facebook

AutoCADの使い方を徹底解説!1分で分かるAutoCAD

今回はAutoCADの使い方について画像付きで徹底解説していきます。
AutoCADを導入したけど操作方法がよく分からないと言う方はぜひ参考にしてください。

AutoCADの使い方を徹底解説します!

建築や土木・機械工学の分野で有名なCADソフトである、AutoCAD。
図面の作成ソフトとしては超有能なこのソフトですが、高機能がゆえに導入方法や操作など、 書いてあることが難しくてよくわからない!という人、いませんか?
実は私も初めて導入したときは情報量の多さと専門用語のわかりにくさに、非常に苦労しました。
そこで今回は初心者の方でもわかりやすいように、AutoCADの導入方法や操作方法など、使い方を簡単に解説しますので、AutoCADを使うのが初めての人や導入をお考えの方は是非ご覧ください。

新しくなったAutoCADの無料体験版ダウンロードはこちら

AutoCADとは

AutoCADとは、AUTODESK(オートデスク)社が開発・販売を行う、2D・3D対応のCADソフトです。
図面作成ソフトとしてはかなり高機能であるとともに、コマンドの高いカスタマイズ性により、非常に便利に業務をこなせる優秀な図面作成ツールです。
国内外で広く普及しており、日本ではトップシェアを誇る有名なCADソフトです。 そんなCADソフトの導入をお考えの方に向けて、次はAutoCADの導入方法をご紹介いたします。

AutoCADの導入方法

AutoCADの導入は、そこまでややこしいものではありません。 基本的には表示されている手順に従って購入、インストール、初期設定と進んでいきます。 大まかな流れとしては、

  1. お使いのパソコンの動作環境を確認する
  2. ライセンスを購入する
  3. サインインしてインストールを行う
  4. PCを再起動したらAutoCADを起動し、利用規約に同意して、利用スタート!

以上の流れとなります。 それでは各作業について少し詳しく見てみましょう。

①お使いのパソコンの動作環境を確認する

ライセンスやバージョンによって動作環境は異なりますので、購入したいライセンスやバージョンに合わせてチェックしましょう。
動作環境についてはAutoCAD公式ホームページに記載されていますので、随時確認してください。 無料体験版も存在しますので、実際の購入の前に無料版で動作環境を試してみるといいでしょう。

②ライセンスを購入する。

AutoCADのライセンスには、3Dモデリングも可能な汎用ソフトであるAutoCAD、 2D図面作成機能のみを持つAutoCAD LT、 様々なツールを搭載しアニメーション機能なども持つAutoCAD Design Suite Premium。 などなど、いくつかのライセンスの種類があります。
いくつかあるライセンスの中から、業務内容や目的に合わせて選びましょう。
販売店やオンラインストアで目的のプロダクトの期間ライセンスである、サブスクリプションを購入します。

③サインインしてインストールを行う

事前登録しておいたメールアドレスにメールが届きますので、表示に従ってサインインを行い、ソフトをダウンロードをします。

④PCを再起動したらAutoCADを起動し、利用規約に同意して、利用スタート!

インストールの完了後は一度再起動が必要ですので、PCを再起動します。
再起動後、AutoCADのソフトを開くと利用規約(オートデスクプライバシーステートメント)が表示されますので、目を通して同意をすれば、ソフト利用の開始となります。

以上でAutoCADのインストールが完了です。
早速、AutoCADを使ってみましょう!

AutoCADの基本的な操作、使い方


AutoCADの導入の仕方が分かったところで次は基本的な使い方を見てみましょう。
ここでは一般的に多く使用されている、AutoCADの使い方について解説していきます。
AutoCADは、コマンドと呼ばれる指令を入力することによって、はじめて機能するCADソフトです。
コマンドは数多く存在しており、基本的には円や線分を描画するオブジェクトコマンドを使って作図をしていきます。
コマンドはリボンと呼ばれるツールパレットから選択するか、キーボードを使います。
コマンドを入力すると、次の作業の指示が出ますのでその指示に従って入力や作図を行います。
このコマンドは自由にカスタマイズが可能なほか、新しいコマンドを設定することもできます。
コピーやペーストなどといったショートカットキーと合わせてカスタマイズすることができるので、作業効率を大幅に上げることができるのがこのAutoCADの便利な点です。
早速、AutoCADの基本的な操作から、用途別の操作方法をご紹介します。

コマンドの使い方

AutoCADはコマンドと呼ばれる指令をソフトに出して操作をしていくということは先述した通りですが、早速コマンドの使い方について見ていきましょう。
コマンドの出し方は何種類かありますが、ここでは主に使われるキーボードからコマンドを実行する方法をご紹介します。

最初に、AutoCADの設計画面の一番下にコマンドを入力するバーがありますので、そこにコマンドを入力していきます。
例として今回は、円を描いていきたいと思います。
まずは、円を描くコマンドである、circleを入力します。

コマンドの入力さえできればあとは簡単です。
コマンドを入力した後は、「円の中心を指定」や「円の半径を指定」といった次にすべきことが表示されますので、下の画像のように、指示に従って操作を進めていくだけです。

図形を描きたいとき

AutoCADにはもちろんですが、円以外にも描ける図形の種類がたくさんあります。
代表的なものでは、直線、円弧、長方形、ポリラインと呼ばれる曲線などがあります。
どの図形もコマンドさえ出せれば、あとは表示される指示に従うだけで基本的には操作できますので、ここではそれらのコマンドの出し方についてご紹介します。
コマンド名を覚えていれば先ほどのコマンド入力ができますが、覚えていない場合、下の図の赤く囲われた部分に図形作成コマンドは配置されています。

この部分から作成したいコマンドを選んで選択すれば、あとは指示に従うだけで図形が作成できます。
また、ここに表示されていない図形も作成▽という部分をクリックすればそのコマンドと説明が出てきますので、そこからも選ぶことができます。

描いた図形を消したいとき

図形が描けるようになったら、間違えて描いてしまった図形を消せるようにしておきましょう。
図形を消すにはまず、消したい図形を選択します。
消したい図形の近くで左クリックをすると、選択範囲が表示されますので、そのまま図形を囲むように選択し、もう一度左クリックをします。

すると、図形が選択できますので、そのままdeleteキーを押すことで図形を消すことができます。
どの図形に対しても、基本的には選択してDeleteキーを押すだけで図形の削除が行えます。
Shiftキーを押しながら選択すると選択解除も行えますので、複数の図形の中から選択したい図形だけを簡単に選ぶこともできます。

Deleteキーで消す以外にも、元に戻すコマンドがありますので、そちらを利用して図形を描く前の状態に戻すことも可能です。

AutoCADの少し高度な機能・便利な機能

AutoCADは基本的に各種コマンドを利用して作図を行いますが、複雑な図形の作図や、作業時間短縮のために利用できる便利な機能が存在しますのでご紹介します。

極トラッキング

極みトラッキングとは、Adobeソフトのスマートガイドのように、任意の線分を作図するときに角度のガイドが出る機能です。
F10キーでオン・オフの切り替えもできるので、余分なコマンド入力なしによく使う角度のガイドが利用できて、かなり便利な機能です。

ツールバーの削除

初心者のうちはコマンド入力より直感的に操作できるツールバーを多く利用しますが、操作に慣れてこればコマンド入力だけで事足りるようになります。
むしろコマンド入力がAutoCADの強みであり、普段使わないものも含むツールバーが表示されているのがうっとうしく感じることもあります。
そんな時は使わないツールバーのアイコンは消してしまい、思い切ってコマンド入力だけで操作するようにしましょう。
ツールバーがなくなると操作画面も広がりますし、何よりコマンド入力のみになるので、圧倒的に操作スピードが上がります。

ポリライン

使わなくても図面作成はできるので、何のことかよくわからないし、使ったこともない、といった人もちらほら見かける機能、ポリライン。
実はこのポリライン、とても優れた機能なんです!
点や線分で描かれたオブジェクト、変換を行ったり編集したりする際に,それぞれバラバラのオブジェクトとして認識されてしまって一度で選択できない!なんてこと、どのソフトでもよくある現象だと思います。
そんなときに便利なのがこの機能。
ポリラインを使うとバラバラに認識されていたオブジェクトを1つのオブジェクトにすることができます。
そうすることでデータは格段に軽くなるし、ハッチも一発でかけることができて超便利です。 実際の業務の中ではかなり有能な機能ですので、覚えていて損はありませんよ。

AutoCADを学ぶなら人気No.1のこちらのセミナーがおすすめ!

これまで、AutoCADの導入方法や使用方法を説明してきましたが、実際AutoCADを使用するにあたって、不安をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
そこで、初心者の方にも、もう少し深いところまで使い方を学びたい方におすすめなのが、ビズロード社が開催している「AutoCAD基礎セミナー」です!
「AutoCAD基礎セミナー」は、AutoCADを業務で使用するスキルを身につけていただくことを前提に構築された講座です。AutoCADのコマンドをただなぞるようなセミナー形式ではなく実践形式に近いため、すぐに業務に活かすことができます。一般受講のほか企業研修やAutoCAD人材育成などのカリキュラムとしても利用されています。

AutoCAD基礎セミナーは、こんな人におすすめです。

  • 2DCAD・AutoCADを業務で使われる方
  • AutoCADの効果的な使い方を身につけたい方
  • AutoCADの講座を初めて受講される方
  • AutoCADの自己学習に限界を感じている方
  • すぐにAutoCADを使えるようになりたい方
  • 今後AutoCADを使用する予定の新入社員
  • CAD設計のスキルを得て転職をしたい方
  • AutoCADの研修・教育の一貫として使いたい方

セミナーの詳細をもっと詳しく知りたい方はこちら

CADの初心者がやった方がいいこと

次に、CADの初心者がやった方がいいことを2つご紹介します!
ものづくりに興味があったり、様々な理由でCADを始めたいな〜と思われた方は是非実践してください!
初歩的なことが多いですが、とりあえず行動に移しておけばCADマスターへの道も近いです!
始めはこの3つを実践してから次のステップに進むことをおすすめします。

CADの初心者がやった方がいいこと① とりあえずソフトのダウンロード

まずはこれに限ります!ソフトの操作方法を考えるより、とりあえずCADのソフトウェアのダウンロードです!(笑)
CADソフトをダウンロードしない限りずっと図面作りが進みません….
また、CADソフトを実際に使わないとCADでの疑問さえも生まれません…!
CADのスペシャリストに会えたとしても、CADソフトを触ったことがないと何も質問できないんですよね…!
そこでおすすめCADのソフトウェアですが、

  • 2DCADを始めたいなら → AutoCAD
  • 3DCADを始めたいなら → Fusion 360
  • 建築用3DCADを始めたいなら → Revit

この3つが特におすすめのCADソフトになります!
2DCADを始めたい方は、CADソフトシェア率No.1のAutoCADを使っておくのがやはり安定ですね…!
3DCADを始めたい方は、非商用利用なら無料、商用利用でも年間6万円前後で利用できるFusion 360がかなりおすすめです…!
無料で使えるならとりあえず取得しておくしかないですよね!(笑)
この3つのソフトはどれもAutodesk社が出しているCADソフトなのですが、Autodesk社のソフトウェアは基本的にビューが分かりやすいので初心者でも溶け込みやすいです!

CADの初心者がやった方がいいこと② 手っ取り早く講座を受けてしまう

自分でCADを練習しようにも操作が全く分からない!作図や設計の基礎も知らないから上手くいかない!なんて時もあると思います。
独学があまり好きじゃない、上手くいかないと言う人は手っ取り早くCADの講座を受けてしまうのもおすすめです!
CADは一見初心者向けの講座なんてなさそうですが、全くCADが分からない人でも受けれる講座があるんです!
私のイチオシのCADセミナー講座は…

こちらの3つが主におすすめの初心者向けCAD講座になっています!
AutoCAD基礎セミナーは、先程も紹介した通り、AutoCADを使った2DCADの基礎を教えてくれる講座で、今後2DCADを仕事で使う方におすすめのセミナーです。
Fusion 360セミナーはFusion 360を使った3DCADの講座で、3DCADを使ったことがない方でも2日間のセミナーで業務レベルの3DCADスキルを身につけることができるセミナーです。

Revitセミナーは建築用3DCADであるRevitの操作を習得することで、実際の業務でBIM/Revitを活用できるようになるおすすめのセミナーです。

どのセミナーも初心者向けで、CADが全く分からなくても受けられる講座とのことなので安心です。
しかも最後には資格が取れるほどの経験までさせてくれるので、初心者から成りあがるにはセミナーが一番手っ取り早いです。
また、もちろん一人で行かなくてもいいんです!心配なら友人や親子と一緒に行っても大丈夫なのが嬉しいですね。

AutoCADの使い方まとめ

これまで、AutoCADの紹介から導入の流れ、使い方と便利機能、それからAutoCAD基礎セミナーについてご紹介してきました。
AutoCADが優れたソフトであることはお分かりいただけたかとは思います。
是非、無料体験版からお試しいただくことを、おすすめします。
また、AutoCADの特徴であるコマンド操作は、便利で奥の深い機能です。
是非AutoCADの使い方をマスターしたい方はこの記事を何度も読み返してみてください。

AutoCADが新しくなりました。

AutoCADシリーズの製品構成が2021年5月7日から変更されました。
以前までAutoCAD including Specialized Toolsetsに含まれていたAutoCADが単体で販売開始されました。
価格もAutoCAD LTと同等の65,000円/年(税抜)となります。
つまり、AutoCAD LTの価格で新たに「パラメトリック機能」、「CAD標準仕様」や「モデリング機能」などが使用できます!

実質値下げでお買い得になったのですが、製品名や構成が変わって混乱しやすいので整理しました。

AutoCAD LT及びAutoCAD LT with Cals Tools
新規は販売終了。更新はAutoCAD LTが59,000円/年(税抜)、AutoCAD LT with Cals Toolsが75,000円/年(税抜)で継続。

AutoCAD including Specialized Toolsets
名称が「AutoCAD Plus」に変更されていますが、内容に変更点はありません。更新も190,000円/年(税抜)で継続。

新設された「AutoCAD」
AutoCAD including Specialized Toolsetsに含まれていたAutoCADが単体で販売開始。価格はAutoCAD LTと同等の65,000円/年(税抜)。

新しくなったAutoCADの無料体験版ダウンロードはこちら

最新情報をチェックしよう!