facebook

人気の3Dプリンターはどれ?3Dプリンター比較表(価格・特徴)【2021年度版】

こんにちは、キャド研の大塚です。
今回は、以前から少しずつまとめていた3Dプリンターの価格や性能を比較した一覧表を大公開します!
現在、情報をまとめた3Dプリンター数は90個以上
最新モデルから人気のモデルまでできる限りの3Dプリンターの情報をまとめました。
こちらのページをご覧頂ければ、ご自身の用途に合った3Dプリンターを見つけることができると思います。
随時最新情報に更新していく予定ですので、是非チェックしてみてください。

目次

そもそも3Dプリンターとは

まず3Dプリンターとは3DCADや3DCGのデータから立体造形物を出力するプリンターのことを指します。
従来のプリンターは紙や平面状のものにインクで絵や写真、文字などを印刷するものでしたが、3Dプリンターはフィラメントや樹脂などの材料を3DCAD/3DCGのデータに基づき積層(積み重ねる)することで立体物を出力します。
熱で溶かした樹脂を積み重ねたり、樹脂に光を当てることで硬化させたりすることで立体的な造形物をプリントすることが可能になり、試作品や模型を作成することが以前に比べて容易になりました。
3DCADのデータの作成方法はスリプリのFusion360 CAD入門セミナーで学ぶことができます。
従来は高価なものでしたが、近年では家庭用の3Dプリンターも普及し価格も下がってきたことから、購入を検討する企業や個人が非常に増えてきています。

3Dプリンターを選ぶコツ

年々、3Dプリンターの種類や数は増えています。
数ある3Dプリンターの中で自分に合ったお気に入りの3Dプリンターを選ぶには、どういったところを気にしたら良いのか、悩まれている方も少なくないはず。
3Dプリンター選びの基本として、迷ったときは以下に紹介する4つのポイントをチェックしてみてください。

3Dプリンターを購入する際に抑えておくべき4つのポイント

3Dプリンターを購入する際に抑えておくべき点が4つあります。
それは3Dプリンターの利用目的にあった造形方式」と「使える材質(材料・素材)」、「精度」、「造形サイズ」になります。

3Dプリンターを購入する際に抑えておくべき4つのポイント

《3Dプリンターを購入する際に抑えておくべき4つのポイント》

  1. 3Dプリンターの造形方式
  2. 使える材質(材料・素材)
  3. 3Dプリンターの精度(造形精度)
  4. 3Dプリンターの造形サイズ

3Dプリンターの造形方式

3Dプリンターの造形方式は大きく分けて、「熱溶解積層方式(FDM法)」、「光造形方式(STL法)」、「粉末焼結方式(SLS法)」、「インクジェット方式」、「粉末積層方式」の5つがあり、造形方式によって使える材料が異なります。

5つの造形方式

このうちお店で取扱いが多いのは「熱溶解積層方式(FDM法)」、「光造形方式(STL法)」の3Dプリンターです。
その他の3Dプリンターは専門性が高く、業務用に販売や製造されているものがほとんどです。

【関連記事】
3Dプリンターとは? 3Dプリンターの種類や仕組みを徹底解説
徹底解説!業務用3Dプリンターの選び方(造形方式と精度)

3Dプリンターを購入する際に抑えておくべき4つのポイントは、何を造形するかによって最適な選択は変わってきます。

最新のフルカラー3Dプリンター「J55」

最新のフルカラー3Dプリンター「J55」
3Dプリンティング技術で世界をリードするストラタシス社がデザイナーやチームによる迅速なフルカラー・デザイン・リアリズムをあらゆる場所で可能にする新製品「J55」3Dプリンタを発表しました。J55の製品ページはこちら。

J55」は約50万色再現可能でPANTONE®カラーにも対応しており、リアルなテクスチャーと透明度を1個の造形物で実現することができます。
また、セットアップが容易で場所をとらず、リモート・モニタリングが可能なことから、自宅からもプリンティング作業を管理できるためデザインオフィスに設置するのにもおすすめの3Dプリンターです。
最新のフルカラー3Dプリンター「J55」

3Dプリンター選びに悩んだとき、迷ったときは?

悩んだとき、3Dプリンターの扱いが初めてで困っているときは、まずは手頃な価格の評判良い機種を買って、使い倒すことをおすすめしています。

キャド研おすすめの3Dプリンター UP!Mini2 ES

おすすめの3Dプリンター
こちらは低価格ながら高機能で安定した造形が可能な3Dプリンター、UP!Mini2 ESです。
メイカーズ界隈ではほとんどの人が使用しているUPシリーズの中で、お手軽価格で購入できるUP! Mini2 ES。安定した造形ができるので信頼性も高くおすすめの3Dプリンターです。
Fabmartは今なら新規会員登録で2000ポイントプレゼントしています!

【業務利用にもおすすめな3Dプリンターを買うならFabmart(ファブマート)がおすすめ!】
キャド研と同じ運営の専門店だから安心してお買い物していただけます。

– 掲載中の3Dプリンターについてお問い合わせいただけます! –

    • お問い合わせの回答は、株式会社VOST運営の3Dプリンター専門店「Fabmart」が担当いたします。
    • 内容によりご回答にお時間いただく場合がございます。
    お名前 (必須)
    例. 佐藤 太郎
    会社名 / 学校名
    例. 株式会社VOST
    メールアドレス (必須)
    例. info@3d-printer-house.com
    電話番号
    例. 03-1234-5678
    お問い合わせ商品 (必須)
    ※ 選択肢にない3Dプリンターは対象外です。お問合せいただいても回答いたしかねます。
    お問い合わせ内容 (必須)

    3Dプリンターのデータ作成におすすめな高機能なクラウド3DCAD「Fusion 360」

    Fusion 360

    3Dプリンター用のデータを作成するのにおすすめな3Dソフトは、Autodesk社が提供しているFusion 360です。
    Fusion 360は、3DCADのモデリング機能に加えて、3DCAMやレンダリング、解析、アセンブリ、2次元図面などの機能が搭載されています。
    機械部品設計に強い「パラメトリックモデリング」と自由曲面に強い「スカルプトモデリング」に対応しているのでこのソフト一つでデザインから設計までができます!
    Fusion 360の製品ページはこちら

    データはクラウド上で管理されているため、チーム内でのデータ共有がしやすく、複数人での同時作業がしやすくなっています。
    また、上書き保存した際に、古いバージョンが自動でバックアップされたり、作業履歴がデータ保存されるのも嬉しい機能ですね!

    Fusion 360は、商用利用の場合は有料ですが、非商用使用であれば企業でも無料で使用できます。
    さらに、有料ではありますが価格自体はかなりお手頃です。
    従来は数百万円した3DCADですが、Fusion 360は年間56,000円(税別)、月額7,000円(税別)ですべての機能を利用することができます。
    また、学生や教育機関、非営利団体、スタートアップ企業であれば無料で使うことができます。

    Fusion 360はCADソフトとしてもかなり優秀で、導入している企業も多数ありますので、求人を探したい時にも無料でCADスキルをつけるならもってこいのCADソフトウェアです。
    無料で練習ができ、仕事でも利用できる一番おすすめのCADソフトになります!

    Fusion 360

    Fusion 360のスペック

    機能 ソリッド・サーフェス・自由曲面のモデリング、アセンブリ、図面作成、履歴、プラグイン、レンダリング、アニメーション、CAM、CAE
    対応OS Windows(64bit)、Mac
    インポート拡張子 wire、dwg、iam、CATProduct、dxf、iges、prt、obj、asm、g、neu、3dm、sat、sldprt、step、stl、skp 他 計33種
    エクスポート拡張子 dwg、ipt、dxf、fbx、igs、obj、sat、smt、step、stl、skp
    URL https://bizroad-svc.com/fusion360/

    Fusion 360 ライセンスの種類

    前記の通り、Fusion 360には商用ライセンスの他に、学生やスタートアップ企業向けに無料ライセンスがあります。

    商用ライセンス 1年間ライセンス:56,000円(税別)
    3年間ライセンス:157,000円(税別)
    無料ライセンス 無料ライセンスを利用する場合は、以下の条件があります。
    スタートアップ企業向け
    ● 従業員数 10 名以下、年間総収益 10 万ドル未満の企業 親会社を含む
    ● Autodesk Fusion 360 コミュニティでストーリーを共有できる企業
    ● 1年契約。更新には承認が必要
    個人利用向け
    ● 個人による非商用目的のデザインプロジェクト、または自宅での非商用目的の製造
    スタートアップ企業向け
    ● 学生、教育者、教育機関

    高機能3DCAD Fusion 360を安く購入する方法

    今なら、期間限定キャンペーンでFusion 360を定価よりも安く購入することができます。


    さらに、学習用のテキスト教材と学習用データもセットで付いているので、Fusion 360をすぐに使えるようになります。
    Fusion 360購入ページはこちら

    Fusion 360 の使い方を学ぶおすすめの方法

    Fusion 360の使い方を一から学びたい方はセミナー受講もおすすめです。
    中でも、スリプリのFusion360 CAD入門セミナーは、Fusion 360を使った3DCADの講座で、3DCADを使ったことがない方でも2日間のセミナーで業務レベルの3DCADスキルや、実務ですぐ使える技術を習得し、身につけることができるセミナーです。
    製造業に精通した講師が、実際の業務の流れを想定してトレーニングを行います。2日間で応用操作まで完全制覇し、最終的に、Autodesk社公認の修了証明書ももらえます。

    Fusion 360 3DCAD入門セミナーの内容

    それではFusion 360 3DCAD入門セミナーの講座内容をご紹介していきます!
    受講形式は、会場にて講師と対面で受講したい方におすすめの「会場受講」、場所を選らばず、オンラインで講師に質問しながら学習したい方におすすめの「ライブウェビナー」、日時を問わず自分のペースで学習したい方におすすめの「Eラーニング」の3つの受講形式よりお選び頂けます。

    1日目のセミナー内容

    1日目はFusion 360に触ったことがない初心者の方や、Fusion 360を持っているけど使い方がイマイチわからないと言った方にも分かりやすい基本的な内容です。
    画像のように製氷機やスタンプの3Dモデリングができるようになります。
    ここの基本の設計ができるようになると、すぐにあらゆる製品の設計をすることが可能になります。

    2日目のセミナー内容

    Fusion 360は扱えるけど、カーブや装飾など少し難しい技術が使えない!と言う方も、2日目の受講でグッと製品設計に近づいた中級者技術を学ぶことができます。主に、曲線での設計方法や奥行きがある3Dモデリングを教わることができます。一気に中級者レベルまで上がることができます。

    Fusion360 CAD入門セミナーの詳細はこちら

    3Dプリンター比較表まとめ

    それでは、ここからは家庭向けの3Dプリンターから、製造業などで活躍する業務用3Dプリンターまで一覧にして紹介します。
    購入する3Dプリンターに迷っている方はこの比較表からお気に入りの3Dプリンターを見つけましょう!

    UP mini2 ES
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Tiertime / UP Mini2 ES / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 120 x 120 x 120mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.15 /0.20 /0.25 /0.30 /0.35mm ABS、ABS+、PLA
    価格
    125,000円
    この3Dプリンターの特徴
    家庭でも人気の3Dプリンター「UP Mini2」が、様々な機能を携えてバージョンアップし、「UP Mini2 ES」として新発売しました!使い勝手の良さはそのままに、複数ユーザーによるデータの送信や、Wifi・USBメモリ・無線LANなど複数のデータ転送方法に対応。データ形式もSTL以外に、OBJやPLY、3DSなど様々な形式を使用できるので、企業や研究室、3Dデザインなど様々な分野で便利に使うことができます。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    UP plus2
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Tiertime / UP Plus2 / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 140 x 140 x 130mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.15 /0.20 /0.25 /0.30 /0.35 /0.40mm ABS、PLA
    価格
    136,800円
    この3Dプリンターの特徴
    UP Plus2は、シンプルかつ軽量な3Dプリンターでありながら、高品質の出力を実現! コンパクトサイズの3Dプリンターでありながら、同クラスの機種の中でも比類のない使いやすさと安定感が評価されています。初心者にもオススメの3Dプリンターです。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    UP BOX+
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Tiertime / UP BOX+ / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 255 x 205 x 205mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.10 /0.15 /0.20 /0.25 /0.30 /0.35 /0.40mm ABS、PLA
    価格
    268,000円
    この3Dプリンターの特徴
    UP BOX+は、UP Plus2特有の精度や使いやすさを引き継いだまま積層ピッチを0.1mmまで高め、かつ従来に比べ30%速い速度での印刷を可能にしました。255x205x205mm(WxHxD)と言う大型造形範囲を実現。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    UP 300
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Tiertime / UP 300 / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 255 x 205 x 225mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.05 /0.10 /0.15 /0.20 /0.25 /0.30 /0.35 /0.40mm ABS、PLA、木質、TPU
    価格
    350,000円
    この3Dプリンターの特徴
    UP 300は、UPシリーズのプリント品質と業務での使い勝手を向上させた、シリーズの最上位機種です。素材ごとの専用ノズルを持つことで、様々な樹脂に対応可能。安定した出力により、さらなる高精度へと進化しました。さらに、255 × 205 × 225mm(W×D×H)とシリーズ最大のプリント面積を実現しています。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube

    Raise3D E2
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    日本3Dプリンター / Raise3D E2 / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 330×240×240 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.02〜0.65mm PLA/ ABS/ HIPS/ PC/ TPU/ TPE/ PA/ PETG/ ASA/ PP/ PVA/ など
    価格
    498,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Raise3D E2は使いやすく耐久性のあるデスクトップ3Dプリンター。
    Raise3Dシリーズの最新機種でありながら手頃な価格で、生産を向上でき、新しい製造リソースとして活躍します。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    Raise3D Pro2
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    日本3Dプリンター / Raise3D Pro2 / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 305 x 305 x 300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.01〜0.65mm T-PLA/T-ABS/PETG/PTG/Polyflex/カーボン/木質
    価格
    620,000円
    この3Dプリンターの特徴
    可動式デュアルヘッドを搭載。デュアルヘッドを使うことで、2色での造形や、サポート材として水に溶ける水溶性フィラメントでの造形ができます。Raise3D Pro2の可動式デュアルヘッドは、造形中に1.5mm昇降する新方式です。造形しながら可動することで、ノズルが造形物にぶつかることなく、造形をスピーディーに行うことができます。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    Raise3D Pro2 Plus
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    日本3Dプリンター / Raise3D Pro2 Plus / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 305 x 305 x 300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.01〜0.65mm T-PLA/T-ABS/PETG/PTG/Polyflex/カーボン/木質
    価格
    620,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Raise3D Pro2 Plusは200時間を超える造形も安定して造形することができるため、大きい造形にも向いています。Raise3D Pro2の倍の造形高さまで対応できます。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    Raise3D N2S メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    日本3Dプリンター / Raise3D N2S / 熱溶融積層方式 (FDM) 305 x 305 x 300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.01〜0.65mm T-PLA/T-ABS/PETG/PTG/Polyflex/カーボン/木質
    価格
    620,000円
    この3Dプリンターの特徴
    高精度はそのままに、従来のN2をアップグレード。フィラメント検出センサーや新しい停電回復システムなど充実した機能を搭載しています。
    Raise3D N2S Plus メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    日本3Dプリンター / Raise3D N2S Plus / 熱溶融積層方式 (FDM) 305 x 305 x 605mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.01〜0.65mm T-PLA/T-ABS/PETG/PTG/Polyflex/カーボン/木質
    価格
    620,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Raise3D N2Sの倍の造形高さまで対応できます。
    Form3
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    formlabs社 / Form3 / 光造形問合せ可 145×145×185mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25-300μm スタンダードレジン、エンジニアリングレジン、キャスタブルレジン
    価格
    【スタンダードパッケージ】 641,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Form3は、あらゆる業界のプロフェッショナルたちから高い信頼を得ているFormlabs製3Dプリンターの次世代標準機として、最新のLFSプリントプロセスを搭載し、完成度を一段と高めたプリントを絶えず供給できるように開発されました。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    Form3L メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    formlabs社 / Form3L / 光造形 335×200×300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25-300μm スタンダードレジン、エンジニアリングレジン、キャスタブルレジン
    価格
    日本未導入
    この3Dプリンターの特徴
    Form 3Lは、あらゆる業界のプロフェッショナルたちから高い信頼を得ているFormlabs製3Dプリンタの次世代機のひとつで、これまでより大きなサイズのプリントにも対応できるよう設計されています。最新のLFSプリントプロセスを搭載し、常に業界標準の高品質プリントをより短時間に完成できるように開発されました。
    Form2 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    formlabs社 / Form2 / 光造形 145×145×175mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25-300μm スタンダードレジン、エンジニアリングレジン、キャスタブルレジン
    価格
    549,800円
    この3Dプリンターの特徴
    強力な光造形(SLA)技術を駆使した高精度、高精細プリントを、工業用3D印刷設備の数分の一のコストで製作できるデスクトップ型3Dプリンターです。※メーカー製造終了。購入に関しては、機能をグレードアップさせた後継機のForm3をお求めください。
    参考動画

    出典:Youtube
    ダヴィンチ Super
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ Super / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 300×300×300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.02- 0.4mm PLA /ABS /PETG /TPE /カーボンPLA /メタリックPLA /Wood PLA
    価格
    398,000円
    この3Dプリンターの特徴
    ダヴィンチ Superは、オフィスや工場向けに開発されたサードパーティ製フィラメント対応の大型3Dプリンターです。進化したハードウェアでより使いやすく高機能になり、印刷品質や使い勝手を犠牲にせず、大きな物体を印刷することができます。…詳細を見る
    ダヴィンチJr.ProX+
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチJr.Pro X+ / 熱溶融積層方式 (FDM)
    問合せ可
    175×175×175 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.02- 0.4mm PLA/ タフPLA/ PETG/ Wood PLA/ メタリックPLA/ カーボンPLA/ 抗菌性PLA/ ABS/
    価格
    89,800円
    この3Dプリンターの特徴
    ダヴィンチJr. Pro X+は、シリーズ中でも精巧な造形に優れたプロフェッショナルモデル。造形サイズも大きく、非常に高いプリント精度を誇ります。ABS材料にも対応。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    ダヴィンチ Color mini
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ Color mini/ 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 130x130x130mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1- 0.4mm カラーインクジェットPLA/PLA/PETG/カーボンPLA/メタリックPLA/
    価格
    248,000円
    この3Dプリンターの特徴
    第2世代のフルカラー3Dプリンターとしてコンパクトで手軽な「ダヴィンチColor mini」を開発。ダヴィンチColor と同等以上の機能を備えた最新モデルです。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    ダヴィンチ Color
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ Color / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 150x200x200mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1- 0.4mm カラーインクジェットPLA/PLA/PETG/カーボンPLA/メタリックPLA/
    価格
    428,000円
    この3Dプリンターの特徴
    ダヴィンチColorは、CMYKインクジェットカートリッジを使用して、インクを吸収する特殊なPLAフィラメントに色を付ける仕組みを採用しています。CMYKを混ぜ合わせることで何百万色もの色を実現できます。2020年5月に価格が改定され、よりお求めやすくなりました。…詳細を見る
    参考動画

    出典:Youtube
    ダヴィンチ nano w
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ nano w / 熱溶融積層方式 (FDM) 120x120x120mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1- 0.4mm PLA /PETG
    価格
    29,800円
    この3Dプリンターの特徴
    ダヴィンチ nano wは、誰もが3D印刷を利用できるように設計されています。安全で持ち運びに便利な超小型ボディは、子供たちを3D印刷の達人にします。ワイヤレス接続で離れた場所からも自由に3D造形が可能です。…詳細を見る

     

    ダヴィンチ mini w+
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ mini w+ / 熱溶融積層方式 (FDM) 150x150x150mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1- 0.4mm PLA /PETG
    価格
    39,800円
    この3Dプリンターの特徴
    ダヴィンチ mini w+は、3Dプリンターの入門に最適な製品です。 WiFiに接続可能な場所であれば家のどこからでも家庭用品や子供のおもちゃを印刷することができます。…詳細を見る
    ダヴィンチ 1.0 Pro
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ 1.0 Pro / 熱溶融積層方式 (FDM) 200×200×200mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.02- 0.4mm PLA /ABS /PETG /HIPS /Wood
    価格
    95,000円
    この3Dプリンターの特徴
    ダヴィンチ 1.0 Proは、上級者向けの3Dプリンターです。高い印刷制度と安定性を誇ります。ABS素材にも対応し、さらにサードパーティー製フィラメントとG-codeにも対応したハイスペック機種です。…詳細を見る
    ノーベル 1.0 A
    こちらで注文・購入可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ノーベル 1.0 A / 光造形 128x128x200mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25μm 標準 / フレキシブル/ キャスタブル / リジッド / タフレジン
    価格
    198,000円
    この3Dプリンターの特徴
    高解像度3D印刷用に設計されたSLA方式3Dプリンターノーベル 1.0 Aを使うことで、あなたのプロジェクトを輝かせることができます。2020年4月に価格が改定され、よりお求めやすくなりました。…詳細を見る
    ダヴィンチ Jr. 1.0 Pro メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    XYZプリンティング / ダヴィンチ Jr. 1.0 Pro / 熱溶融積層方式 (FDM) 150x150x150mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.02- 0.4mm PLA /PETG
    価格
    59,800円
    この3Dプリンターの特徴
    家庭やオフィスに最適なデスクトップ3Dプリンターです。 オープンフィラメント対応で、サードパーティー製PLAや一部のスライスソフトウェアを利用できます。XYZware Proには豊富な設定パラメーターが用意されており、最適な設定で印刷が可能です。
    Mark Two
    こちらでお見積もり可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Markforged / Mark Two / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 320x132x154mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100μm ONYX /ナイロン /カーボンファイバー /ファイバーグラス /高耐熱ファイバーグラス /ケブラー
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    Mark Twoは、カーボンファイバーを造形できる世界初の3Dプリンターです。2つの材料の組み合わせから形成されます。ONYXが表面を覆い、カーボンファイバーなどが内部の構造を強化します。これはMarkforged独自の造形プロセスであり、通常の3Dプリントよりも遥かに強靭なパーツを3Dプリントすることができます。…詳細を見る
    Mark X7
    こちらでお見積もり可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Markforged / Mark X7 / 熱溶融積層方式 (FDM)問合せ可 330x250x200mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    50μm ONYX /ナイロン /カーボンファイバー /ファイバーグラス /高耐熱ファイバーグラス /ケブラー
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    Mark X7の造形面積は大きく、ロボットや自動車産業、機能試作や人口装具の作成等に最適です。2つの材料の組み合わせから形成されます。ONYXが表面を覆い、カーボンファイバーなどが内部の構造を強化します。これはMarkforged独自の造形プロセスであり、通常の3Dプリントよりも遥かに強靭なパーツを3Dプリントすることができます。…詳細を見る
    Metal X
    こちらでお見積もり可能
    メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Markforged / Metal X / ADAM 300x220x180mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    50μm 17-4 ステンレス鋼 /マレージング鋼 /チタン /インコネル /銅 /アルミニウム
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    従来の金属3Dプリンターに比べて最大10倍、切削加工や鋳造などの従来の製造技術に比べて100倍低コストでの製造が可能です。樹脂マトリックスに混合された金属粉末を印刷することにより、従来の金属3Dプリンターに伴う安全リスクを排除し、部品の軽量化とコストを削減しました。…詳細を見る
    G Printer メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    日本3Dプリンター / G Printer / 光造形 128×80×145mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25um 液体硬化樹脂
    価格
    1,290,000円
    この3Dプリンターの特徴
    100%UV光源DLP式 高速3次元光造形機。様々な材料に対応し、多用途で使用可能。ロストワックス鋳造法でシルバーのアクセサリなども造形できます。シンプルな操作と壊れにくい構造で設計され、静音性も優れています。…詳細を見る

    掲載中の3Dプリンターについてお問い合わせ

    Makerbot Method メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    MakerBot / Makerbot Method / 熱溶融積層方式 (FDM) 190×190×196mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    20-400μm PLA / PVA / Precision Tough
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    構造的に最適化された金属製フレームにより、フレームの歪みを防止します。ゆがみが少ない事で、より高い精度と失敗の少ない確実な造形が可能になります。
    MakerBot Replicator+ メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    MakerBot / MakerBot Replicator+ / 熱溶融積層方式 (FDM) 295(L)×195(D)×165(H)mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1mm(100ミクロン) PLA
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    さらなる信頼性とパフォーマンスを高めた新設計。直観的で使いやすい、REPLICATOR第五世代のすべての機能に加え、造形スピードを30%向上、造形ボリュームを25%拡張しました。
    MakerBot Replicator Z18 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    MakerBot / MakerBot Replicator Z18 / 熱溶融積層方式 (FDM) 305(L)×305(W)×457(H)mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1mm(100ミクロン) PLA
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    大きなモデルの出力に最適。プロフェッショナル品質の高精細プリントで、後処理の必要のない、スムーズで滑らかな造形物が可能です。
    Makerbot Replicator 2X メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    MakerBot / Makerbot Replicator 2X / 熱溶融積層方式 (FDM) 246(L)×152(W)×155(H)mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1-0.34mm PLA/ABS
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    ABS素材に最適化されたスーパーフラットビルドプラットフォーム、新機に設計されたデュアルヘッドエクストルーダーを搭載、また、冷却ムラを防ぐアクリル製カバーにより精密に3Dモデルをプリントする事が可能となりました。
    AM S5500P メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    リコー / RICOH AM S5500P / SLS®(粉末焼結積層造形) 550×550×500mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.08mm〜0.20mm ナイロン12、ナイロン12(ガラスビーズ入り)、
    ナイロン11、ナイロン6(ガラスビーズ入り)、
    ポリプロピレン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    耐久/耐熱性に優れた樹脂素材を材料として選択できるハイエンドモデル。強度に優れた造形品は、少量多品種生産にも適しており、実際の製品として使用することができるものです。
    F170 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / F170 / 熱溶融積層方式 (FDM) 254×254×254mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.127-0.33mm PLA、ABS-M30、ASA
    価格
    3,480,000円
    この3Dプリンターの特徴
     -
    Fortus 380mc メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Fortus 380mc / 熱溶融積層方式 (FDM) 355×305×305(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.330 mm/0.254 mm/0.178 mm/0.127 mm ABS-M30、ABS-M30i、
    ABS-ESD7、ASA PC-ISO(白および半透明) PC、
    FDM Nylon 12
    価格
    16,900,000円
    この3Dプリンターの特徴
    最終製品と同様に機能する堅牢なプロトタイプから、加圧下で駆動する製造ツール、オンデマンドで作成される生産パーツまで、スピード、性能、精度において、高いスタンダードを実現します。
    Fortus 450mc メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Fortus 450mc / 熱溶融積層方式 (FDM) 406×355×406(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.330 mm/0.254 mm/0.178 mm/0.127 mm ABS-M30、ABS-M30i ABS-ESD7、
    ASA PC-ISO(白および半透明) PC、
    FDM Nylon 12 ULTEM 9085樹脂、ULTEM 101
    価格
    28,700,000円
    この3Dプリンターの特徴
    最終製品と同様に機能する堅牢なプロトタイプから、加圧下で駆動する製造ツール、オンデマンドで作成される生産パーツまで、スピード、性能、精度において、高いスタンダードを実現します。また、450mcはマテリアルを交換せずに最大2週間以上ノンストップで稼働できます。
    Fortus 900mc メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Fortus 900mc / 熱溶融積層方式 (FDM) 914×610×914(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.508 mm/0.330 mm 0.254 mm/0.178 mm ABS-ESD7、ABSi、ABS-M30 ABS-M30i、
    ASA、FDM Nylon 12、PC PC-ABS、PC-ISO、
    PPSF、ULTEM 1010 ULTEM 9085、ST-130
    価格
    78,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Fortus 900mcは、最もパワフルなFDMシステムです。驚くべき生産アジリティを実現し、費用対効果に優れています。 要求の高い機能プロトタイプ、生産パーツ、治具、固定具および工場ツーリングにおいて、傑出した精度、反復性および予測可能性を備えた造形を実現します。
    Objet30 Pro メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Objet30 Pro / インクジェット方式 294×192×148.6(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 16μm 硬質不透明ホワイト、硬質不透明ブラック、
    硬質不透明ブルー、硬質不透明グレー、
    透明(VeroClear) 、高耐熱性材料 (RGD525)、
    ポリプロピレンライク Endur(RDG450)、
    ポリプロピレンライク Durus(RDG430)
    価格
    4,100,000円
    この3Dプリンターの特徴
    透明および高耐熱性材料を含む最大8種類の異なる物性を持つマテリアルに対応した、卓越した価値を生み出すデスクトップ3Dプリンタです。
    OBJET EDEN 260VS メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / OBJET EDEN 260VS / インクジェット方式 255×252×200(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 16μm 透明、硬質不透明など15種類
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    一般的な2次元プリンターほどの筐体サイズの3Dプリンタで、製品ビジョンを細部まで再現したプロトタイプとして再現することができます。Eden260VS 3Dプリンタで造形されたモデルは、UVライトで完全硬化されており、また無毒のサポート材は素早く除去でき後処理も不要なため、造形後、すぐに手に取りお使いいただけます。
    Objet30 Prime メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Objet30 Prime / インクジェット方式 294×192×148.6(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 14μm 硬質不透明
    (VeroWhitePlus、VeroBlackPlus、VeroGray、VeroBlue)
    透明 (RGD720、VeroClear)
    ポリプロピレンライク (Rigur、Durus)
    ゴムライク(TangoGray、TangoBlack)
    高耐熱性 (RGD525)、生体適合性
    価格
    5,700,000円
    この3Dプリンターの特徴
    究極の精度と汎用性を備えた3Dプリンタ。12種類のマテリアルに対応し、柔軟性や生体適合性などの特殊な物性へのニーズにも対応する世界唯一のデスクトップ3Dプリンタです。
    Objet260 Connex3 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Objet260 Connex3 / インクジェット方式 255×252×200(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 16μm 軟質カラー、デジタルABS ポリプロピレンライク、高耐熱性 生体適合性
    価格
    21,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Objet260 Connex3 は、マルチマテリアルカラー3Dプリンティングのエントリーモデルです。 単一のプリントジョブで、広範囲のマテリアル特性を統合し、透明度、硬度、耐熱性、カラーを調節できます。
    Objet350 Connex3 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Objet350 Connex3 / インクジェット方式 340×340×200(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 16μm デジタルABS、高耐熱性、生体適合性 ゴムライク、ポリプロピレンライク
    価格
    35,500,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Connex3 は、マルチカラーとマテリアルで同時3Dプリンティングを行う世界初の3Dプリンタです。
    Objet500 Connex3 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Objet500 Connex3 / インクジェット方式 490×390×200(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 16μm デジタルABS、高耐熱性、生体適合性 ゴムライク、ポリプロピレンライク
    価格
    47,600,000円
    この3Dプリンターの特徴
    製品開発と生産のあらゆる場面において迅速性とデザイン性をもたらします。
    Stratasys J750 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Stratasys J750 / インクジェット方式 490×390×200(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平造形層、最小14μm 360,000色以上のカラー Digital ABS、
    Digital ABS2、カラーゴムライク、
    半透明のカラースケール
    価格
    59,200,000円
    この3Dプリンターの特徴
    究極のフルカラーマルチマテリアル3Dプリンタ。本物そっくりのカラーと耐久性のあるマテリアルで、優れたアイデアと大胆な試みを現実のものとします。
    Objet1000 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Stratasys / Objet1000 / インクジェット方式 1000×800×500(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    水平方向 最小 16μm 硬質不透明(Veroシリーズ)
    ゴムライク(TangoPlusおよびTangoBlackPlus)、
    透明(VeroClear) ポリプロピレンライク (RigデジタルABS)、
    デジタルABS2、透明材料、
    ショアA硬度のゴムライク材料、
    ポリプロピレンライク
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    Object1000 Plusは、世界最大のマルチマテリアル3Dプリンタです。フルスケールのプロトタイプから精緻な小型パーツを詰め込んだトレイに至るまで、PolyJet固有の精度と材料範囲により、壮大なスケールで美しい精度が実現されます。
    ProJet MJP 2500 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet MJP 2500 / インクジェット方式 295×211×142(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    32ミクロン VisiJet®M2 RWT-Rigid White、
    VisiJet®M2 RBK-Rigid Black
    価格
    5,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    紫外線硬化樹脂をインクジェット方式で一層ずつ積層させるMJP(Multi Jet Printing)3Dプリンターです。 筐体はコンパクトながらも、微細な造形を可能とする操作性に優れたコストパフォーマンスの高い機種です。
    ProJet MJP 3600 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet MJP 3600 / インクジェット方式 HDモード : 298×183×203mm
    UHDモード : 203×178×203mm
    XHDモード : 203×178×203mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    HDモード : 32ミクロン
    UHDモード : 29ミクロン
    XHDモード : 16ミクロン
    VisiJet® M3-X-Rigid White、
    VisiJet® M3 Black-Rigid Black、
    VisiJet® M3 Crystal-Rigid Clear、
    VisiJet® M3 Proplast-Rigid Natural、
    VisiJet® M3 Navy-Rigid Blue、
    VisiJet® M3 Techplast-Rigid Gray、
    VisiJet® M3 Procast-Castable
    価格
    12,900,000円
    この3Dプリンターの特徴
    紫外線硬化樹脂をインクジェット方式で一層ずつ積層させるMJP(Multi Jet Printing)3Dプリンターです。 高精細な造形に加え、造形スピードの高速化を実現しました。 大容量データに対応し、精巧に作りこんだデータも造形できます。
    ProJet MJP 5500X メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet MJP 5500X / インクジェット方式 518×381×295mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    HDモード : 25ミクロン
    UHDモード/UHDSモード : 16ミクロン
    XHDモード/XHDSモード : 13ミクロン
    VisiJet® CR-CL、
    VisiJet® CR-WT、
    VisiJet® CE-BK、
    VisiJet® CE-NT
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    紫外線硬化樹脂をインクジェット方式で一層ずつ積層させるMJP(Multi Jet Printing)3Dプリンターです。 MJP方式で最大の造形エリアをもちます。
    ProJet 260C メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet 260C / 粉末積層方式 236×185×127mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100ミクロン VisiJet® PXL™
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    コンパクトな筐体のCJP( ColorJet Printing )方式の3Dプリンターです。 パーツは強度があり、耐熱性に優れているProJet®x60シリーズのエントリーモデルです。
    ProJet 360 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet 360 / 粉末積層方式 203×254×203mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100ミクロン VisiJet® PXL™
    価格
    3,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    CJP(Color Jet Printing)方式の3Dプリンターです。Fine Core™除去を一体で搭載。 ProJetx60シリーズでは中間モデルの機種です。
    ProJet 460Plus メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet 460Plus / 粉末積層方式 203×254×203mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100ミクロン VisiJet® PXL™
    価格
    5,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    CJP(Color Jet Printing)方式の3Dプリンターです。Fine Core™除去を一体で搭載。 ProJetx60シリーズでは中間モデルの機種です。
    ProJet 660Pro メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet 660Pro / 粉末積層方式 254×381×203mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100ミクロン VisiJet® PXL™
    価格
    8,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Professional3DプリンターProJet® 660Proは、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)約600万色の表現ができるカラープリンターです。
    ProJet 860Pro メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProJet 860Pro / 粉末積層方式 508×381×229mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100ミクロン VisiJet® PXL™
    価格
    14,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    Professional3DプリンターProJet® 860Proは、CMYK(シアン・マゼンタ・イエロー・ブラック)約600万色の表現ができるカラープリンターです。
    PartPro100 xP メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / PartPro100 xP / 光造形 64×40×120mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25 / 50 / 100μm Standard Resin、Castable Resin
    価格
    458,000円
    この3Dプリンターの特徴
    小型製品の試作に特化したプリンターです。PartPro100 xTは小型のパーツを造形することに適しています。 細かい穴形状まで再現することができます。
    ProX500 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProX500 / 粉末焼結積層造形 381×330×457(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.08〜0.15mm ナイロン樹脂
    価格
    40,900,000円
    この3Dプリンターの特徴
    樹脂粉末に一層ずつレーザーを照射し焼結させSLS®(Selective Laser Sintering)方式の装置です。100WのCO2レーザーを搭載。従来のSLS方式と比べパーツ表面の滑らかさが向上しています。
    ProX800 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProX800 / 光造形 650×750×550mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.08〜0.15mm エポキシ系PPライク・ABSライク・PCライク
    価格
    75,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    SLA®(Stereolithography)方式のProduction3Dプリンターです。紫外線硬化樹脂の液面にレーザーを照射させ、硬化させながら造形します。滑らかな表面と寸法精度を保ち、様々な利用シーンがあります。
    sPro230 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / sPro230 / 粉末焼結積層造形 550×550×750mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.08〜0.15mm ナイロン樹脂
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    樹脂粉末に一層ずつレーザーを照射し焼結させSLS®(Selective Laser Sintering)方式の装置です。試作分野にとどまらず、最終製品としての実用がもっとも進んでいる造形方式のProduction3Dプリンターです。
    sPro140 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / sPro140 / 粉末焼結積層造形 550×550×460mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.08〜0.15mm ナイロン樹脂
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    樹脂粉末に一層ずつレーザーを照射し焼結させSLS®(Selective Laser Sintering)方式の装置です。試作分野にとどまらず、最終製品としての実用がもっとも進んでいる造形方式のProduction3Dプリンターです。
    ProX DMP320 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProX DMP320 / 金属粉末焼結 275×275×420mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.002〜0.06mm ステンレス・アルミ系等
    価格
    110,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    金属粉末に一層ずつレーザーを照射し焼結させるDMP (Direct Metal Printing)方式の装置です。複雑な形状の金属パーツを短期間で造形可能なProduction3Dプリンターです
    ProX 300 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProX 300 / 金属粉末焼結 250×250×300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.001〜0.05mm ステンレス・アルミ系等
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    金属粉末に一層ずつレーザーを照射し焼結させるDMP (Direct Metal Printing)方式の装置です。複雑な形状の金属パーツを短期間で造形可能なProduction3Dプリンターです
    ProX 200 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    3D SYSTEMS / ProX 200 / 金属粉末焼結 140×140×100mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.001〜0.05mm ステンレス・アルミ系等
    価格
    59,800,000円
    この3Dプリンターの特徴
    金属粉末に一層ずつレーザーを照射し焼結させるDMP (Direct Metal Printing)方式の装置です。複雑な形状の金属パーツを短期間で造形可能なProduction3Dプリンターです
    Value3D MagiX MF-2200D メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    MUTOH / Value3D MagiX MF-2200D / 熱溶融積層方式 (FDM) 300×300×300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    最小0.05 mm/最大0.5 mm ABS / PLA / TPC / SB /PVA
    価格
    500,000円
    この3Dプリンターの特徴
    デスクトップモデル3Dプリンタ最大クラスの300 mm四方の造型エリアでより大きな出力が可能です。また、2つのヘッドを搭載しているため、2色造型や異なる材料による異材種造形が行えます。
    MF-2500EP II メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    MUTOH / MF-2500EP II/ 熱溶融積層方式 (FDM) 300×300×300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    最小0.05 mm/最大0.5 mm ABS / PLA / TPC / SB / PVA /
    エンプラ 300℃以内で吐出できる材料に対応
    価格
    918,000円
    この3Dプリンターの特徴
    高温対応した新型ヘッドとテーブルが、エンジニアリングプラスチックの造形を可能に。 大型・高温・高精度。3D造形活用の幅が広がります。
    ULTRA 3SP メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    エンビジョンテック社 / ULTRA 3SP / 光造形 266 x 175 x 193 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    50 – 100 µm ABSライク、ポリプロピレンライク、WAX
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    ABSライク、ポリプロピレンライク、WAXをベースとしたキャスティングができます。それぞれ、目的にあわせた5種類の樹脂を選択できるようになりました。タッチパネル方式で小スペースでの設置が可能な高速光造形機ULTRA(ウルトラ)は、信頼度の高いDLP方式を採用しています。
    Perfactory3 Min f=85 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    エンビジョンテック社 / Perfactory3 Min f=85 / 光造形 100×75×100mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    50μm-100μm 光硬化レジン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    プロジェクター方式で様々な樹脂を造形できます。DDP、DSPシリーズではUV光での造形も可能となります。
    Perfactory Aureus Plus メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    エンビジョンテック社 / Perfactory Aureus Plus / 光造形 60×45×80mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25μm、35μm 光硬化レジン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    プロジェクターランプを光源とした小型機種です。独自のティルティングシステムにより造形時間が短縮できます。DDP、DSPシリーズではUV光での造形も可能となります。
    Perfactory Micro Hi-Res メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    エンビジョンテック社 / Perfactory Micro Hi-Res / 光造形 45×28×100mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    25μm、35μm 光硬化レジン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    LEDを光源とした小型機種です。PSAシステムにより造形時間が短縮できます。
    EOS M290 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    EOS / EOS M290 / 粉末積層方式 250mm x 250mm x 325mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.02 – 0.06mm マルエージング鋼、チタン64、インコネル718
    価格
    77,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    EOS M290 は、軽合金、鋼鉄類から超合金、複合材まで、多岐にわたる材料を溶融して造形できるシステムです。
    EOS M 100 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    EOS / EOS M 100 / 粉末積層方式  -
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
     -  -
    価格
    35,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
     -
    FORMIGA P メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    EOS / FORMIGA P / 粉末積層方式 200mm x 250mm x 330mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.06mm~0.12mm ナイロン樹脂
    価格
    23,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    FORMIGA Pは、最高の表面品質と薄壁などの、微細な形状の再現性能に優れたシステムです。初めて導入するレーザーシンタリング システムとしてもお勧めです。
    RaFaElⅡ 550 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    ASPECT / RaFaElⅡ 550 / RaFaElⅡ 550 480×480×480(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1mm ナイロン樹脂、チタン、ポリプロピレン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    RaFaElⅡ 550の最大の特徴は、大きなワークサイズです。大型部品を分割せずに一体で造形できるようになりました。大型化したにもかかわらず、専用光学系を搭載したことによりビーム径をΦ0.48 mmに絞り込み、微細加工性を改善した生産性世界一のシステムを実現しました。
    RaFaElⅡ 300 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    ASPECT / RaFaElⅡ 300 / 粉末焼結造形機  -
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
     - ナイロン樹脂、チタン、
    ポリプロピレン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    RaFaElⅡ 300は、中型ワークサイズの装置です。レーザービーム径をΦ0.30 mmに絞り込み、クォーツヒーターを搭載することで、さらなる高精細造形を可能にした装置です。
    RaFaEl 150-HT メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    ASPECT / RaFaElⅡ 150-HT / 粉末焼結造形機  -
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
     - ナイロン樹脂、チタン、
    ポリプロピレン
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    RaFaElⅡ 150-HTは、高耐熱樹脂に対応した造形機です。スーパーエンジニアリングプラスチックにも対応し、ASPEX-PPSの造形ができる装置となっています。レーザーのビーム径をΦ 0.22 mmに絞り込むことにより、携帯電話や電子機器等の微細部品をさらに高精細に造形できるようになりました。

    Mcor IRIS メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Mcor Technologies / Mcor IRIS / 紙積層方式 256×169×150(mm)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1mm
    価格
    6,180,000円
    この3Dプリンターの特徴
    本格的 3D カラープリンタ。アンダーカットとサイドウォールだけでなく、パーツとパーツや、画面とパーツの間で、正確でばらつきのない、鮮やかで本物のような色彩を実現します。
    Matrix 300+ メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Mcor Technologies / Matrix 300+ / 紙を積層する新しい方式 A4 用紙:256 x 169 x 150mm
    レター用紙:9.39 x 6.89 x 14.99cm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1 mm (o.oo4in) および 0.19 mm (0.007in、カラー)
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    最も低コストで最も環境に優しい3Dプリンタ。オフィス用品店で購入できる材料を使用して、本格的な3D印刷とラピッドプロトタイピングを行うことができます。

     

    ACCULAS® BA-30H メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    D-MEC / ACCULAS® BA-30H / 光造形 300×300×100mm
    300×300×200mm
    300×300×300mm
    (任意にタンクを選定)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    30~150μm オキセタン系
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    最小30um積層可能で、超微細形状を完全再現。
    ACCULAS® BA-30S メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    D-MEC / ACCULAS® BA-30S / 光造形 300×300×100mm
    300×300×200mm
    300×300×300mm
    (任意にタンクを選定)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    50~150μm エポキシ系
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    中型モデルを美しく、正確に造形。
    ACCULAS® BA-45S メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    D-MEC / ACCULAS® BA-45S / 光造形 450×450×100mm
    450×450×200mm
    450×450×300mm
    (任意にタンクを選定)
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    50~150μm  -
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
     -
    ACCULAS® BA-85S メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    D-MEC / ACCULAS® BA-85S / 光造形 X650×Y850×Z300mmまたは400mm,500mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    100um~350um~600um,
    1um単位で可変(レーザースポット径)
     -
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
     -
    ATOMm4000 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    シーメット株式会社 / ATOMm4000 / 光造形 X400×Y400×Z300mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    最小積層ピッチ25μm
    ※樹脂により異なる
     -
    価格
    23,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    RM-3000の後継機種の位置付けとして、加工サイズを一回り大きくし、価格を大幅に抑えたミドルサイズ造形装置。
    ATOMm8000 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    シーメット株式会社 / ATOMm8000 / 光造形 X800×Y600×Z400mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    最小積層ピッチ50μm
    ※樹脂により異なる
     -
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    D800×W600×H400mmの大型造形エリアを実現。大型モデルも一体造形が可能。また、取り出し易い造形扉3面開放。
    AGILISTA3200 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    キーエンス / AGILISTA3200 / インクジェット方式 297×210×200mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    AR-M2:15µm(高分解能)
    AR-M2:20µm(標準)
    AR-H1:20µm
    AR-G1L/H:30µm
    AR-M2(透明樹脂)、AR-H1(耐熱樹脂)、
    AR-G1L(低硬度シリコーンゴム)、
    AR-G1H(高硬度シリコーンゴム)
    価格
    5,000,000円
    この3Dプリンターの特徴
    高精細3Dプリンターは部品の組付けができる精度で、簡単に使える業務用3Dプリンターです。
    DigitalWax® 009J メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 009J / 光造形 50 x 37 x 90 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    20,304,000円
    この3Dプリンターの特徴
    低価格でハイパフォーマンスを実現した最新機種009Jは、価格・速度・クオリティーの三拍子揃った、仕事で使える入門機として最適です。
    DigitalWax® 020X メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 020X / 光造形 130 x 130 x 90 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    DigitalWax 020Xは、ガルバノスキャナーで造形する最新の造形技法でモデルを作ります。精度・スピード・ランニングコスト全てにおいて最高のパフォーマンスを実現します。
    DigitalWax® 028J メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 028J / 光造形 65 x 65 x 90 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    8,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    卓上タイプの028Jは、繊細な小さなモデルが多いユーザーに最適な機種です。複雑なモデル、繊細な穴、薄い表面なども、造形することが可能な上、ハイスピードな造形を可能にします。
    DigitalWax® 028J+ メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 028J+ / 光造形 90 x 90 x 90 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    9,980,000円
    この3Dプリンターの特徴
    028J-Plusは、028Jをベースにワークスペースを90x90x90㎜に広げた、ミドルレンジの造形機になります。指輪程度のモデルだと、1日(24時間)約150モデルを作ることができます。
    DigitalWax® 029J メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 029J / 光造形 110 x 110 x 100 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    15,800,000円
    この3Dプリンターの特徴
    DigitalWax 029Jは、ガルバノスキャナー方式を 採用。ワークスペースも広いため、大きな造形物の作成や、小さなパーツの量産、サービスビューロなどに適応できます。 また、トレイ可動システム「TTTシステム」を採用しています。
    DigitalWax® 029X メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 029X / 光造形 150 x 150 x 200 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    19,800,000円
    この3Dプリンターの特徴
    DigitalWax 029Xは、ガルバノスキャナー方式を採用し、ワークエリアも150x150x200㎜の造形を可能した機種です。ワークスペースの高さが200㎜ある為、長い造形も可能です。大きな造形物の作成や、小さなパーツの量産、サービスビューロなどに適応できます。
    DigitalWax® 030J メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS / DigitalWax® 030J / 光造形 300 x 300 x 300 mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm レジン、ワックス、アクリル系樹脂
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    造形エリアは、300x300x300mmで工業デザイン等の大きなワークをカバーします。
    広い造形スペースとDWSの中で最速造形スピードを可能にしています。
    TITAN 2 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Hotproceed / TITAN 2 / 光造形 14.4cm × 8.1cm × 高さ25cm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    5μm(最小) レジン
    価格
    600,000円
    この3Dプリンターの特徴
    キレイで速いプロ仕様のDLP光造形3Dプリンター。37-100 ミクロンの高解像度のプリントで幅広い分野における活用ができます。
    Blade-1 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    Hotproceed / Blade-1 / 熱溶融積層方式 (FDM) 100×100×100mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0.1~0.4mm ABS・PLA・ニンジャフレックス(TPE)
    価格
    130,000円
    この3Dプリンターの特徴
    数あるパーソナル3Dプリンターの中でも唯一オール金属製の溶解ヘッドを採用しているのは「Blade-1」だけです。長い間メンテナンスフリーでご使用いただけます。
    X-FAB 2000 メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    DWS Systems / X-FAB 2000 / 光造形 Ø180×180mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    0,01 – 0,10 mm  -
    価格
    要見積り
    この3Dプリンターの特徴
    世界のプロに使われてきたDWS 3Dプリンターに低価格タイプが新発売。産業業界やフィギュア、ジュエリーなどのプロに愛用されてきた「レーザー式・ガルバノスキャン方式」と「豊富な材料」。同方式を採用し、広いワークスペースと綺麗な表面、豊富な樹脂材料、「低価格」を実現した 「XFAB」が新登場。
    B9Creator メーカー / 名前 / 造形方法 造形範囲
    B9Creation / B9Creator / 光造形 104×75.6x203mm
    積層ピッチ この3Dプリンターで使える材料
    20μm キャスタブルレジン
    価格
    750,000円
    この3Dプリンターの特徴
    驚異的な性能は600万円の機種と比べても遜色ありません。宝飾関係、大学研究室、企画開発時の試作品や超小型治具、超精密フィギュアを作成するホビイストまで多くの方々に驚きの声と共に、御利用いただいています。
    【業務利用にもおすすめな3Dプリンターを買うならFabmart(ファブマート)がおすすめ!】
    キャド研と同じ運営の専門店だから安心してお買い物していただけます。

    – 掲載中の3Dプリンターについてお問い合わせいただけます! –

      • お問い合わせの回答は、株式会社VOST運営の3Dプリンター専門店「Fabmart」が担当いたします。
      • 内容によりご回答にお時間いただく場合がございます。
      お名前 (必須)
      例. 佐藤 太郎
      会社名 / 学校名
      例. 株式会社VOST
      メールアドレス (必須)
      例. info@3d-printer-house.com
      電話番号
      例. 03-1234-5678
      お問い合わせ商品 (必須)
      ※ 選択肢にない3Dプリンターは対象外です。お問合せいただいても回答いたしかねます。
      お問い合わせ内容 (必須)

       

      3Dプリンターに関しての関連記事

      3Dプリンターの購入にまだ迷っていると言う方はこちらの記事も参考にしてみてください。

      3Dプリンター用のデータの作り方

      3Dプリンターのデータを作成させる方法は主に3つあります。
      全ての方法である程度の技術力と知識が必要ですので、3Dプリンターを利用するならデータ作成の知識を得ておきましょう。

      3DCADを利用してデータを作成する

      3DCADを利用する

      3DCADを使うと、3Dプリンターのデータを作成できます。
      3DCADで3Dプリンターのデータを作る場合、1つ1つのフィーチャーを組み合わせる形で製品にします。
      フィーチャーというのは、円錐や立方体などのデータであり、このデータをすべて組み合わせる形で最終的に3Dプリンターのデータとして完成させます。
      この3DCADを使うメリットは、寸法が正確に作られる点です。
      他の方法では寸法が上手に作られないのですが、機械部品や自動車の製品にも使われる3DCADであれば正確な寸法でデータを作成できます。
      ただ、3DCADはある程度の知識がなければ作成できないほか、フリーソフトから高額なソフトまで多種多彩なものが揃っています。
      フリーソフトでも十分に3Dプリンター用のデータを作成することができます。

      3DCGツールを利用して3Dプリンターのデータを作成する

      3DCGツールを利用する

      次に3DのCGツールを利用して3Dプリンターのデータを作る方法です。
      こちらはフィギュアなどの曲面が多い製品に対して使われる方法で、角ばった製品を作るのであれば3DCADが向いています。
      CGツールの中には、三角形などを組み合わせて作るポリゴンベースのモデラー、そしてスプラインカーブを使ったモデラーが存在します。
      3Dプリンターに向いているのはポリゴンベースのタイプで、三角形などを次々と組み合わせて製品の形を作り、最終的に納得のいく形に仕上がったら3Dプリンターへ出力させる方法です。
      ポリゴンベースの場合は、フィギュアなどに適した方法で、数字で色々な部分を制御して3Dプリンターのデータを作らなくても大丈夫です。
      誰でも三角形などを組み合わせて面を作り、最終的に納得のいく形になれば3Dプリンターで出力する方法が可能です。
      初心者にも向いている方法で、何度か触っていればCGツールの使い方はわかっていくでしょう。
      3DCADに比べると寸法面でやや粗い傾向にある方法ですが、フィギュア作りなど曲面を多用する製品を作りたい場合は、3DのCGツールを使ってください。
      こちらもフリーソフトが配布されているほか、高額で販売されているソフトもあります。
      最初にフリーソフトで試して、より高い機能を望むのであれば有料のソフトに切り替えるといいでしょう。
      フリーのCGソフトでオススメなのは「Blender」です。

      実物をスキャンして3Dプリンターのデータを作成する

      スキャンして3Dプリンターのデータ作成する

      これは製品が既に存在している場合に使う方法です。
      3Dプリンターの中には、3Dスキャナ機能を持ったプリンターがあります。
      プリンターのスキャナ機能を利用してデータを取り、そのデータをそのまま3Dプリンターで出力して製品を作る方法です。
      この方法は自分でデータを作成できないデメリットを持っているほか、既に作られている製品だけにしか対応できません。
      あまり実物を使ってデータを作るという方法は使われませんが、大量生産などが必要な場合、既に作られている製品をスキャナに入れれば、短時間で3Dプリンターのデータが得られるメリットを持っています。
      最近では低価格帯の3Dスキャナーも販売されており、精度を気にしないのであれば10万円程度で購入することもできます。

      3Dプリンターのデータはサイトに落ちている!?

      どうしても自分でデータを作れない場合は、3Dプリンターのデータをダウンロードで得る方法もあります。
      既にデータを作っている人から、商用で使わない条件で3Dプリンターのデータを受け取るのです。
      3Dプリンターのテストを行いたい方や、自分でなかなかデータを作る時間を得られないなら、配布サイトで3Dプリンターのデータを得てもいいでしょう。
      ただ、決まった製品しか作れないため、自分で作りたいものがあれば自力でのデータ作成を行ってください。

      ■3d CAD DATA.com
      http://www.3d-caddata.com/

      ■Thingiverse
      https://www.thingiverse.com/

      ■Fusion 360 ギャラリー
      https://gallery.autodesk.com/fusion360/


      初心者の方は3Dプリンターに付属している3DCAD、もしくは3DのCGツールを使ってデータを作り、実際に3Dプリンターで出力させてみましょう。
      最初は簡単なデータ作成から入って、複雑なデータを作るのは慣れてから行ってください。
      ある程度の知識と技術力、そして慣れがなければ3Dプリンターのデータは作れません。1つ1つのデータ作成で得られた知識を基に、自分が作りたいデータを作成してみましょう。

      3Dプリンターを体験できる施設

      自分で3Dプリンターを購入することが難しいという個人の方や、導入する前に試してみたいという方、使用頻度が多いわけではないため導入することを躊躇しているという方におススメするのが、3Dプリンターを体験できる施設です。

      3Dプリンター施設①FabLab(ファブラボ)

      アメリカやヨーロッパなどの先進国だけでなく、アフリカや中央アジアといった後進国にも展開されている施設。それが「ファブラボ」です。
      施設内には3Dプリンターのほか、カッティングマシーンやレーザー加工機なども置いてあり、個人で3Dプリンターを購入することが難しい方や、試しに使ってみたいという方におすすめの施設です。
      日本国内では、2011年に鎌倉とつくば市に最初のファブラボがオープンしました。
      現在では、日本各地18か所に施設があります。

      3Dプリンター施設②STARTUP LAB Lagoon(ラグーン)

      沖縄市に誕生した「STARTUP LAB Lagoon」は、創業支援・プログラミングスクール・KozaMakersの3つのサービスを展開しています。
      3Dプリンターを体験できるのはそのうちのKozaMakersで、2時間1,000円で利用できます。
      使用できる3Dプリンターは、MakerBot Rep 5th、MakerBot z18、MakerBot Mini+の3台です。

      3Dプリンター施設③産業技術センター

      全国各地にある産業技術センター、または産業科学技術総合センターなど、公共の施設でも3Dプリンターを利用できます。
      利用条件や利用できる機器については、施設によって違いがあります。利用する前に各施設に問い合わせて確認をしましょう。

      3Dプリンターで作られた住宅の紹介

      3Dプリンターで作られた住宅の紹介

      3Dプリンターを使うと、様々なパーツを組み合わせ、大きな製品も作れます。
      家庭用で販売されている3Dプリンターでは難しいものの、業務用として販売される3Dプリンターの中には、大きなパーツを作成できるタイプも用意されています。
      そんな業務用3Dプリンターを利用して、家を作る動きが進んでいます。
      一見すると難しいように感じられますが、単純な構造の住宅であれば3Dプリンターを作って家を建てられるのです。

      3Dプリンターで家を作るにはどうするのか

      3Dプリンターを使って家を作るには、2つの方法があります。
      1つは3Dプリンターを使ってパーツを出力し、そのパーツを現地に持ち込んで組み立てる方法です。
      パーツの出力を別の場所で行って現地で施工するという形を採用するため、準備期間の間にほぼ全てのパーツを作り上げます。同時に、現地の気象状況などを踏まえて、強度などが足りているのかもデータから算出し、安心して住める住宅に仕上げます。
      もう1つは現地で全ての施工を行う方法です。
      3Dプリンターの中には、建築用に作られている製品もあります。その中にはミキサーの機能を使い、コンクリートで住宅を自動的に施工していく3Dプリンターもあります。この3Dプリンターを使い、どのような住宅にするのかをデータで作成し、現地で3Dプリンターを動かしてコンクリートの家を作っていくという方法です。
      この2つの方法を使えば、3Dプリンターでも住宅を作れます。
      組み上げにかかる時間は1日で、本来の住宅を建てるよりも短時間で済みます。
      その代わりに3Dプリンターのデータを作らなければならず、家のデータをしっかり作って3Dプリンターで出力させなければなりません。
      ただ、コスト面では非常に安く、日本円で40万円程度で作られた住宅もあります。従来の住宅というのは非常に高いコストを支払って作っていますが、3Dプリンターを使えば100万円未満でも住宅を作れるメリットがあるのです。

      3Dプリンターで実際に作った家まとめ

      ここからは3Dプリンターで実際に作った家を紹介します。どのような住宅があるのか見ていきましょう。

      3Dプリンターで出来た住宅①ロシアで建てられた平屋の住宅

      まずはロシアで作られた平屋の住宅を紹介します。こちらはミキサーによるコンクリート製の住宅です。
      3Dプリンターで家を作る際に、コンクリートで自動的に出力させる方法を使い、24時間で完成させた住宅です。
      平屋の1階建てでやや狭いものの、1人暮らしをするには問題のないスペースが確保されています。
      コンクリートで出力された住宅に、窓やドアを入れて住宅の機能を作ります。
      壁は漆喰を採用しているので、耐久性も高くあらゆる気象条件にも対応します。
      この壁は普通に塗装が可能で、最終的には黄色い塗料を使って外壁塗装が施されました。
      手裏剣のような形は住宅としては変わった印象に仕上がっていますが、最低限の機能を備えて住みやすい住宅に仕上げています。
      住宅の費用は約115万円とかなり安上がりです。
      土地の費用は計算されていませんが、土地の価格を踏まえてもそこまで高い住宅ではなく、3Dプリンターを使えばかなり安い価格で住宅を作れるのです。

      3Dプリンターで出来た住宅①アメリカの住宅


      アメリカでも3Dプリンターを使った住宅が作られています。
      アメリカの場合もミキサーを使ったコンクリート製の住宅で、こちらも1階建ての住宅です。まだ3Dプリンターでは2階建て以上の住宅は作れませんが、1階建てで非常に広いスペースを実現しています。
      この住宅も3Dプリンターを使って外観を作成し、それから窓とドアをはめ込んで住宅にしています。
      屋根の強度を上げるため、事前に鉄骨で作られた部分に屋根を設けて、3Dプリンターで出力させた住宅と2つの屋根を作り出しています。
      外側の屋根である程度のスペースの雨をしのげるように作られているので、雨が降っている時も外を眺められる仕組みです。
      住宅の中は大きな窓が数か所設けられている以外、特に変わったものは付けられていません。
      非常にシンプルな住宅に仕上がっています。機能性の高い住宅ではありませんが、こちらも24時間で60平米の住宅に仕上げており、快適な広さは実現しています。
      価格は日本円で大体100万円ですが、将来的には42万円まで引き下げたいと考えており、なかなか住宅を作れなくて困っている方などに役立てたいと考えています。

      3Dプリンターで作った家は耐久性もある程度高く安心感

      3Dプリンターの家は耐久性もある程度高く安心感

      3Dプリンターで家を作るのはかなり難しいように思われますが、実際には出力させる住宅の形、そして必要な3Dプリンターを確保しておけば、100万円程度で住宅が作れます。
      またアメリカやロシア、中国といった3Dプリンターの先進国が作っているだけで、日本では許可が出ていないため家を作れません。
      今後日本でも3Dプリンターを使った家が作られると、低コストで住宅を作れるメリットが生まれるでしょう。
      3Dプリンターを使っているタイプも、コンクリートでしっかり耐久性を確保、漆喰などで湿度対策なども施されています。
      快適かつ安全に住める住宅を低コストで作る取り組みは、3Dプリンターによって始まっているのです。


      3Dプリンターを買うなら、ぜひ「Fabmart(ファブマート)」へ!
      お問い合わせ・ご相談はこちら

      top_bnr_05
      今なら新規会員登録で2,000円相当のポイントをプレゼント中です。全員もらえる、お得なキャンペーンです!
      キャンペーンの詳細はこちら(好評につき期間延長中!)

      おすすめ3Dプリンターまとめ

      今回はおすすめの3Dプリンター達を表でまとめてみましたがいかがでしたか?
      まだまだ3Dプリンターについての記事はあるので、様々な記事を読んで欲し3Dプリンターを見つけてみてくださいね。

      また、3Dプリンターのデータ作成におすすめな高機能なクラウド3DCAD「Fusion 360」もご紹介させていただきました。
      高機能なクラウド3DCAD「Fusion 360」の仕様方法や技術が学べるスリプリの「Fusion360 CAD入門セミナー」も、ぜひ検討してみてください!

      【3Dプリンターを買うならFabmart(ファブマート)がおすすめ!】
       キャド研と同じ運営の専門店だから安心してお買い物していただけます。

      最後までお読みいただきありがとうございました。

      3Dプリンター比較
      最新情報をチェックしよう!