CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  ANSYS Discovery Liveとは?概要をまとめてみました!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

ANSYS Discovery Liveとは?概要をまとめてみました!

CAD/CAM/CAE 研究所

公開日:2019.05.29 最終更新日 : 2019.05.29

CADと統合されたCAEソフトウェア「ANSYS Discovery Live」とは?


「ANSYS Discovery Live」は製品開発のプロセスを短縮することができるCAEソフトウェアですが、その機能が気になるところですよね。
今回は、ANSYS Discovery Liveの基本情報について詳しく解説していきたいと思います。

概要


「ANYSIS Discovery Live」は、3DCADデータに材料タイプなどを入力することで、性能の変化を瞬時に確認することができます。形状の準備やメッシュ分割、ポスト処理の必要がなく、処理の待ち時間も短いため、設計プロセスの迅速化・効率化を図ることができます。
また、統合されているCADソフトウェア「ANSYS Discovery SpaceClaim」を使用する事で、モデリングしながら瞬時に3Dシミュレーション結果を得られ、設計の探求を通じた素早い製品開発を可能にします。
短期間に設計の反復試験をより多く実施することで、コンセプトの実現可能性調査を実施し、製品をより早く市場に届けることが可能になります。
また、「ANYSIS Discovery Live」は、「Creo Simulation Live」という製品名で、PTC社のCADソフトウェア「Creo」にも統合されています。

機能

ANYSIS Discovery LiveはCAE機能に加えて、統合されたCAD機能の両方が利用可能です。また、面倒なメッシュ作成も自動で行うため、作業の効率化が可能です。
画面上のクリックのみでほとんどの設定が可能なため、操作方法も覚えやすく操作性抜群です。また、データに欠落があっても解析が可能なのも嬉しいポイントです。
デザインによって解析が可能なので、短期間でアイデアを具現化し商品として開発したいという企業に最適なツールとなっています。

簡易CAD機能
(SpaceClaim)
3Dモデル作成
形状測定・分析
形状修復
CAE用モデル作成・編集
STL修正・編集CADモデルデータ読込・出力
簡易CAE機能 構造解析(線形静解析、モーダル解析)
伝熱解析(定常伝熱、過度伝熱、熱伝導、熱伝達)
流体解析(非定常流れ。単相流流れ、非圧縮性流れ、乱流、自然対流)
部品間接触、材料定義
メッシュ作成 GPUによるメッシュの自動作成

(ラティス構造など従来はメッシュ作成が困難であった場合でも対応可能。)

動作環境

ANSYS Discovery Liveの動作環境は以下のとおりです。導入する前に必ず確認するようにしてください。

OS Windows 10 64bit
Windows 8 62bit
Windows 7 64bit
CPU IntelまたはAMD
RAM 最小4GB
GPU 推奨Maxwell 2000以上のQuadro
VRAM 最小4GB/推奨8GB以上

導入事例

・Airloom Enegy社
車の開発に際し、エンジニアがDiscovery Liveの速度を生かすことで、開発プロセスの初期段階で様々な設計案を模索することが可能になりました。
車体周りの外部気流から同じ車体に作用する力へと解析タイプを切り替えるのも瞬時に行うことができ、エンジニアシミュレーションの活用方法が飛躍的に進歩しました。
Discovery Liveを取りいれることで、従来は入手できなかったリアルタイムでの解析結果を製品開発の初期プロセスにおいて活用することで、後期プロセスにおける設計変更により発生する高額な費用負担を回避することができるようになりました。

製品パッケージ

ANSYS社は、「ANSYS Discovery AIM」、「ANSYS Discovery SpaceClaim」、「ANSYS Discovery Live」の3つのツールを「ANSYS Discovery Family」と総称しています。
ANSYS Discovery Familyの提供形態は、3つの製品パッケージに分類されており、SpaceClaimのみを利用することができる「ANSYS Discovery Essentials」、SpaceClaimとLiveを利用することができる「ANSYS Discovery Standard」、AIMを含めたすべてを利用できる「ANSYS Discovery Ultimate」に分けられます。
そのため、Liveを使用するためにはANSYS Discovery StandardもしくはANSYS Discovery Ultimateを購入する必要があるという点に注意が必要です。

Discovery SpaceClaim 直観的で簡単なダイレクト3Dモデリングが可能。シミュレーションや製造加工用にジオメトリを作成、編集、修復することができます。
Discovery Live リアルタイム・シミュレーションにより手軽に設計検討を加速する新しいジャンルのシミュレーションツール。
Discovery AIM ガイド付き操作フローで優れた操作性を実現。正確な解析結果や最適化機能まで対応した設計者向けのシミュレーションツールです。

パッケージ ツール

ANSYS Discovery Essentials SpaceClaim
ANSYS Discovery Standard SpaceClaim,Live
ANSYS Discovery Ultimate SpaceClaim,Live,AIM

購入方法

Discovery Liveは年間契約のサブスクリプション方式で販売されており、ANSYS社の代理店などから購入することが可能です。
また、アンシス・ジャパンのWebサイトからアカウントを登録することで、15日間の無料トライアルをすることも可能です。
価格などの詳しい情報は、ANSYS社のWebサイト内にあるANSYS Discovery Liveのお問合せページから確認してください。

圧倒的なスピードを誇るシミュレーションツール

Discovery Liveについてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
非常に高速なシミュレーションにより、製品の開発プロセスが飛躍的に効率化されるというだけでなく、その操作容易性も魅力的なソフトウェアです。
開発の初期段階で様々なシミュレーションを行いたいという方には最適の製品となっています。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
CAD/CAM/CAE 研究所

CAD/CAM/CAE 研究所

CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新しているポータルサイト「CAD/CAM/CAE 研究所」の管理人がお届けするピックアップブログです!ものづくりに関するニュースや技術情報をご紹介します!
タグ: 

スポンサードリンク

Fusion360

月間人気記事ランキング