簡単に使えるおすすめなIoT機器(デバイス)まとめ4選

キャド研

IoT IoT機器のまとめ

今すぐにでもIoTを始めたい方必見の、簡単に使えるおすすめなIoT機器(デバイス)についてまとめてみました。

IoT機器(デバイス)とは?

IoTデバイス

デバイスとは、センサー素子と連携して観測データを取得する「センサー」デバイスや、データ分析の結果を受けてモーターなどの「アクチュエーター」を駆動する制御デバイスがあります。

簡単に使えるおすすめなIoT機器(デバイス)

アイデアを形にできる IoT電子ブロック 「Mesh」

IoT電子ブロック

URL:https://meshprj.com/jp/

センサーやボタンといった機能毎にブロックが用意されていて、それらのブロックをスマートフォンやタブレットにインストールしたアプリで自由につなげることでできます。

例えば、LEDのブロックとボタンのブロックをつなげることで、LEDライトのオンオフを遠隔操作することができます。

また、人間センサーのブロックと動きのセンサーを組み合わせることで、人が通ったらカメラのシャッターを押すなどといった、IoTシステムも構築可能です。

さらに、GPIOのブロックでは、コネクタに市販のモーターをつないだり、他のセンサーをつないだりと様々なことを実現できます。

メッシュ紹介映像

プログラミングが必要なく、スマートフォンで簡単に制御できるので初心者にもオススメです。

遠隔操作できる手のひらサイズのIoTモーター「Smartians」

IoTモーター

URL:https://www.frolicstudio.com/portfolio/smartians/

スマートフォンなどで遠隔操作できる手のひらサイズのモーターに、Turn(回転)やPress(押す)といったのオプションパーツを装着することで、ポットのスイッチを押したり、ペットに自動でエサをあげたりと、アイデア次第であらゆるものをIoT化することができます。

センサーではないので、データを取得したり可視化することはできませんが、これ一つで家の中のスイッチをIoT化すして遠隔制御することができます。

Wio node

Wio Node

URL:https://www.seeedstudio.com/Wio-Node.html

Wio NodeはSeeedStudio社から販売されているIoTデバイスです。Wio Nodeの特徴はスマートフォンで設定するだけでセンサーから情報を取得したり、GPIOを操作することができます。

GROVEシステムに対応するソケットが付いているため、半田付けなどをすることなく、簡単にデータを取得からモーターの制御までを行うことができます。

クラウドサービスAWS と統合が可能な深層学習に対応したビデオカメラ「Aws Deeplens」

Aws Deeplens

URL:https://aws.amazon.com/jp/deeplens/

Aws Deeplensは、世界初の深層学習に対応した開発者向けビデオカメラです。

Amazon Rekognition と統合して高度な画像解析を実行することができます。また、Amazon SageMaker と統合してモデルをトレーニングすることや、Amazon Polly と統合して音声対応プロジェクトを作成することができます。

AWS IoT、Amazon SQS、Amazon SNS、Amazon S3、Amazon DynamoDB などとセキュアに接続することもできます。

法人向けFusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

IoT機器のまとめ
最新情報をチェックしよう!
>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG