CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360の使い方(チュートリアル)  >  初めての方でも分かる Fusion 360 CAMの使い方

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

初めての方でも分かる Fusion 360 CAMの使い方

Fusion360で作成した3Dモデルは、「CAM」機能を利用することツールパスを作成しNCデータに変換することができます。
今回は、CAM機能を利用してポケット形状にツールパスを作成し、NCデータ(Gコード)に変換します。


1. まずは、作業スペースを「CAM」に切り替えます。
01


2. 次に、加工原点とストックのサイズを設定します。
[セットアップ]-[新しいセットアップ]を選択します
02

今回は、加工原点は初期値のまま、ストックのサイズはオフセットのを0に設定しました。
03


3. ポケット穴にツールパスを作成します。
今回は、[2D]-[2Dポケット]でツールパスを作成します。
04

まずは、工具を選択します。
ダイアログボックスの「工具」から「選択」をクリックし、工具を選択します。
今回はスクエアエンドミルを選択しました。
05
06

工具を選ぶ際に条件で絞り込むこともできます。
07

「図形」タブでポケット箇所や取り残しなどを設定します。
08

「高さ」タブで移動高さなどを設定します。
09

「パス」タブで最大切削ピッチなどを設定します。
10

最後に[OK]をクリックするとパスが作成されます。


4. 作成したツールパスをシミュレーションで確認します。
[アクセション]-[シミュレーション]をクリックします。
12
13

「ストック」にチェックを入れると取り残しを視覚的に確認することができます。
14


5. 最後に、NCデータ(Gコード)に変換します。
[アクション]-[ポスト処理]をクリックします。
15

ポストプロセッサを選択し、[OK]をクリックします。
16


Autodesk社公認の「Fusion360 CAD入門セミナー」全国で開催中!!
初心者の方でも一からじっくり学べます。
1000名を超える受講者実績!お客様の喜びの声も掲載!

http://3d-printer-house.com/3dcad-campus/


Fusion360のチュートリアル一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

MENU