facebook ネスティングと板金加工の流れについて解説 | キャド研

ネスティングと板金加工の流れについて解説

ネスティングとは

切断機を用いて、木材や金属などの板から部品を切断して取り出すために、CADを用いて板の上に部品を並べる作業を指します。ネスティングを行うことにより、無駄な材料が少なくなり歩留まりが向上するため、製作コストを削減することが可能となります。

生産品の安定性をはじめ、設計変更のしやすさ、金型の強度、生産性などを踏まえて部品の配置を検討し、設計効率を上げるためにネスティングの部品配置は、手動で行う場合もありますが、ソフトウェアを活用して自動で行われることも増えてきました。

通常はCAD担当のオペレーターが手動で行いますが、この作業を全て自動で行う「自動ネスティング」と呼ばれるものがあります。材料の数や部品個数を入力しワンクリックで簡単にネスティングが完了します。

自動ネスティングができるソフトの中でも、特に高性能、高機能を兼ね備えたこちらの自動ネスティングソフトウェアが世界中で評価が高いと言われています。コスト削減や作業の効率化など工場や会社経営に欠かせないメリットが多々あります。

ネスティングの流れ

ネスティングの流れ

ネスティングは、主にレーザー切断やプラズマ切断、ガス切断、ウォータージェット切断、パンチングなどをする際によく用いられる技術になります。
説明だけでは伝わりづらい部分もありますので、実際の流れをお伝えします。

まず、一枚の木の板や鉄の板を切断するとします。

特に板が高価な場合、少しでも無駄なく有効活用したいと思いますよね。
つまりこの板からたくさんの部品(パーツ)を取ることができないのかと考えることでしょう。

そのため、型紙などで部品の形を作って、板の上に型紙を並べて乗せながらどのように加工するか考えていたのは一昔前のことです。

しかし、その作業は効率が悪く有効な手段とは言い難いものでした。

そんな中登場したのが、ソフトウェアによるネスティングになります。
最近は、このようにネスティング作業を自動でなおかつ高精度で行ってくれるソフトも増えてきています。

コンピューターが自動でネスティングを行うことを自動ネスティングもしくは、自動ネストと呼ばれています。

自動ネスティングの流れ

1. CAD上で、板の大きさや厚みと枚数を設定します。

2. 部品の形や欲しい枚数を設定します。

3. 自動ネスティングを実行します。

すると、たくさんの部品を自動で並べてくれてとても便利です。
一枚の板を隅々まで活用して無駄な部分を最小限に抑えることができます。

この並べてくれる作業が自動ネスティングです。
ちなみに、ネスティング時に材料をどれだけ有効活用できたかという指標として、歩留まりという言葉が使われます。

歩留まり(歩留まり率)とは

歩留まり率というのは、板をどれだけ有効に使い切ったかという指標になります。

歩留まり率の計算式

(歩留まり率)=(並べた部品の面積)/(材料の大きさ)

となります。
つまり、歩留り率95%といったら、材料のほとんどを有効活用できて無駄が少なかったということになります。

歩留まり50%というと、半分の材料が無駄となりり捨ててしまったなということになります。一般的に、いびつな形の部品や凹凸の多い部品を取り出すときは歩留まり率が下がる傾向にあります。

ソフトウェアを活用した自動ネスティングを行うと、手動でネスティングするよりも歩留まり率を上げることが可能になります。

中には歩留率をアップすることによって、平均5%の材料コスト削減を実現することができる自動ネスティングソフトウェアもあります。詳細はこちらをご確認ください。

ネスティングデータを切断機にもっていくには?

ネスティングデータを切断機にもっていくには?

続いてはネスティングしたデータを活用して切断機で切るまでの流れを簡単に説明します。

まず、切断機といっても、個人で使えるものから業務用まで幅広い種類があります。
分厚い鉄でもパワーのあるものだと切断することが可能です。
家庭用ではレーザーカッターを使われることが多いですね。

では、自動ネスティングをした結果をレーザー切断機やプラズマ切断機、ガス切断、ウォータージェット切断機、タレットパンチなどで切断する流れについてですが、最近は、この作業も自動化が進んでいます。

すごく簡単に手順を書くと以下のようになります。

1.ネスティング完了

2.経路付け(どうやって切るかを決めていきます。自動でやってくれるソフトもあります)

3.NCコード出力(Gコードで書かれたテキストを出力し、機械ごとにポストプロセッサというもので変換します)

4.機械にNCコードをいれると、切断開始します。

以上がネスティング完了から切断までの大まかな流れになります。

自動ネスティングができるおすすめのソフトウェア紹介

自動ネスティングが可能なおすすめのソフトウェアを紹介します。

平均5%の材料コスト削減!世界最高水準の自動ネスティングCAD/CAMソフトウェア「SigmaNEST」

自動ネスティングソフトウェアでおすすめなのが、日本国内の人気はもちろん世界中で好評を得ているSigmaTEK社の「SigmaNEST」です。
SigmaNEST」は、自動ネスティングの性能に定評があり、最高の歩留まりによって材料コストを平均5%削減することができます。
また、幅広い加工機に対応しているのも特徴の一つです。

最高レベルの高歩留まりネスティング結果と材料の有効活用の実現はもちろん、見積り、生産、出荷など、あらゆる工程を一本化、且つあらゆる費用を削減できる、とにかく凄いソフトです。

  • 材料コストを削減したい!
  • 人的負担を減らしたい!
  • 機械の稼働をより効率化したい!
  • 基幹システムと連携したい!
  • 複数の機械をワンシステム化したい!

こんな効率化を求めるなら、まずはこの自動ネスティングソフトを要チェック。
日本国内のサポート体制もしっかりしているので導入前の相談からアフター対応まで何かと心強く安心です!

初めて自動ネスティングを導入する方にもおすすめです。

一般のネスティングソフトとシグマネストの違いや配置パターン比較は、SigmaNESTの公式サイトにわかりやすくまとめられているのでおすすめです。最先端の自動ネスティングソフトウエアの概要をぜひご覧になってみてください。

07

    ネスティングソフトの比較資料ダウンロード


    下記フォームより、ネスティングソフトの比較資料をダウンロードしていただけます。
    ● SigmaNEST
    ● MACsheet IST
    ● SheetPartner
    ● MetaCAM

    ■ メールアドレス
    ■ お名前
    ■ 会社名
    ■ 部署名・役職
    ■ 電話番号
    ■ 住所
    ■ その他お問い合わせ
    【お客様情報のお取り扱いについて】

    ■(株)VOST は、お申し込みの受付にあたりお預かりしたお客様の個人情報 (氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど) を、個人情報保護法に従い適切に取り扱います。
    ■本お申し込みにご入力頂いたお客様情報については、以下の目的に限り使用いたします。
    1. お問い合わせへの対応、IT流通サービスの提供による物品・サービス・役務等の提供
    2. マーケティング調査および分析
    3. 当社または販売代理店による当社または他社の商品、サービスおよびキャンペーン・セミナーのご案内等
    なお、上記目的のためご入力頂いたお客様情報を販売代理店に開示する場合がございます。
    また、上記以外の目的で当該個人情報を利用させていただく場合は、その都度、その利用目的を明確にし、お客さまから事前の同意をいただきます。
    ■お預かりしたお客様情報はお客様ご本人から、弊社の運営上支障が無い範囲で閲覧、修正、削除を要求することができます。
    その場合はお問い合わせ先までご連絡いただけますようお願い致します。
     ・メールアドレス : info@vost.co.jp
    ※(株)VOSTにおける個人情報保護方針
    参照URL: http://vost.co.jp/privacy/
    ■記載していただいた個人情報(会社名、部署名、役職名、氏名、電話番号、メールアドレス)につきましては、必要に応じてシグマテックジャパン株式会社からのご連絡、ご案内等に利用させていただきます。
    上記に伴い、お客様の個人情報を シグマテックジャパン株式会社に提供させていただきますので、ご了承ください。
    シグマテックジャパン株式会社:https://sigmanest.jp

    ネスティングと板金加工の流れについて解説 まとめ

    最近のネスティングはソフトウェアを活用したネスティングから切断までの自動化が進んでいます。

    作業の効率化や無駄な材料を削減するためにも、まずはソフトウェアを導入し取り組んでみると良いでしょう。

    コストを削減できる高機能ネスティングソフトウェア

    関連記事

    最新情報をチェックしよう!