CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  [Fusion 360 事例紹介] とてもおしゃれなセメント鉢

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[Fusion 360 事例紹介] とてもおしゃれなセメント鉢

ティーチャー三谷

公開日:2017.10.10 最終更新日 : 2019.06.14

こんにちは三谷です。

今日は、以前このブログで紹介した(【衝撃映像】Fusion 360で作られた動くケーキ!)へっぽこまるさんからの紹介をいただいた、出川さん(twitterアカウント@aaa_tu)をご紹介します!
Fusion 360の友達の輪です(笑)

出川さんはFusion 360ユーザーで、Fusion 360でとてもおしゃれなセメント鉢を作成されていましたのでインタビューしてみました!
これが実際に作られたセメント鉢です。

007

三谷:まずは、自己紹介をお願いします。

出川さん:普段は機械メーカーで電気/制御系のエンジニアをやっています。

三谷:Fusion 360を使い始めたきっかけは何だったんですか?

出川さん:最近クラウドファンディングで3Dプリンターを手に入れたので、入門しやすそうな3DCADを探していてFusion360を見つけました。

三谷:以前作られたセメント鉢の作成手順を教えて頂けますか?

出川さん:植え替える植物の写真を撮って下絵として実寸サイズで貼り付け、それに合わせて鉢の形を設計してSLICERプラグインを利用して展開図にします。

001

002

003

それから展開図から型を作ります。強度と防水性を持たせるためにダンボールに牛乳パックを貼り合わせて使いました。

004

水はけ用の穴の型もFusionで作って3Dプリントしました(型抜きに苦労したので、もう少し抜きやすい構造にするべきでした)

005

組み立てた型にセメントを流します。セメントは足りなくても余らせても面倒なので、あらかじめCAD上で容積を確認出来るのがとても便利でした。

006

形もサイズもばっちりイメージ通りに仕上がりました。こういうインテリア的な物を作る時は、下絵として人間も配置しておくともっとサイズ感を検討しやすかったかなと思います。

007

三谷:ありがとうございます!
また、何か作られたら是非教えてください!

Fusion360が学べるスリプリセミナー、全国で開催中です。
スリプリ Fusion 360 CADセミナー
スリプリ Fusion 360 CNCセミナー
スリプリ Fusion 360 スーパーアドバンスコース

製造業・法人様向けセミナーもオススメです!
製造業・法人様向けFusion 360セミナー

The following two tabs change content below.
ティーチャー三谷

ティーチャー三谷

多くの企業で3D CAD導入の教育やコンサルティングを行っています。また、Fusion 360セミナーの講師も務めていて、Autodesk社公認のFusion 360の講師です!

スポンサードリンク

Fusion360

月間人気記事ランキング