解析ソフトウェア「CAE」を徹底解剖するページ

解析ソフトウェア「CAE」を徹底解剖するページ

CAEとはComputer Aided Engineering の略で、一般的に「解析」の意味で使われています。
CAEの「Engineering」は、「きちんと機能するよう設計する」「機構・構造設計」といった意味合いがあります。
3DCADデータによる「ものづくり」の中で、設計・開発を完結させるには、
CADだけではなくCAEの活用が欠かせません。

>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG