facebook

Inventorを無料で使う方法とは?Inventorの使い方を徹底解説!

こんにちは、斉藤です。

今回はInventorを無料で使う方法を、画像付きで徹底解説していきます。
今後、Inventorの導入を検討している方や、Inventorを導入したけど操作方法がよく分からないと言う方はぜひ参考にしてください。

Inventorとは?

Inventorは、Autodeskが提供するプロフェッショナルレベルの3次元機械設計、図面作成、製品シミュレーションのツール群が搭載された製品開発のための3DCADソフトウェアです。

製造業、特に機械設計向けの専用機能が多く搭載されており、板金設計、配管および配線設計、フレーム設計、金型設計などが行えます。

最初のバージョンがリリースされたのは1999年。世の中にある他の商用3DCAD製品と比較して、後発に分類されます。Autodeskといえば、2D CAD「AutoCAD」の提供も行っており、2次元図面(DWGファイル)との連携ができることがInventorの強みの1つとなっています。

Inventorを無料で使う方法

Inventorの無料体験版は、Autodeskの公式ページからダウンロードすることが可能です。
30日間無料で体験できるので、Inventorの機能を試してみたい方はダウンロードしてみることをお勧めします。

ここからは、Inventorの無償体験版をダウンロードして、実際に使うまでの流れを紹介します。

まずは、下記のAutodeskの無償体験版のページにアクセスします。
https://www.autodesk.co.jp/products/inventor/free-trial
「無償体験版をダウンロード」をクリックします。
Inventorの無償体験版のダウンロード方法1

※体験版を使用できるのは、「windows 64bit」のみとなります。
※ファイルサイズは14GBあります。

「次へ」をクリックします。
Inventorの無償体験版のダウンロード方法2

「ビジネスユーザ」もしくは「学生または教職員」を選択して、「次へ」をクリックします。
Inventorの無償体験版のダウンロード方法3

Autodeskアカウントへのサインインを求められますので、アカウントをお持ちの方は、メールアドレスとパスワードでサインインしてください。
アカウントをお持ちでない方は、「アカウントを作成」をクリックして、アカウントを作成して進んでください。
Inventorの無償体験版のサインイン

サインインを行うと下記のダイアログボックスが開きますので、それぞれの項目を入力して、「ダウンロードを開始」ボタンをクリックします。
Inventorのダウンロード

ダウンロードが開始されますので、ダウンロードされたInventorのexeファイルをダブルクリックして実行します。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されたら、「はい」を選択すると、インストールの準備中の画面が開きます。
Inventorのインストール画面

契約に同意するダイアログボックスが開きますので、内容を確認の上、「次の項目に同意する」のチェックを入れて、「次へ」をクリックします。
Inventorの契約画面

製品と、コンテンツをインストール場所をそれぞれ選択し、「次へ」をクリックします。インストール場所の変更が必要ない場合はそのまま「次へ」をクリックしてください。
Inventorのインストール場所の選択

追加のコンポーネントを選択する画面が出来きますので、必要なコンポーネントを選択して、「インストール」をクリックします。
基本的な機能を確認したい場合は、全てのチェックを外していただいても問題ありませんが、部品ライブラリを使用したい場合は、「Inventorコンテンツライブラリ」にチェックを入れることをお勧めします。
Inventorの追加コンポーネントを選択

Inventor Professional のインストールが始まります。
Inventorのインストール

インストールが完了したら、「開始」ボタンをクリックします。
Inventorのインストールの完了

Inventorが立ち上がりますので、インストール時に使用したAutodesk ID(Autodeskアカウント)でサインインします。
Autodesk IDでログイン

「学習を開始」もしくは「作業を開始」を選択します。
「学習を開始」をクリックすることで、基本的な機能を確認しながら学習することができます。
「作業を開始」をクリックすることで、CADの操作画面に進みます。
今回は「作業を開始」を選択します。
Inventorの作業を開始

「新規作成」の中の「パーツ」を選択します。
Inventorを開始

CADの操作画面が表示されました。
ここまでで、Inventorの無償体験版をダウンロードしてInventorを開始するところまで進みました。
簡単な使用方法については、この後のInventorの基本的な使い方をご覧ください。
Inventorの開始

Inventorの使い方

Inventorの基本的な使い方について紹介していきます。
まずは、Inventorを立ち上げます。

Inventorを立ち上げた後、新規作成の中の「パーツ」を選択し、CADの画面を開きます。
Inventorの立ち上げ

下記のモデルを参考に、基本的な操作ステップをご紹介します。
Inventorの基本的操作ステップ

操作ステップ

  1. 2Dスケッチを描く
  2. 3Dモデルを作る
  3. フィレット・面取りをつける
  4. 穴をあける
  5. シェルで中抜きをする
  6. ファイル名をつけて保存する

① 2Dスケッチを描く

左上の[2Dスケッチを開始]をクリックします。
スケッチを描くための平面を選択します。

[スケッチ]-[線分]のコマンドを選択し、スケッチを描きます。
Inventorのスケッチ

描いたスケッチに[寸法]のコマンドで寸法をつけて数字を入力することで、形を整えることができます。線を整えたら、[スケッチを終了]のコマンドでスケッチを終了します。
Inventorのスケッチの終了

② 3Dモデルを作る

右上の家のマーク(ホームビュー)を押すことで、視点を変えることができます。

(参考)その他の基本的な画面操作

  • [shift]+[マウスのホイールボタン]を同時に押すことで、視点を回転
  • ホイールを回すことで拡大縮小
  • ホイールボタンを押し込んでマウス移動で、平行移動
  • 右上のサイコロをクリックすることで、見たい方向へ移動
    Inventorの操作
[3Dモデル]-[押し出し]で先程のスケッチを選択することで、スケッチを3D化することができます。
Inventorのスケッチの3D化

③ フィレット・面取りをつける

[3Dモデル]-[フィレット]のコマンドで、丸みを付けたいエッジを選ぶことで、まとめてフィレットをつけることが可能です。
Inventorのフィレット

同様に、[3Dモデル]-[面取り]のコマンドで、面取りを付けたいエッジを選ぶことで、まとめて面取りをつけることが可能です。
Inventorの面取り

④ 穴をあける

続けて、作成されたモデルに穴をあけます。
[3Dモデル]-[穴]のコマンドを選択し、ダイアログボックスの中の、位置の項目の右側にある「中心点の作成をオン」のボタンを押して、穴をあけたい場所をクリックします。
Inventorの穴あけ

⑤ シェルで中抜きする

[3Dモデル]-[シェル]を選択し、取り除きたい面を選択することで、3Dモデルを中抜きすることができます。
Inventorのシェルで中抜き

⑥ ファイル名をつけて保存する

最後にファイル名をつけて保存します。
[ファイル]-[名前を付けて保存]を選択し、ファイル名をつけて保存します。
Inventorのファイル名を付けて保存

以上が、Inventorの基本的な操作方法でした。

CADの初心者がやった方がいいこと

CADの初心者がやった方がいいことを、2つご紹介します!
ものづくりに興味があったり、様々な理由でCADを始めたいと思われた方は是非実践してください!
初歩的なことが多いですが、とりあえず行動に移しておけばCADマスターへの道も近いです!
始めはこの2つを実践してから、次のステップに進むことをおすすめします。

CADの初心者がやった方がいいこと① とりあえずソフトのダウンロード

まずはこれに限ります!ソフトの操作方法を考えるより、とりあえずCADのソフトウェアのダウンロードです!(笑)
CADソフトをダウンロードしない限り、ずっと図面作りが進みません…
また、CADソフトを実際に使わないと、CADでの疑問も生まれません!
CADのスペシャリストに会えたとしても、CADソフトを触ったことがないと何も質問できないんですよね!
そこでおすすめCADのソフトウェアですが、

  • 2DCADを始めたいなら → AutoCAD
  • 3DCADを始めたいなら → Fusion 360
  • 建築用3DCADを始めたいなら → Revit

この3つが特におすすめのCADソフトになります!
2DCADを始めたい方は、CADソフトシェア率No.1のAutoCADを使っておくのがやはり安定ですね!
3DCADを始めたい方は、非商用利用なら無料、商用利用でも年間7万円前後で利用できるFusion 360がかなりおすすめです!
無料で使えるならとりあえず取得しておくしかないですよね!
この3つのソフトはどれも、Autodesk社が出しているCADソフトなのですが、Autodesk社のソフトウェアは基本的にビューが分かりやすいので初心者でも溶け込みやすいです!

CADの初心者がやった方がいいこと② 手っ取り早く講座を受けてしまう

自分でCADを練習しようにも操作が全く分からない!作図や設計の基礎も知らないから上手くいかない!なんて時もあると思います。
独学があまり好きじゃない、上手くいかないと言う人は手っ取り早くCADの講座を受けてしまうのもおすすめです!
CADは一見初心者向けの講座なんてなさそうですが、全くCADが分からない人でも受けれる講座があるんです!
私のイチオシのCADセミナー講座は、

こちらの3つが、主におすすめの初心者向けCAD講座になっています!
AutoCAD基礎セミナーは、その名の通りAutoCADを使った2DCADの基礎を教えてくれる講座で、今後、2DCADを仕事で使い方におすすめのセミナーです。
Fusion 360セミナーは、Fusion 360を使った3DCADの講座で、3DCADを使ったことがない方でも2日間のセミナーで業務レベルの3DCADスキルを身につけることができるセミナーです。

Revitセミナーは建築用3DCADの講座です。
Revitの操作を習得することで、実際の業務でBIM/Revitを活用できるようになるおすすめのセミナーです。

どのセミナーも初心者向けで、CADが全く分からなくても受けられる講座なので安心です。
しかも最後には資格が取れるほどの経験までさせてくれるので、初心者から成りあがるにはセミナーが一番手っ取り早いです。
また、もちろん一人で行かなくてもいいんです!心配なら職場の方や友人と一緒に行っても大丈夫なのが嬉しいですね。

最新情報をチェックしよう!