facebook

無料で使える3Dプリンターはあるの?設置場所の紹介や無料3Dデータサイトまで解説

こんにちは、キャド研です。3Dプリンターを使いたいけどできれば無料で使いたいと思っていませんか?もしくは、3Dデータを無料でダウンロードできるサイトを知りたいと思っているかもしれませんね。
そこで今回は、3Dプリンターを無料で使う方法や3Dデータを無料ダウンロードできるサイトをご紹介していきます。

3Dプリンターは無料で使える?

3Dプリンターには20万円以下で購入できる機種も多く登場するようになり以前よりは安くなってきています。しかし、気軽に買うにはまだまだ高価な製品であることは確かです。
そんな3Dプリンターを購入する前に使ってみたい、自作した3Dデータがちゃんとプリントできるか試してみたい、と思う方もいるでしょう。そんな時に無料で利用できる3Dプリンターがあると便利です。
3Dプリンターはカフェ・コワーキングスペースに設置されているものや、セミナーなどで無料で3Dプリンターを使わせてもらえる場合があります。例えば、以下のような場所です。

  • FabCafe Tokyo
  • Cafe Labo
  • 創造空間 ナノラボ
  • しぶや図工室

これらの場所であれば、実際に3Dプリンターを試すことができ、使い勝手や自作データの出来栄えなどを確認できます。興味のある方は一度、お近くの場所へ足を運んでみると良いでしょう。

安価に3Dデータを出力できる「3Dプリンター出力サービス」もある

自作したデータを実際に出力してみたいけど、3Dプリンターを購入するのは高価すぎて難しい。こんな場合は3Dプリンター出力サービスの利用がおすすめです。
DMM.comの「DMM.make 3Dプリント」では、3Dデータをアップロードして出力用の素材を選ぶことで、3Dモデルを作成できます。使用可能機材は14台あり、様々な3Dプリンターで3Dプリント可能です。
さらに、DMM.make 3Dプリントであればそのまま制作したものを出品・販売までできるのも特徴になっています。

3Dデータを無料でダウンロードできるサイト

3Dデータを自作成するのは3DCGソフトを使いこなすスキルや知識を最低限習得する必要があり、簡単に作れるものではありません。また、習得するまでには勉強時間や学習費用、有料ソフトの購入費なども発生し、時間やお金がかかります。
3Dデータを一から作成することは作業負荷が大きいため、習熟した人ほど行わないものでもあります。ではどうやってモデリングしているのかというと、無料で利用可能なフリーの3Dデータ素材を利用します。無料の3Dデータは、3DCGソフトを上手く使いこなせない人でも、少し手を加えるだけで目的のモデリングができるものです。そのため、3Dプリントするのにかかる時間や手間を大幅に削減できます。
以下のような3Dデータを無料でダウンロードできるサイトで探してみると良いでしょう。

  • Thingiverse
  • Youmagine
  • pinshape
  • MyMiniFactory
  • モデラボ
  • Artist-3d
  • 3Delicious
  • Free3d
  • Archive 3D
  • ニコニ立体
  • 3d CAD DATA

近年では3Dデータを無料配布しているサイトも増えてきているため、各サイトを比較してお目当ての3Dデータを探してみてください!

無料で使える3Dプリンターについてまとめ

3Dプリンターの普及も進んできており、カフェやコワーキングスペースなどで3Dプリンターを無料で使える場所も都内を中心に増えてきています。購入前に試しで使ってみたい方や自作データを実際にプリントしてみたい方など、ぜひ上手に無料で使える場所を活用してみてください。
また、3Dデータも無料で配布しているサイトが増えてきています。本記事ではおすすめのサイトをご紹介しましたので、是非合わせて活用してはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!