facebook

米国クラウドファンディングで最高金額を記録した注目商品『Snapmaker』が発売へ!!

Chisato Technical Topics

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、VANLINKS 株式会社が発売するSnapmaker製3Dプリンター「Snapmaker 2.0」をご紹介します。

VANLINKSは、Snapmaker製3Dプリンター「Snapmaker 2.0」を2020年12⽉1⽇より、日本公式ストア、Amazon.co.jp、Yahoo!ショッピング、ヨドバシカメラなどにて販売を開始します。

 「Snapmaker2.0」の特徴

1台3役で3Dプリント、レーザー刻印&カッティング、CNC彫刻の機能を実現できるSnapmaker製3Dプリンターにおいて、世界では拡張性や高精度が評価され、現在注目を集めている新型機種「Snapmaker 2.0」がついに日本に上陸しました。

■価格(税別)

【A150】149,800円
【A250】198,000円
【A350】249,800円

3Dプリント、レーザー、CNCの3役が1台でこなす

Snapmakerはモジュラーデザインとなっており、1人でも簡単に組み立てられ、モジュールを交換するだけで3Dプリント、レーザー刻印&カッティング、CNC彫刻の3つの機能が1台で実現できます。さらに、オプションモジュールの追加でより豊富な機能も使用可能です。

機能が強化された新型モデル

3Dプリンターモジュールには、自動キャリブレーションと一時給電停止時のワーク続行機能など、便利な新機能が搭載されています。刻印とカッティング機能を実現できるレーザーモジュールは、内蔵カメラを通じてパソコンからのプレビューもできるため、完成度の高い作品を仕上げられます。また、CNCモジュールはアクリルやPCBなど対応素材が増えており、数多くの用途で活用できます。

サイズバリエーションの増加

前機種の単一サイズに対し、Snapmaker 2.0はサイズバリエーションがA150・A250・A350の3種類に増加しました。最大造形サイズが320×350×330mm(A350)まで上がり、広い可能性を実現でき、よりクリエイティブな創作に応えられます。

海外クラウドファンディングの記録と受賞歴

Snapmaker 2.0は、2019年に米国クラウドファンディングKickstarterにてプロジェクト開始1分以内で目標額を達成しました。同プロジェクトは30日で$7,850,866(約8億5300万円)を調達し、テクノロジープロジェクトの最高記録を更新しました。さらに2020年1月「CES 2020 Innovation Awards Honoree (イノベーション賞)」にも受賞しました。

「Snapmaker2.0」スペック

【3Dプリント】

積層ピッチ:50-300 microns
ノズル温度:275℃
対応素材:PLA、ABS、PETG、TPU、樹脂等

【レーザー刻印&カッティング】

カメラ有無:内蔵カメラ
レーザパワー:1.6W
対応素材:木材、皮、プラスチック、繊維、紙、不透明アクリル等

【CNC彫刻】

シャンク直径:0.5-6.35 mm
スピンドル速度:6,000-12,000 RPM
対応素材:木材、アクリル、PCB、炭素繊維シート、玉等

1台3役で3Dプリント、レーザー刻印&カッティング、CNC彫刻の機能を実現できる、3-in-1モジュール式3Dプリンター「Snapmaker 2.0」に注目です!

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG