工業用FFF方式3Dプリンター「Guider2s」販売開始へ!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、APPLETREE株式会社が販売開始した工業用FFF方式3Dプリンター「Guider2s」をご紹介します。

 

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAppleTree株式会社が、2019年11月22日に工業用FFF方式3Dプリンターの新製品「Guider2s」を販売開始しました。
Guider2sは、FLASHFORGE社が新しくリリースした工業用FFF方式用3Dプリンターで、W280*D250*H300mmという大きな造形サイズを兼ね備えています。

「Guider2s」製品情報

1.エンジニアリングプラスチックの出力が可能

ノズルは300℃までの加熱に対応しているので、PAやPCといった高温が要求されるエンプラ素材の出力も可能です。耐熱性や耐衝撃性などに優れており、強度が必要な治具や、機能確認用モデルも造形することができます。

2.停電時に自動停止し、復旧後に再開可能

停電などの原因によってプリント中に電源が強制的に終了してしまった場合、保護機能が働き、自動でプリントが停止されます。その後、電源を再度つけた際には、自動停止された位置から造形が再開可能なため、材料も時間も無駄にはなりません。

また、本体に内蔵されたバッテリーにより、停止時にはノズルとモデルが自動で離れます。そのため、ノズルによってモデルが損傷することもありません。

 

3.エアフィルターを搭載

エアフィルターが搭載されているため、効果的に粉塵や嫌な臭いをろ過することができる。
ABSの嫌な臭いなども気にすることなく、安心して使用することができます。

 

4.カメラによる造形中の監視ができる

カメラが本体に搭載されているので、離れたところからでもプリントの監視ができます。
印刷中の様子をいつでも見れるので、進捗もすぐ確認できます。

 

5.とても簡単なキャリブレーション

ノズルのレベリングセンサーは、プラットフォームとノズル間の距離を正確に測定できます。
画面の指示に従って、プラットフォームのレベリングを簡単に調節することができます。

製品仕様

 

 

大きな造形やエンプラ素材の出力が可能な工業用FFF方式3Dプリンター「Guider2s」に注目です!

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG