらの付加価値を付けて、高い値段でも購入してもらえるようにする事が重要です。

建築業界の末端で働く一人親方はこの難局をどう乗り切れば良いのか

建設業で主に労働者を雇わず、自分と周りの家族だけで事業を行う人達の事をいわゆる一人親方と言います。ではこうした建設業界の末端で働く一人親方は、このアイアンショックという難局をどう乗り切っていけばよいのでしょうか。答えは簡単で、自分が関わる仕事に付加価値を付けて、値段を上げても沢山の人が購入してくれるというような環境を作る事です。具体的に言うと、リノベーションを中心にやっていくとか、富裕層向けの建設に力を注いでいくようにしましょう。何故ならこれから日本は少子高齢化が進みますし、ますます貧富の差の二極化が進んでいくと考えられているからです。少子高齢化が進むという事は、それだけ長く家に住むという事になります。そうなると当然家のリフォームやリノベーションも必要となってきて需要は高まる事が予想されるため、リフォームやリノベーション技術を高めるというのは良いです。

それに今後お金持ちはさらにお金持ちになっていき、貧しい人との差はより大きくなっていくので、富裕層が住むような豪華な建物を作る技術を身に付けるのも悪くありません。日本は物価が上がらない状況が長い間続いているため、これからいわゆる中間層は新築物件を建てる事が難しくなり、リノベーションされた中古物件を買い求めるようになります。また家賃が払えなくなるようなテナントも増えてきて、建物には空き物件が増えて賃料が下がると、新しい建物を建てる需要も減ってしまいます。その結果新しい建物を建てる事が出来るのは主に富裕層を狙ったビジネスだけです。そのため豪華設備が供えられた建物を作る技術も今後需要が高まる可能性は高いです。

このようにリフォームやリノベーションと豪華な建物を作る技術を身に付ける事が、建築業界の末端で働く一人親方が生き残る秘策という事が出来ます。こうした技術を身に付けるのに、遅いという事はありません。これからも建築業界で生き残るには、少しずつでも準備をしていくのが良いでしょう。

アイアンショックはこれからも続く予想なので建築業界で生き残るには対策が必要

アイアンショックとは鉄の価格が急激に上がる事で、この現象は一時的なものではなく続く事が予想されます。アイアンショックの原因は世界的な鉄需要の高まりや、世界全体の物価上昇、それから日本の長年続くデフレによる鉄の買い負け等です。
特に建築業界の末端で働く一人親方は、これから需要が高まるリフォームやリノベーション技術、また、富裕層向けの豪華設備を備えた建物を作る技術を身に付けると良いです。

最新情報をチェックしよう!