facebook

株式会社サンステラがスマホアプリでデータ転送可能な3Dプリンター「Creality 3D CR-10 Smart」を発売!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、スマホアプリでデータ転送が可能で3Dプリンター「Creality 3D CR-10 Smart」をご紹介します。

コンシューマー向けの3Dプリンター・マテリアルの輸入販売を手掛ける、株式会社サンステラは、スマホアプリでデータ転送が可能で3Dプリンター「Creality 3D CR-10 Smart」を2021年8月に発売開始しました。
「Creality 3D CR-10 Smart」は、革新的な技術を盛り込んだ3Dプリンターです。インテリジェントオートレベリング機能など、3Dプリンターの新世代にふさわしい最先端技術をコンシューマー向けの価格帯で搭載しました。

開発の背景

コンシューマー向け3Dプリンター「Creality 3Dシリーズ」は、中国・深圳に拠点を置くグローバル企業「Shenzhen Creality 3D Technology社」の3Dプリンターブランドになります。
これまでも、組み立てキットで2万円台から購入可能な「Ender3」や、ベルトコンベア式で、細長い形状や複数の造形物を同時に印刷可能な「CR-30」といった製品を通して、廉価でかつ高性能な3Dプリンターを次々と発売し、業界に革命をもたらしてきました。
今回Creality社の日本代理店である株式会社サンステラが販売する「Creality 3D CR-10 Smart」は、近年、様々な技術革新が起こった3Dプリンター業界で、最先端技術を余すところなくコンシューマーユーザーに提供しようと開発された、「次世代のスタンダードモデル」です。
精度の非常に高いインテリジェント自動レベリングなど、廉価機のレベルアップに、また調整が少なく安定造形が可能なことから初心者にも大変おすすめできる製品となります。

特長

「Creality 3D CR-10 Smart」は、Wi―Fi・優先ネットワーク機能搭載で、スマホアプリ「Creality Cloud」よりいつでも印刷できるほか、自動停止機能・格段に進歩したインテリジェントオートレベリング機能、超静音設計など、3Dプリンターの新世代にふさわしい最先端技術を、コンシューマー向けの価格帯で搭載しました。
最先端技術に敏感なギークユーザーもとより、オートレベリングなど調整箇所が少なく安定造形が可能なことから、ビギナーにもお勧めできる3Dプリンターとなります。
主な特長は以下の通りです。

スマホやタブレットで簡単操作

Wi-Gi&有線ネットワーク接続の両方を利用することができます。Creality Cloud APPを使えば、3Dモデルのスライス、プリンターのリモートコントロール、オブジェクトのプリントを、いつでもどこでもスマートフォン・タブレットで簡単に行うことができます。

次世代のウルトラサイレント機構

自社開発の32ビット特許取得済みMuteメインボードは低騒音電源、高効率冷却ファンを搭載されることによりサイレントプリントを実現できました。

刷新されたインテリジェント自動レベリング​

格段に性能が向上したV2.0自動レベリングシステムにより、最初の自動レベリングが完了した後すぐにプリントすることができます。面倒なレベリング作業の手間を減らします。

「Creality 3D CR-10 Smart」スペック

名称 Creality 3D CR-10 Smart
本体サイズ 578 x 522 x 648 mm
本体重量 14kg
プリント技術 FDM(Fused Deposition Modeling「熱溶解積層法」)
プリント精度 ±0.1mm
最大プリントサイズ 300 x 300 x 400 mm
ノズル数 1個
ノズル径 基本径0.4mm
積層ピッチ 0.1-0.4mm
最大プリント速度 180mm /秒
最大ノズル温度 ≦260℃
対応フィラメント 1.75mm PLA、ABSなど
ディスプレイ言語 9か国語 ※日本語非対応
操作システム Windows、Linux、MacOS
ファイル形式 STL / OBJ / AMF
ホット・ベッド あり ≦100℃
自動回復プリント あり
ステージ ガラスベッド
電源 AC100-240V、DC 24V
出荷形態 半組立

 

Wi-Fi/有線ネットワーク対応・インテリジェントオートレベリング機能搭載の〝次世代の3Dプリンタースタンダードモデル”「Creality 3D CR-10 Smart」に注目です!

最新情報をチェックしよう!