facebook
PLM

【2022】PLMのWindchill(ウィンチル)とは?評判・導入企業事例

Windchillは、製品ライフサイクルを管理できるPLMシステムを活用することで、業務改善やコストの削減が期待されています。

これからPLMシステムの導入を検討されている企業の中には、「そもそもWindchillで何ができる?」「Windchillを導入するメリットはあるの?」「Windchillを導入している事例を知りたい」といった疑問をお持ちではないでしょうか?

そこで今回は、Windchillの特徴と機能を解説します。また、メリットや導入事例を把握することで、導入後のイメージが明確になるでしょう。

Windchill(ウィンチル)とは?

Windchill

Windchill(ウィンチル)とは、PTC(パラメトリック・テクノロジー・コーポレーション)が提供する製造業の製品開発において必要な情報管理を行うシステムです。正式には「PTC Windchill」とも呼ばれています。

製品の企画から生産までのワークフローや部品表、コスト管理、品質管理ができる機能が備えられています。Windchillの導入によって、後戻りのない設計や開発が可能になるため、生産性の向上を期待できます。

Windchill(ウィンチル)の特徴

Windchill(ウィンチル)には、製品データの一元管理機能とCAD・BOMの連携機能があります。Windchillを上手く活用するためには、まずは特徴を知ることが大切です。それぞれの特徴について解説します。

製品データの一元管理機能

Windchillには、社内で管理している製品や技術に関する情報を一元管理できる機能があります。製品開発に欠かせないCADデータや文書を一括でコンテンツとして作成可能です。

また、業務プロセスにおいて変更が生じた場合は、最新情報に対して変更履歴が残せるため、容易に社内共有ができます。連絡の遅延防止につながることから、情報共有で発生する問題の解消も期待できるでしょう。

Windchillでは、PLMシステムによるBOMから設計、販売のサイクル管理、業務プロセスの可視化まで実現可能です。結果的に、業務の効率化や作業時間の短縮で本来すべき業務に集中できます。

CADとBOMの連携機能

Windchillには、複数のCADと連携しながら作業できたり、BOMを自動更新できたりする機能があります。Windchillがあれば、アクセスしたいCADデータを素早く見つけられるため、探す手間が省けます。

また、CADデータをWindchillに登録すると、構成管理データからBOMの作成が可能です。一から手作業でBOMを作成せずに済むため、ミスを防止できます。

従来のBOMの作成には、複数のデータが必要であることからミスが生じると、関係者に連絡しなければなりません。データの一元管理は、製品開発において非常に重要な要素であるため、WindchillのPLMシステムで管理するのがおすすめです。

Windchill(ウィンチル)の便利な機能

Windchill(ウィンチル)には、主に次の機能が備えられています。

  • キーワード検索機能
  • 文書管理機能
  • 閲覧機能
  • CADデータ集約機能
  • 変更管理機能
  • 工程管理機能

ここでは、Windchillで使える便利な機能について解説しましょう。

キーワード検索機能

Windchillには、特定のキーワードや条件から素早くデータを参照できる検索機能があります。必要なときに欲しいデータを簡単に見つけられるため、1つのデータを探し回る時間を短縮できます。

他にも、属性やフォルダ、ネットワークから検索できる機能が便利です。作業をスムーズに進められるため、無駄に残業時間を増やさないメリットがあります。

文書管理機能

Windchillでは、MicrosoftのWordやExcel、PDF、スプレッドシートで作成した文書管理が可能です。Windchillにファイルをアップロードするだけで管理ができるため、業務に必要なデータを一元管理できます。

また、アップロードした文書には、自動的に番号や属性が割り当てられるため、他のデータと親子関係にしたり、BOMと紐づけたりすることが容易になります。

紙ベースで文書管理を行うデメリットは、手作業によるファイリングや保管場所の確保の問題が発生します。急いでいるときに欲しいデータを探す手間が発生するため、本来すべき業務に集中できません。

また、Windchillには、アップロードされたすべての文書を意味する「プライマリコンテンツ」と添付データとなる「セカンダリコンテンツ」があります。ちなみに「セカンダリコンテンツ」は、管理できるファイルに制限があるため、取り扱いに注意しましょう。

閲覧機能

Windchillに登録したCADデータや文書から、自動的に閲覧データが生成されます。特定のCADやアプリケーションを利用せずに、文書や図面を参照できる機能があります。

データを視覚的に閲覧できたり、変更履歴をデータ上に残したりすることが可能です。図面作成において変更履歴は、今後の生産に大きく影響を及ぼすため、厳格な管理が求められる非常に重要な要素の一つです。

また、Windchillに登録した3Dデータから設計用のBOMを自動生成できるため、類似製品と比較したいときに閲覧できます。製品名だけではなく、外観を視覚的に確認できるため、別のページで検索する手間が減ります。

BOMの編集時に閲覧機能を利用すると、テキストだけではわかりにくいデータも直観的に見やすくなるでしょう。

CADデータ集約機能

Windchillには、複数のCADデータを集約できる機能があります。一般的に企業で使用されているCADは複数あることから、情報を一元管理するためにWindchillの集約機能が役立ちます。具体的には、機械系や電気系のCADに登録されている設計情報やBOMを一つのシステムで管理できます。

一つの製品を作るときには、一般的に複数のCADが使用されており、特に部品のデータや設計情報においてミスは許されません。正確な情報共有は必要不可欠ですが、手作業によるミスは必ずあります。

一つの図面に関連するデータだけでも膨大な量になるため、途中で修正や変更が入ったときの管理が大変です。従来の紙の図面やExcelで管理すると、どうしても一つの作業に時間がかかりがちです。WindchillにCADデータを集約すれば、いつでも情報共有が可能になります。

変更管理機能

Windchillで管理しているデータを変更する場合は、変更に関する情報をもとに、原因や対策、変更に至るまでのプロセスを管理できます。後で見返したときに変更を行った理由を参照できるため、今後の製品開発に役立ちます。

Windchillには、変更管理に役立つワークフローのテンプレートが用意されているため、一から作成する手間がかかりません。変更管理機能を使用する際は「問題レポート」で問題提起を行い、「変更リクエスト」で変更を促したら「変更通知」で変更の実施を連絡します。

最終的に変更内容の詳細はレポートでまとめられるため、Windchillで変更管理を完結できます。変更管理の報告を求められたときに素早く対応できるため、レポートを作成するときにおすすめです。

工程管理機能

Windchillの工程管理機能では、業務上で発生する承認依頼や出図までのプロセスを可視化できます。Windchillのワークフローを使用すると、業務の進捗状況を指定のメールアドレスに送信されるので、社内で業務管理が容易になります。

すでにWindchillにあるテンプレートで工程管理はできますが、新たに作成することも可能です。既成のテンプレートでは、優先度が高い業務を通知したり、次の段階へのプロモートも自動で行われたりするため、業務進行の抜け漏れがなくなります。

Windchill(ウィンチル)を導入するメリット

製造業でWindchill(ウィンチル)を導入すると、次のようなメリットを得られます。

  • 手作業によるミスを削減できる
  • コストを削減できる
  • 業務プロセスを改善できる

Windchillのシステムを活用すると、顧客のニーズに迅速な対応が期待できます。それぞれのメリットを解説しましょう。

手作業によるミスを削減できる

Windchillでは、製品のライフサイクルに関する情報を一元管理できることから、高品質の製品開発が期待できます。

顧客が求める製品の品質を保つためには、高度な品質検査や品質管理が求められます。従来の業務プロセスでは、現場に負担を強いてしまうため、労働時間を増やしてしまいます。

しかし、WindchillのPLMシステムを導入することで、データを集約して誰でも閲覧できる仕組みがあれば、手作業によるミスを削減できます。

誰にでもできる業務をシステムで自動化することで、業務の効率化と生産性の向上を目指します。後戻りせずに製品の品質向上に集中できるため、高品質な製品ができるのです。

コストを削減できる

Windchillでは、製品の企画から生産、廃棄までの間に発生したコストを一元管理できるため、余分なコストの削減につながります。余分なコストが上乗せされた価格の製品を顧客に提供するということは、実際の価格よりも高額になります。

特に、組織体制が大きい企業の場合は、小さなコストに気づきにくいため、コストの最適化が欠かせません。また、必要のない経費を知らないうちに使っている場合は、結果的に利益を減少させる原因になります。

WindchillのPLMシステムを利用すると、今まで見えなかった無駄なコストの発見や業務時間の短縮による人的コストの削減が可能です。

業務プロセスを改善できる

WindchillのPLMシステムでは、製品ライフサイクルに関わる情報を一元管理できるため、従来の紙ベースで発生していた作業から解放されます。

紙ベースで管理すると、印刷したり、人数分の資料を用意して配布したりする工程が必要です。紙で保管すると、経年劣化で文字が見えなくなる可能性があるため、情報管理のリスクが潜んでいます。

特に紙の図面は、製品開発に関わる部署まで持っていく必要があるため、無駄に移動時間が発生します。紙の図面を正式なものとして取り扱う場合は、保管場所をレンタルしたり、Excelなどで図番を管理したりしなければなりません。

しかし、データ上で管理ができれば、迅速に情報共有が可能になるため、印刷にかかるコストや手作業によるミスを削減できます。設計担当者の手間が減るため、業務プロセスの改善を期待できます。

Windchill(ウィンチル)の導入企業事例

製品開発の情報を一元管理できるWindchillを導入している企業は、数多く存在します。今回は、3社の導入事例についてWindchillの導入に至った背景から結果までを紹介しましょう。

オムロン ヘルスケア株式会社

健康機器の開発と販売を行うオムロン ヘルスケア株式会社では、グローバル展開に伴う設計と開発の複雑化に対応するための課題がありました。具体的には、紙ベースの図面に対する承認作業や変化の激しい法規制に対応できる仕組みの構築が急務だったため、Windchillの導入に至りました。

現在では、文書管理やCADデータの管理、BOM情報と他のシステムとの連携が実施されています。グローバル化の障壁をなくすために紙ベースの情報を電子化にしたことで、工程が大幅に激減し、本来の業務に割く時間を生み出しています。

また、Windchillの導入により、法規制の対応と変更管理が可視化できるため、監査による指摘の減少が見込まれています。

マブチモーター株式会社

小型モーターに特化した電子機器を取り扱うマブチモーター株式会社では、国内外に拠点を展開していることから分散された情報の一元管理が課題でした。

課題を解消するためにWindchillを導入した結果、製品の品質の担保と業務プロセスの効率化の構築に成功しています。複数の異なるシステムを1つにまとめたことで、業務の可視化と情報共有が容易になりました。

マブチモーター株式会社では、電子機器以外に玩具や工具、医療機器の分野の製品開発を展開しています。蓄積された情報を活用しながら今後の製品開発を進める方針です。

また、同社は、Windchillに実装されていない追加機能として、国際規格に準拠した作業指示を行う工程管理の自動生成システムの開発に成功しています。

日本特殊陶業株式会社

全世界で事業展開を行う日本特殊陶業株式会社では、かつて紙による図面をもとに製品開発を行っていました。CADで作図したデータを印刷して製造部門に渡すプロセスで事業を維持していましたが、品質向上や業務効率の向上を実現するためにはデータによる管理に注目しました。

従来では紙の図面を正式な文書として採用していたため、設計者はCADデータを指定のフォルダに格納して完了としていました。しかし、特定の図面を探す手間が発生したことから、Windchillの導入に至りました。

導入により、業務プロセスの改善とBOMの構築による管理を実現しています。印刷にかかるコストの削減や保管スペースの確保の問題も解消されつつあります。

まとめ

Windchill(ウィンチル)の特徴から企業の導入事例について解説しました。

Windchillでは、製品開発に関するデータの一元管理や文書の電子化の実現による業務改善が期待できます。さらに、コストの最適化による無駄な経費の発見と削減に役立ちます。

これからPLMシステムの導入を検討されている方は、この機会にWindchillの導入を考えてみてください。

最新情報をチェックしよう!