facebook

Onshapeは無料?Onshapeを無料で使う方法はあるの?無償版と有償版の違いまとめ

Onshapeというソフトをご存知でしょうか。PC上で製品の設計など3次元の構図を組み上げるCADという作業のために用いられるソフトですが、CADに対応したソフトの中でもOnshapeを使用する場合のメリットはあるのでしょうか。
さらに、初めてCADに挑戦する人にピッタリな有料版が販売されているOnshapeを無料で使うための方法についてもご紹介します。

Onshapeとは

Onshapeは、3Dモデルを作成できるCADの中でも特徴的なクラウド上でCAD作業を完結させられる点がが魅力のソフトです。
これまでのクラウド非対応のCADソフトでは、進捗状況を記録したファイルをアップロードするなどの手間をかけなければ、仲間やクライアントと進捗を共有することはできませんでした。
ファイルサイズも決して小さくは無いので、データ便などで送るとダウンロードに時間がかかってしまうなどの問題があったのです。

また、ある規格のCADファイルを閲覧するためには、そのファイルを開けるソフトを仲間やクライアントのパソコンにインストールする必要があり、複数の端末にインストールするコストや手間も問題となっていました。
Onshapeはオンラインでアクセスすれば使うことが出来る3DCADソフトです。
パソコンにインストールする必要が無く、ユーザーIDをきちんと記憶していればどのような端末でも使えることが魅力で、フルクラウド型のソフトであることからデータの共有も簡単に行えます。

クラウド上で管理しているファイルは他の端末から編集することも出来るため、複数人での共同作業も可能な使い勝手の良さがあります。
しかも、複数人で同時に作業をしていても軽快にサクサクと動いてくれる操作性も魅力です。
常にサーバーと同期を行っているフルクラウド型のソフトとしては、この動きの軽快さは驚きではないでしょうか。
OSを選ばずに使用できることから、どのような環境でもインターネット接続さえあればCAD作業を進めることが出来ます。

Onshapeの無料体験版ダウンロードはこちら

Onshapeはインストール不要の数少ないCADソフト

また、OnshapeはインストールすることがないCADソフトであるため、インストールが必要なソフトと違ってアップデートのデータを受け取り、更新して再起動するといった手間がかかりません。
インターネットからアクセスすることで、常に最新の状態で使用することが出来ます。
自分でコマンドの組み合わせをカスタマイズした場合もその個人設定を保存できるので、使いやすいよう環境整備を行ったらいつでもその設定を利用してCAD作業を進めることが可能です。
いつでもどこでもどんな端末でもインターネット環境さえ整っていれば、3Dモデリングが進められるのがOnshapeの魅力です。
他のソフトで作成したモデルを取り込んでそれを編集することも出来るため、出張先で少し修正を加えるといった使い方が出来るのも魅力と言えます。

Onshapeは無料で使えるCADソフト!?

Onshapeは個人利用や学生であれば無料で利用することができる3DCADソフトです。
無料で使いたいのであればアカウントを作成する際に有料プランに登録しなければ、その後は無料でOnshapeでモデリング作業を行うことが出来ます。
しかし、有料プランに加入しないことで機能に一部制限が加わってしまうことは覚えておいた方が良いでしょう。
まず、作成した3Dモデルを保存した場合、無料プランだと作成したデータが一般に公開されます。

公開されたデータは、Onshape上で作成したユーザー名やファイル名などで検索をすると、世界中の誰もが開くことができます。
もちろん、編集権限はありませんので、勝手に編集をされることはありませんが、検索したデータはコピーして編集することができるため、誰でもそのデータをコピーして編集できることとなります。

非公開に設定したいのであれば有料プランに加入することが必要となるため、無料プランでは社外秘となる部品の設計図などをモデリングすることは避けた方が良いでしょう。
趣味の範疇でモデリングを楽しみ、世界中のモデリングをしている人にデータを共有しながら楽しむという目的でなら、無料プランでも十分にサクサク動く3DCADを楽しむことが出来ます。

Onshapeの無料体験版ダウンロードはこちら

Onshapeの無料版と有料版の違い

Onshapeの無料版は、基本的機能を実際に操作しながら理解するのに役立ちます。
商業目的として使わない場合には閲覧機能に制限がないため、さまざまな設計の完成図を参考にすることができるでしょう。
学生のうちに3DCADに慣れておきたいという人にもおすすめです。
その後、仕事でOnshapeを利用する際には有料版へ切り替えることになります。
Onshapeの無料版では非公開でデータを保存することができません。
そのため、第三者に自分の設計図を公表することになります。
実際の仕事において、クラウド上のデータをチームで共有して作業を進めていく場合には、データを非公開にしておくことが必要不可欠でしょう。
有料版のみがデータを非公開で保存できます。
無料版で操作感を試してみて、仕事のニーズや好みに合うようならば有料版に切り替えるというのが一般的な流れです。

Onshapeを使用するための一般的な方法

Onshapeを使用するためには登録ページでメールアドレス、氏名や役職を入力してアカウントを作成する必要があります。
入力したメールアドレスに届いたURLにアクセスすることによって登録が完了し、作成されたアカウントにログインすることでOnshapeを使用できるようになります。
メールアドレスと登録の際に設定したパスワードのみを入力すればログイン出来るため、どのような場所からでも簡単にログインしてモデリング作業を進めることが可能です。

Onshapeに登録する際、有料プランを選択することも出来ます。
企業に勤めている方が社外に漏らしてはいけないデザインの作成をOnshapeで行うのであれば、非公開状態に設定できる有料プランに加入した方がアイデアを盗み見られてしまうなどの事態を避けることができるでしょう。
有料プランではファイルを全て非公開状態に設定することが出来ますし、企業向けの様々な機能が提供されていますので、企業の方は有料プランを選択するのがよいでしょう。

1アカウントあたり年間161,500円(税抜)/年~というコストはかかりますが、Onshapeの機能を隅から隅まで使いたいのであれば有料版に登録するのがおすすめです。
有料プランには、組織設計向けのエンタープライズプラン(企業プラン)と、中小企業向けのプロフェッショナルプラン、シングルユーザー向けのスタンダードプラン(標準プラン)という3つの購入プランがあります。
企業で使用する場合には、226,100円(税抜)/年のプロフェッショナルプランがおすすめです。複数人での作業やデータ管理に関する様々な機能が備わっていますので、安心して設計作業をすることができます。

Onshape無料版でCADに触れてみよう

Onshapeは無料でも使うことが出来る3DCADソフトです。
インターネット環境さえあれば、どこでもどんな端末でも使うことが出来るだけでなく、サクサク軽快な動きや使いやすいようにカスタマイズできる自由さも無料のソフトとは思えないでしょう。
これからCADを始めるという人もクラウドでファイルを保存することが出来る、お手軽なOnshapeを試してみてはいかがでしょうか。

Onshapeの無料体験版ダウンロードはこちら

最新情報をチェックしよう!