facebook

Fusion 360のお得なキャンペーンはある?無料で使う方法や過去のキャンペーンを解説

オートデスク社が手掛けているFusion 360は操作が直感的で分かりやすく、使いやすいとの声が多いソフトウェアです。ここでは、Fusion 360の特徴やキャンペーン情報などについてご紹介していきます。導入を検討している人は、参考にしてみてください。

Fusion 360について

ここでは、Fusion 360とは何かを説明していきます。

Fusion 360の概要

Fusion 360は、AutoCADなどこれまで多くのCADソフトウェアを開発してきたオートデスク社が手掛けたものです。3DモデリングやCADだけでなく、CAMやCAE、PCBソフトウェアの機能が総合された製品設計、製造向けのソフトウェアとなっています。クラウドをベースとしており、開発から設計、製造に至るまで数々のプロセスを単一のプラットフォームで管理できるため、データの共有化や作業の効率化など様々な面でメリットが期待されています。また、CADの中には習得が難しいものも数多くありますが、その中でもFusion 360はデザインが分かりやすく、直感的な操作ができるため、使いやすさの面でも評価が高いです。

Fusion 360の価格

こちらのソフトウェアを商用利用する場合は、サブスクリプション契約が必要です。買取型のライセンスはありません。価格プランのバリエーションが豊富なため、目的に合わせて最適なプランを選ぶことが可能です。
・3年契約プラン:166,100円(1カ月あたり4,614円)
・年単位プラン:61,600円(1カ月あたり5,134円)
・1カ月プラン:7,700円
設計や3Dモデリングに関する標準機能はもちろん、CAMやCAE、PCB開発プラットフォームに至るまで、多種多様な機能を使うことができます。また、契約期間が長い方が1カ月あたりのコストパフォーマンスが良くなるような料金システムになっています。1カ月プランを3年間継続した場合は総額277,200円になり、3年契約プランにした場合に比べると111,100円も高くなる計算になります。契約する場合は期間をどのタイプにするか、よく検討するようにしましょう。また、加工エクステンションや積層ビルドエクステンションなど、高度な機能を追加したい場合にはプランをカスタムすることも可能です。価格は、どのようなカスタムを行うかで大きく変わってきます。

この他に、次のようなプランも提供されています。無償のプランが多く、社会貢献したい、より多くの人々に使ってもらいたいというオートデスク社の姿勢が読み取れるでしょう。
・無償体験版:30日間無償で利用可能。
・個人用Fusion 360:個人的に趣味で使いたい場合や非商用目的のために、無料で使えるCAD/CAMソフトウェアです。年単位で更新可能。使える機能は基本機能に限定されています。
・スタートアップ企業向けFusion 360:一定の条件を満たす創業3年未満かつ従業員数10人以下の企業の場合、1年間無料で利用可能。全ての要件を満たしていれば、ライセンス延長を申し込めます。
・教育機関向けFusion 360:個人的にFusion 360を使用する学生や教員向けの無償版。教育機関が授業で使用する際にも利用できます。要件を満たす場合はライセンスの更新が可能。
・Fusion 360-Team Participant:追加ユーザー向けのソフトウェアで場所を選ばず情報を共有、レビュー、そして管理することができます。価格は1カ月当たり2,200円です。

Fusion 360のキャンペーン情報

Fusion 360をよりお得に購入するためには、キャンペーンを上手に利用すると良いでしょう。キャンペーンの開催時期は不定期なため、こまめに公式ホームページをチェックする必要があります。2021年10月1日から10月22日までの間はFusion 360が最大20パーセントオフ、そしてFusion 360拡張機能製品が最大30パーセントオフになる期間限定のキャンペーンを行っています。対象は1年契約、もしくは3年契約のみです。1年間のサブスクリプション契約の場合、61,600円が49,280円、そして3年間の場合は166,100円から132,880円になっており、かなりお得な割引サービスと言えます。更新時にこの割引金額は適用されないため、初めて導入する場合はキャンペーンを上手く活用すると良いでしょう。

Fusion 360が過去に行ったキャンペーン

オートデスク社では、過去にFusion 360に関するキャンペーンを何度も行っています。ここでは、過去のキャンペーン情報をご紹介していきます。開催時期が不定期なため、「必ずこの時期に開催される」と断言することはできません。ただ、年末年始の時期に安くなる傾向があるようです。

2021年1月26日17時59分まで

開始時期は不明ですが、Fusion 360の年間ライセンス価格が56,000円(税抜)から37,520円(税抜)に値下げされていました。また、トレーニングガイドが無料でプレゼントされるなど、特典も追加されていました。

2020年9月16日~10月16日

この期間に新規で購入した場合は、最大40パーセントオフの割引が適用されました。対象は、1年間もしくは3年間のライセンス契約のみです。Fusion 360だけでなく、Fusion 360–Team Participantなど、拡張機能を搭載した製品もいくつかこのキャンペーンの対象となっていました。

2018年1月23日~25日

オートデスク公式ストアもしくはオートデスク認定販売パートナーから購入した場合、当時の年間ライセンス料の38,880円(税込)が最大約67パーセントオフになるキャンペーンが開催されていました。

2017年7月11日~14日

2年間の契約が、通常の77,760円から半額の38,880円になるキャンペーンが開催されていました。破格とも言える価格ですが、4日間限定のキャンペーンになっており、利用できた人はかなりのお得感を感じられたでしょう。期間中にオートデスク公式ストアもしくは認定販売パートナーから購入する場合、この特典を受けられたようです。

2016年12月28日~2017年1月6日

この時期には、お年玉セールが開催されました。購入方法はオンラインストアに限定されていましたが、希望小売価格が約86パーセント割引されており、1年間のサブスクリプションを5,292円(税込)で利用することができました。当時、Fusion 360にはStandard版とUltimate版の二種類ありましたが、Standard版のみキャンペーンの対象となっていました。

Fusion 360の操作方法を習得する方法

Fusion 360は直感的に使いやすいとの前評判もあるため、独学で学ぼうと考える人も少なくありません。ここでは、操作方法を習得する方法をご紹介していきます。

公式チュートリアル

オートデスク社の公式ホームページでは、無料の公式チュートリアルが公開されています。ここではスケッチやモデリング、データ管理など、基本的な操作方法を動画で学ぶことができます。自分のペースで進められる便利なサービスです。

YouTubeチャンネル

使い方のヒントなどを、YouTubeの公式チャンネルでも公開しています。新しいコンテンツも常時更新されていくため、チェックするたびに新しい発見があるかもしれません。

公式オンラインセミナー

オートデスク社では、定期的にオンラインセミナーを開催しています。セミナーによって異なるテーマを掲げており、その内容を深掘りしていくため、「もっとスキルを深めたい」「仕事にもっとFusion 360を活かしたい」と考えている人におすすめです。

まずはFusion 360を無償体験版で体感してみよう

どんなにまわりの評価が高くても、自分に合ったソフトウェアであると断言することはできません。Fusion 360には無料で使える体験版もあり、その期間も30日間と長くなっています。まずは一度体験してみて、使い勝手の良さを確認してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!