facebook ExtraBoldが大型3D積層造形機EXF-12の量産機を発表へ! | キャド研

ExtraBoldが大型3D積層造形機EXF-12の量産機を発表へ!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、大型3D積層造形機の量産機「EXF-12」を紹介します!

株式会社ExtraBoldが、昨年すでに発表している量産試作機をベースに、工業用グレードのペレット材が使える樹脂押出方式の大型3Dプリンター、3D積層造形機の量産機「EXF-12」を発表しました。販売開始は2021年9月からを予定しています。

「EXF-12」概要

EXF-12は、樹脂ペレット材を射出成形スクリューを利用した独自設計のヘッドにより熱溶解押出積層造形する方式の製造業向け工業用グレードの大型3D積層造形機です。一般的な樹脂ペレットやリサイクル樹脂ペレットも材料として利用可能です。低コストでの大型造形を実現した今回リリースする量産機は、開発から製造までALL JAPAN MADEによる製造業向けの工業用グレードマシンです。
一般的に普及している小型の3Dプリンターや実験機レベルの類似方式の3Dプリンターの
1) 造形時間がかかる
2) 造形可能サイズが小さい
3) 材料の選択肢が少ない
4) 製造業向けではない
といった課題の解決を目指しました。

量産機の特徴

EXF-12量産機の特徴

・射出成形スクリューを応用した独自開発の3Dプリントヘッドで最大15kg/1hの安定した高速造形を実現しました。
・量産機用に新規設計した高剛性フレームとボールねじ、そしてFANUC制御により安定した動作を実現しました。
・樹脂収縮を極力抑える専用設計のチャンバールームにより、造形エリアの温度をコントロールします。
・様々な汎用の樹脂ペレット材やリサイクル樹脂ペレット材も利用可能です。
・造形可能サイズは最大で1700mm x 1300mm x 1000mmです。

量産機の製造に際して

安定した量産を進めるため、小橋工業株式会社のグループ会社であるKOBASHI ROBOTICSへ量産体制の構築および量産機の製造を委託しました。同社は、開発から試作、量産・物流まで、ものづくりの各プロセスを包括的に支援するサービスを提供しており、同社の工場にて、エクストラボールドの技術メンバーと共に量産機を製造しています。KOBASHIグループの協力により、品質の高い工業用グレードの大型3Dプリンターの量産化に成功しました。

また、金沢を拠点にものづくりに取り組む話題のクリエイター集団seccaに外装デザインを依頼しました。洗練された外装デザインはもちろんのこと、使い勝手の良い操作性を配慮したハードウェアインターフェースなどの監修を担当してもらいました。

ターゲット市場と今後の見込み

「EXF-12」は、自動車などのパーツや家具などそのまま製品として利用することはもちろん、住宅関連、大物の樹脂型、鋳造などのマスターモデルなどでの活用も想定しています。すでに、第一号ユーザーとして、愛知県の自動車関連部品や試作金型メーカーの株式会社前田技研から先行受注していて、9月に納入予定をしています。
2022年度は10台を予定しており、まずは国内市場をターゲットに近い将来に、海外への販売も計画しています。

 

株式会社ExtraBoldが発表した、純国産の工業用グレードの大型積層造形機EXF-12の量産機「EXF-12」に注目です!

最新情報をチェックしよう!