facebook

革新的なLFS方式光造形3Dプリンター「Form3」をご紹介!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、Formlabs社のLFS方式光造型機「Form3」をご紹介します。

Form3はLFS(Low Force Stereolithography)テクノロジーを導入した、革新的な光造形3Dプリンターです。
LFS方式とは、新構造のレーザーユニット(LPU)とレジンタンクにより実現した革新的な光造形方式です。LFS方式の採用により、高いレベルでの再現性と安定性を実現し、素早く確実に精巧な造形モデルを手に取ることができます。

商品の購入はこちらから

 

Form3の特徴

最新技術LFSプロセスを搭載した「Form3」は、あらゆる面で“Form2”を超えるハイスペック3Dプリンターとなっています。

1.新構造の移動式レーザーユニット

LPU(Light Proseccing Unit)という移動式レーザーユニットにより、常に造形物に対して垂直にレーザーがあたることで、正確で微細な造形を実現しました。
また、レーザーユニットが取り外し可能なため、Form2に比べ、メンテナンス性が向上しました。

2.フレキシブルレジンタンク

Form3専用のレジンタンク底面には、特殊なフィルムを採用しています。フィルムのたわみを利用し、造形時の剥離力を低減することで、プリント品質とプリンタの安定性が向上しました。
反りや変形を抑えた、正確で安定した造形を実現します。

Form3用レジンタンクの商品ページはこちら

3.ライトタッチサポート

85ミクロンレーザーと新構造レーザーユニットを掛け合わせ、より微細で滑らかな造形が可能となったことで、簡単に除去できるサポート構造を実現しました。 後処理にかかる時間を削減することで、モデルを素早く完成できます。

4.アラート機能

Form3は、20以上の統合的なセンサーを搭載しアラート機能が充実し、オペレーターに寄り添った安心安全な設計です。

5.リモート機能

Form2には搭載されていなかったリモート機能が追加されました。ネットワークに繋がっていればどこからでも造形が可能になったことで、活用の幅が飛躍的に拡大します。

前モデルForm2との違い

造形方式は、SLA方式 からLFS方式へ、レーザー直径は、140ミクロンから85ミクロンへ、造形サイズは、145×145×175 mmから145×145×185 mmへと変更されました。
サポート除去は、タッチサポートから、ライトタッチサポートへとなり、積層間のずれを低減し、表面の粗さがなくなったことで、よりクリアな仕上がりになりました。

同条件でのForm2との比較画像(クリア樹脂)

Form2との互換性について

下記の互換性がある商品においては、Form2、Form3どちらにも共通で使用することができます。

・ プラットフォーム
・ レジンカートリッジ
・ FormWash
・ FormCure

製品仕様

・プリント方式  : LFS(Low Force Stereolithography) 方式
・最大造形サイズ : 145×145×185 mm
・積層ピッチ     : 25-300ミクロン
・XY解像度     : 25ミクロン
・レーザー径     : 85ミクロン
・レーザー出力     : 250mW
・レジン供給システム : 自動
・レジンカートリッジ : 1
・サポート     : 自動生成、ライトタッチサポート
・筐体サイズ     : 40.5×53×78 cm
・重量         : 17.5 kg
・温度調整     : チャンバーヒーティング
・レーザー特性     : 1 Light Processing Unit、EN 60825-1:2007 認証、Class 1 レーザー製品、波長:405 nm、出力:250 mW
・スポット径       : 85 ミクロン
・解像度        : 1280 × 720

 

最新技術LFSプロセスを搭載した、光造形3Dプリンター「Form3」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG