facebook

金属3DプリンターDesktop Metal Studioシステム2向けのチタン合金新材料「Ti64」とは!?

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、金属3Dプリンターを専門に開発する米国Desktop Metal,Inc.の金属3Dプリンター「Studioシステム2」向けに初めて提供されたチタン合金新材料「Ti64」をご紹介します。

Desktop Metal Studioシステム2で造形したTi64材料によるチタン合金モデル

「Ti64」の概要

チタン合金の中で最も広く使用されているTi64(Ti-6Al-4V)は、高強度、軽量、耐食性、800℃近くの温度に耐える能力を併せ持ち、幅広い用途に最適な材料です。強度対重量比が高いため、航空宇宙および防衛、自動車、石油およびガスなどの業界での高性能生産アプリケーションに理想的な材料とされています。

Studioシステム2のBound Metal Deposition(BMD)テクノロジーにより、切削加工等の従来の方法では作成が困難であった複雑な形状のチタン部品の造形を実現し、造形したTi64パーツは、優れた機械的特性と耐食性を発揮します。また、Studioシステム2は従来の製造プロセスよりも素材の無駄を削減することで、環境に配慮しながらチタン部品をより手頃な価格で製造することに役立ちます。

Ti64材料をStudioシステム2で使用する場合、オプションのデバインダーステーションを利用した溶剤脱脂の工程が必要です。Desktop Metal,Inc.では、デバインダーステーションを使用しない2段階プロセスでの造形実現に向けて、現在、研究開発中です。Studioシステム2の簡単な操作によりTi64材料が造形可能になることで、今後、より多くの産業分野や用途で3Dプリントされたチタン合金が使われることが期待できます。

 

より多くの産業分野や用途でチタン合金の活躍が期待される、金属3Dプリンター「Studioシステム2」向けに初めて提供されたチタン合金新材料「Ti64」に注目です!

最新情報をチェックしよう!