facebook

APPLE TREEの東京ショールームってどんなところ? 実際に見学してきました!

こんにちは。
先日、APPLE TREE(アップルツリー)株式会社の東京ショールームを見学してきました。

ショールームでは実物の3Dプリンターと3Dスキャナーを見ることができます。
3Dプリンターや3Dスキャナーに興味を持っている方はぜひ訪れてみてほしい場所です。

さて、APPLE TREEの東京ショールームは一体どんなところなのか、実際に見学してみた感想を早速レポートしてみたいと思います!

ですが、その前に、まずはAPPLE TREEがどんな会社なのか概要から見ていきましょう。

APPLE TREE(アップルツリー)株式会社とは?

APPLE TREE株式会社とは

APPLE TREE(アップルツリー)株式会社は、3Dプリンター/3Dスキャナーの企画製造および販売を手がけている会社です。
本社は大阪で、実際の機械を見学できるショールームは大阪と東京の二ヶ所あります。

今回は、東京ショールームにお邪魔してきました。
東京タワーの近くなので、思わずちょっと記念撮影。

東京タワー

APPLE TREE東京ショールームはどんなところ?

APPLE TREE東京ショールーム-1

ビルの9階にある東京ショールーム。
エレベーターを降りると、まず出迎えてくれるのがこの大きな人体模型です。

APPLE TREE東京ショールーム-2
APPLE TREE東京ショールーム-3

印刷時間1072時間30分の大作です! 材料はPLAでできています。

APPLE TREE東京ショールーム-4

今回お世話になった、代表取締役の朴さん(写真左)と伊川さん(写真右)。
真ん中は今回同行してくれた工場長濱谷さんです。

FLASHFORGEの3Dプリンターがたくさん

APPLE TREE東京ショールーム-5
APPLE TREE東京ショールーム-6

ショールームの壁沿いには、3Dプリンターがたくさん並べられています。
いずれもAPPLE TREEが取扱っている「FLASHFORGE(フラッシュフォージ)」の3Dプリンターです。
黒を基調としたデザインがかっこ良いですね。

APPLE TREE東京ショールーム-7

Adventurer4(アドベンチャーフォー)

APPLE TREE東京ショールーム-Adventurer4

FLASHFORGEの3Dプリンターの中でもとくに人気がある「Adventurer」シリーズ。

こちらは「Adventurer4(アドベンチャーフォー)」です。(筆者が写り込んでいるので一部をぼかしています。)

高精度の造形を可能にしながら10万円以下の価格という、非常にコストパフォーマンスに優れた3Dプリンターです。
界隈では有名なシリーズなので、もしかしたらご存知の方も多いかもしれませんね。

Guider2(ガイダーツー)

APPLE TREE東京ショールーム-Guider2

こちらは同じくFFF方式の「Guider2(ガイダーツー)」です。
最大造形サイズが280×250×300mm(幅×奥行き×高さ)と、Adventurer4よりも大きめの造形が可能となっています。

Creator4S(クリエイターフォーエス)

APPLE TREE東京ショールーム-Creator4S

「Creator4S(クリエイターフォーエス)」は、最終製品製造に対応したFFF方式の3Dプリンターです。

FLASHFORGE社の3Dプリンターの中で最上位機種であり、カーボンファイバーなど多種多様なフィラメントに対応しています。

独立型デュアルエクストルーダーを搭載しており、ミラー造形や2色での造形、左右同じモデルを同時に造形するコピー造形が可能です。

造形サンプルを見ることもできる

ショールームの中央には、3Dプリンターで作成された造形サンプルが並んでいます。

APPLE TREE東京ショールーム-造形サンプル1
APPLE TREE東京ショールーム-造形サンプル2

小さく細かいものから大型のものまで様々です。

APPLE TREE東京ショールーム-造形サンプル3

こちらの大きな造形物はCreator4Sでプリントされたものです。
積層痕も目立っておらず、3Dプリンターの高精度さを見て感じることができます。

3Dスキャナーの展示もある

ショールームには3Dプリンターだけでなく、3Dスキャナーも置いてありました。

IREAL 2E(アイリアルツーイー)

APPLE TREE東京ショールーム-IREAL 2E

「IREAL 2E」は、光源に赤外線方式を採用している3Dスキャナーです。
本体にカラーモジュールが搭載されているので、高解像度の色情報のスキャンも可能だそうです。

SIMSCAN(シムスキャン)

APPLE TREE東京ショールーム-SIMSCAN

「SIMSCAN」は、570gと軽量で携帯性に優れた3Dスキャナーです。
手持ち式で小型サイズのため、測定が難しいエリアでのスキャンにも対応できます。
光源はブルーレーザーを採用しています。

KSCAN−MAGIC(ケイスキャン−マジック)

APPLE TREE東京ショールーム-KSCAN-MAGIC

「KSCAN−MAGIC」はKSCANシリーズの工業用ハンディ型3Dスキャナーです。
赤外線レーザーとブルーレーザーのハイブリッドスキャン技術による3Dスキャンが可能です。

これ1台でフィギュアのような小さなものから、車のような大きなものまでスキャンすることができるそうです。

TRACKSCAN(トラックスキャン)

APPLE TREE東京ショールーム-TRACKSCAN-1

ハンドルのような形が特徴的な「TRACKSCAN」は、マーカーを必要とせずに高精度な3Dデータを取得できる3Dスキャナーです。

APPLE TREE東京ショールーム-TRACKSCAN-2

こんな風に持ってスキャンします。大型の対象物でも高精度のスキャンができるそうです。

実際にデモンストレーションも可能のようですので、気になった方はお願いしてみてはいかがでしょうか。

FLASHFORGEの3Dプリンターの取扱いが決定しました

ご紹介したFLASHFORGEの3Dプリンターですが、この度、3Dプリンター専門店「Fabmart」でも取扱うことが決定しました!

現在の取り扱い機種については、こちらのページをご覧ください。

まとめ

今回はAPPLE TREEの東京ショールームを見学し、そこで見せてもらった3Dプリンターや3Dスキャナーについてご紹介しました。

ショールーム見学は予約が必要となりますが、希望があれば一般の方も見学することが可能です。

3Dプリンターや3Dスキャナーをご検討中の方は、ぜひ一度APPLE TREEの東京ショールームで実機を見てみてはいかがでしょうか。

APPLE TREE東京ショールーム

場所 東京都港区芝大門2-9-4 イヴェール芝大門 9F
営業時間 10:00~17:00
定休日 土曜・日曜日・祝日
URL https://flashforge.jp/showroom/
備考 見学は要予約
最新情報をチェックしよう!