facebook 世界初!バイオマス素材×3Dプリンターで循環型都市を実現するプロジェクト『Recapture』開始! | キャド研

世界初!バイオマス素材×3Dプリンターで循環型都市を実現するプロジェクト『Recapture』開始!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、有限の資源を利活⽤する循環型都市を実現する”プロジェクト「Recapture」の第一弾として発表した、生分解性酢酸セルロース素材「NEQAS OCEAN」を使用した世界初の大型3DP家具をご紹介します。

建築マネジメント事業 / 不動産活⽤事業 / システム開発事業/飲⾷開発事業の4軸をベースに可能性をつくり続けるデザイン会社、株式会社NODは、株式会社ネクアス、Booleanとともに、”⾃然と⼈間のつながりを捉え直し、有限の資源を利活⽤する循環型都市を実現する”プロジェクト「Recapture」を8⽉31⽇より開始しました。
第⼀弾として、株式会社ネクアスが開発した生分解性酢酸セルロース素材「NEQAS OCEAN」を使用した世界初の大型3DP家具の発表しました。

「Recapture」プロジェクト概要

「Recapture」は、酢酸セルロースをはじめとした⽣分解性バイオマス素材や有機廃棄物などを3Dプリンターによって加⼯・再利⽤し、 循環型の都市づくりを⽬指すプロジェクトです。
これまでの都市空間を構成する要素の多くは、使い終わった後、廃棄や取り壊しをするのが一般的でした。
目指すのは、再利用可能な素材を柔軟なデザインが可能な3Dプリンターを活用し加工することで、作り手がクリエイティビティを発揮しつつ、素材の面から環境負荷の低い都市を作ることです。
「Recapture」は「捉え直す」という意味を持っています。⼈間と⾃然の関係、素材の持つ可能性、都市のあり⽅ など、様々なものを捉え直すことを通じて、未来を創造するという思いを込められています。

大型3DP家具「NEQAS OCEAN」について

本家具は、酢酸セルロースをベースとした「NEQAS OCEAN」を素材とし、3Dプリンターによって作られた世界初の⼤型家具です。
酢酸セルロースとは、木材繊維や綿花等、自然由来の資源を用いた素材です。⾼い⽣分解性を持ち、使い終わった後は⼟に埋めたり、海中に沈めることで、⽔と⼆酸化炭素に分解されます。
酢酸セルロースの⾃然界における分解速度は1年から3年とされており、10年から100年か けて分解される汎⽤樹脂よりも 、早い循環サイクルでの利活⽤が可能です。

本プロダクトに使用している 「NEQAS OCEAN」は酢酸セルロースに可塑剤などを独自技術で配合した、熱成形可能なセルロース系バイオマス素材です。可塑剤には、食品添加剤や宇宙食にも使用される自然、人体への影響のない素材を使用しています。
リモートワークの加速によるオフィス環境の変化や、ごみの最終処分場の残余容量数が限界を迎える中、都市環境の改善に貢献しうると考えています。

今後の展開について

都市全体が再利⽤可能な素材で作られ、3Dプリンター⾃体も⾃然エネルギーを動⼒源とすることで、持続可能な循環型社会の実現に向けて、⾞や船などのモビリティ、住宅やカフェ、商業施設などの建築物、橋やトンネルなどの建造物まで、都市を構成する要素を3Dプリンターと再利⽤可能素材を使って構築していきます。

「Recapture」プロジェクトで発表された、生分解性酢酸セルロース素材「NEQAS OCEAN」を使用した世界初の大型3DP家具に注目です!

最新情報をチェックしよう!