CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  日本初スーパーエンプラ対応の水冷式ハイエンド3DプリンターAPOLLOをリリース!

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

日本初スーパーエンプラ対応の水冷式ハイエンド3DプリンターAPOLLOをリリース!

Chisato Technical Topics

公開日:2019.01.25 最終更新日 : 2019.02.01

こんにちは!Chisatoです。
本日は、日本初となるスーパーエンプラ対応の大型業務用水冷式ハイエンド3Dプリンターについてのtopicsです。

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は、ウォータークーリングシステムを装備したス―パエンプラ対応の大型3Dプリンターアポロをリリースしました。

APOLLO 概要

APPOLOは、スピーディーで高精度、ハイコストパフォーマンスな製品開発を追求するために生まれて、スーパーエンジニアリングプラスティック(スーパーエンプラ)対応の業務用3Dプリンターです。
航空宇宙、未来型自動車、ハイテク、医療など、プロフェッショナル分野の試作品開発に最適な、スーパーエンプラ対応業務用大型3DプリンターAPOLLO(型番AT-2ND)のデュアルプリント式エクストルーダーが、水冷式に変更されました。
ヘッド両方共に最高450℃までの溶融が可能で、ABS、PC、ナイロン、PLAはもちろんPEEK、PPSU、ウルテムなどのエンジニアリングプラスチックも使用出来ます。

また、本体両サイドにはフィラメント検出機能付きの樹脂収納ボックスがあり、造形中の樹脂切れを的確にコントロール可能です。
ヒートベッドは最高120℃で造形完了後は本体から取出すことができ、ベッドの最大造形サイズは幅310mm×奥行310mm×高480mm、完全密封型ビルドチェンバーは最高130℃まで加熱できます。

 

ノズルの温度が最高450℃、庫内温度が最高120℃を維持することができるため、超大型ABSやポリカーボネートや多くのスーパーエンプラの造形を可能にします。
また、耐久性に貢献する「水冷式エクストルーダー」標準装備し、長時間の安定造形と高いメンテナンス性を実現します。
さらに、フィラメントドライボックスや現場に必要な材料や工具を収納できるキャスター付き専用台が一体化となっていて、取外すことも可能となっています。

APOLLOは、今月末に東京ビッグサイトで開催するTCT 3Dプリンターショ―に出展が決定されています!

<展示詳細>
会期:2019年1月30日(水)〜2月1日(金)10時-17時
会場:東京ビッグサイト
出展社名:APPLE TREE株式会社(FLASHFORGE JAPAN)
小間番号:東6ホール 6J-10

 

プロフェッショナル分野の試作品開発において、水冷式ハイエンド3DプリンターAPOLLOの活躍が期待されますね!

The following two tabs change content below.
Chisato Technical Topics

Chisato Technical Topics

毎日子育てに奮闘するChisatoママが、主婦目線で気になる粋なTechnical Topicsをノリノリでお伝えしていきますよ〜!

スポンサードリンク

Fusion360

月間人気記事ランキング