facebook

Jw_cadとは?Jw_cadの機能や使い方を徹底解説

こんにちはCAD/CAM/CAE研究所です。
今回は、2D CADのJw_cadについて解説します。
概要からインストール方法、特徴などを詳細にまとめましたので、是非2次元図面作成に役立ててください。

Jw_cadとは?

Jw_cadは、Windows Vista, 7, 8, 10 上で動作する2D(2次元)汎用CADです。
開発に建築士が関わっているため建築分野に便利な機能が多く、建築汎用CADとも言われています。
また、大きな特徴として、無料で商用利用が可能なソフトになっています。

有志により、無料でMac OS用の「JW-CAD for Mac」が配布されています。
Macユーザーの方のインストールはこちらの記事をご確認下さい。「Jw_cadをMac OSで使う方法

Jw_cadの機能まとめ

Jw_cadの機能を画像付きで詳しく解説していきます。

2D図面作成機能

2D図面作成機能
Jw_cadは、紙に製図版で作図するような操作方法で、直線コマンドや四角コマンドを用いて簡単に作図できます。
ラインや塗りつぶし、寸法などを描くだけでなく、線種のカスタマイズやレイヤ設定により、効率よく図面の作成が行えます。

2.5D機能

2.5D機能
Jw_cadでは、2.5Dコマンドを使うことで簡易的にパースのような立体図面を作成できます。
この機能を使って平面図に高さを、立面図に奥行と位置を設定することで、透視図、鳥瞰図、アイソメ図をワイヤーフレームで作成できます。

日影図作成機能

日影図作成機能
[日影]コマンドは、日影図・等時間日影図の作成、指定点の日影時間の計算、壁面の日影の計算が可能です。
日影の計算は、確認申請など建築の実務では必要な作業ですので、Jw_cadの非常に便利な機能だと言えます。

天空図作成機能

天空図作成機能
[天空]コマンドは、天空図の作成、天空率の計算、太陽軌跡図の作成を行う。また、三斜による面積計算から天空率を求めることが可能です。

柱と梁や壁などの包絡処理

[包絡処理]コマンドは囲んだ範囲の線の交点を認識し、輪郭だけを残してくれるため、簡単に壁や柱を作成できます。

建具や設備などの簡単作図機能

「建具平面」/[建具断面]/[建具立面]コマンドは、使用すれば簡単に建具の平面図/立面図または断面図を作図するが作成できます。
建具データは、使用者が自由に作成・変更して使用できますし、他の部品などの作図データとしても利用できます。

対応ファイル形式

DXF形式(AutoCAD形式)、JWC形式(Jw_cad DOS版)、JWW形式(Jw_cad Windows版)、SFC形式(ISO国際規格STEP/AP202の標準CADフォーマット)、P21形式(建設CALS/ECで定める電子納品用のデータフォーマット)の読み込み(インポート)、保存(エクスポート)に対応しています。

Jw_CADを学ぶなら人気No.1のこちらのセミナーがおすすめ!

受講者数1万人を突破したビズロードが開催している「Jw_CAD基礎セミナー」は、Jw_CADを業務で使用するスキルを身につけていただくことを前提に構築された講座です。Jw_CADのコマンドをただなぞるようなセミナー形式ではなく実践形式に近いため、すぐに業務に活かすことができます。一般受講のほか企業研修やJw_CAD人材育成などのカリキュラムとしても利用されています。

Jw_CAD基礎セミナーの特徴

Jw_CAD基礎セミナーは、こんな人におすすめです。

  • 2DCAD・Jw_CADを業務で使われる方
  • Jw_CADの効果的な使い方を身につけたい方
  • Jw_CADの講座を初めて受講される方
  • Jw_CADの自己学習に限界を感じている方
  • すぐにJw_CADを使えるようになりたい方
  • 今後Jw_CADを使用する予定の新入社員
  • CAD設計のスキルを得て転職をしたい方
  • Jw_CADの研修・教育の一貫として使いたい方

セミナーの詳細をもっと詳しく知りたい方はこちら

Jw_cadのスペック

フリーソフトのために公式ページに動作環境のスペック表示はありません。
以下は、「Jw_cad 情報交換室」を参考にしたスペックで、動作保証はありませんのでご了承下さい。
Jw_cadは定期的にバージョンアップが行われていますので、インストールの際にチェックしてみてください。

動作環境

対応OS Microsoft® Windows® VISTA、7、Windows 8.1、Windows 10  32bit / 64bit
CPU Intel Core i5 2Hz以上
メモリ 4GB
グラフィックス カード CPU内臓のインテルHD グラフィックス

Jw_cadを導入するメリット

Jw_cadを導入するメリットは、主に以下の2つです。

  • 無料で使用できるため、導入コストの大幅な削減ができる
  • 建築系の専用コマンドも揃っており、簡単に素早く図面が作成できる

無料ソフトでありながら高機能で、かなり使えるCADソフトだと言えます。

Jw_cadの価格

Windowsの幅広いバージョンに対応しており、無料で使用できます。
有志によって公開されているMac版のJw_cadも、無料でダウンロードすることができます。

Jw_cadを無料でインストールする方法

Jw_cad公式のダウンロードページからダウンロードできます。
最新版 Version 8.03aの「jwcad.net」をクリックするとダウンロードが開始します。
Jw_cadのインストール方法
ダウンロードしたファイル「jww803a.exe」を実行します。

デバイス変更の許可を求めてきたら、「はい」をクリックします。
デバイスの変更を許可

インストールウィザード画面が表示されますので「次へ」をクリックします。
インストールウィザード画面

使用許諾契約の内容を確認後、「使用許諾契約の条項に同意します」にチェックし、「次へ」をクリックします。
使用許諾契約の同意

インストール先の設定画面が表示されますので、任意の場所に設定し、「次へ」をクリックします。
インストール先の設定

「インストール」をクリックし、インストールを開始します。
インストール画面

インストールの完了画面が表示されます。「完了」をクリックします。これでインストールの完了です。一度PCを再起動しましょう。
インストール完了画面

Jw_cad画面の説明

Jw_cadの画面の各箇所の役割は下の画像の通りです。

  • 操作コマンドが集まった「メニューバー」
  • 操作コマンドのボタンが表示される[ツールバー] 左側に作図関連のコマンド、右側に図形編集に関するコマンドのボタンがあります。
  • 長さや角度など、必要な情報を入力するための「コントロールバー」
  • レイヤの切り替えや表示/非表示を切り替える「レイヤバー」
  • レイヤのグループを切り替える「レイヤグループバー」
    各グループに16個のレイヤを利用できます。
  • 図面用紙サイズや尺度などの設定をする「図面設定バー」
  • コマンドのガイドが表示される「ステータスバー」
    jw_cadの画面

Jw_cadの画面の操作方法

Jw_cadの基本的な操作方法は以下の通りです。

  • 左クリック:選択
  • 左ドラッグ:クロックメニューの選択
  • Shift+左ドラッグ:作図ウィンドウの平行移動
  • 右クリック:付近の読み取り点を自動選択
  • 右ドラッグ:クロックメニューの実行
  • 両クリック:作図ウィンドウに表示位置変更
  • 両ドラッグ:ドラッグ方向により、作図ウィンドウの拡大・縮小を行います。
  • マウスホイール:基本設定で設定すると、作図ウィンドウの拡大・縮小を行えます。
    設定は「メニューバー」の[設定]-[基本設定]の[一般(2)]の「マウスホイール」にチェックを入れます。
    設定画面

Jw_cadの設定

Jw_cadの基本的な設定方法を解説します。

用紙サイズ設定

用紙サイズ設定
右下の「図面設定バー」の一番左をクリックすると、用紙サイズを切り替えられます。
A0~A4までのサイズの他、規格外サイズも用意されています。

用紙枠の表示

「メニューバー」の[設定]-[基本設定]の[一般(1)]の「用紙枠を表示する」にチェックを入れます。
作図ウィンドウに用紙サイズで紫の点で枠が表示され、サイズを確認しながら作図が行えます。
用紙枠の表示

尺度設定

右下の「図面設定バー」の尺度をクリックすると、図面の尺度を変更できます。
「全レイヤグループの尺度変更」でレイヤグループごとに尺度を変更できます。
尺度設定

Jw_cadの使い方

続いてJw_cadの基本的な使い方を解説します。
Jw_cadで作図する手順は、

  1. 基本コマンドで図形を描きます
  2. 編集コマンドで図形を調整します
  3. 寸法を配置します

それでは、以下を作図しながら、Jw_cadの操作の流れを説明します。
作るのはこんな図形です。

作成する図形見本
まず、基準線を描きます。
[線]コマンドを選択し、<水平・垂直>にチェックを入れて有効にします。
線コマンド
水平線と垂直線を交差するように一本ずつ描きます。
水平線と垂直線

レイヤバーの「2」を右クリックし、レイヤを切り替えます。
レイヤーバー

[円]コマンドを選択し、「半径=200」と入力します。
円コマンド

中心点の選択で、基準線の交点付近を右クリックします。
*右クリックすると付近の交点を自動認識します。
円を描く

続いて、「半径=250」と入力します。
円コマンド

先程と同様に基準線の交点付近を右クリックし、2つ目の円を配置します。

2つ目の円を描く
次に、[矩形]コマンドを選択し、「寸法=100,50」と入力します。
矩形コマンド

矩形の配置基準点として、垂直線と内側の円の交点付近を右クリックします。

矩形を描く
配置位置を、交点が矩形の中心になるように左クリックで確定します。

矩形を左クリックで確定
レイヤバーの「0」を左クリックし、基準線を非表示にします。

レイヤーバーでレイヤーを変更する
不要なレイヤーを見えなくする
[図形消去]コマンドを選択し、不要な線を消去します。

消去コマンド
矩形の下の水平線を右クリックし、消去します。
左クリックで消去

円を選択し、右の交点で右クリック、左の交点で右クリックし、交点の間を消去します。
右クリックで交点の間を消去

同様に、矩形の垂直線も交点で消去します。
垂直線を消去

次に、[面取]コマンドの<丸面>で、「寸法=10」と入力し、角に丸みをつけます。
面取りコマンド

矩形の垂直線と円を選択すると、半径10mmの丸みが付きます。

半径10mmの丸みをつける
反対側も同様に丸みを付けます。
反対側も丸みをつける

最後に[寸法]コマンドで寸法を付けます。
寸法コマンド

寸法の配置位置を選択し、寸法を測りたい2点を選択します。
点は右クリックで自動検出すると便利です。
寸法を描く

<直径>オプションをクリックし、直径寸法を配置します。
直径オプション

内側の円を選択します。
内側の円を選択する

「傾き=45」と入力し、外側の円を右クリックします。
傾きを入力
円をクリックする

<半径>オプションをクリックし、丸めた角に半径寸法を配置します。
半径オプション
半径寸法を配置

溝の深さ寸法を配置するために、交点を作成します。
[点]コマンドで、<仮点>を有効にし、<交点>を選択します。
点コマンド

垂直線と円を選択し、交点に仮点を配置します。
交点に仮点を配置

[寸法]コマンドで、寸法を配置します。
寸法を配置

完成です!
完成した図面

Jw_cadの使い方まとめ

Jw_cadは無料ソフトでありながら、建築図面の作成に必要な機能が豊富にあり、実務でもかなり使える2DCADソフトです。
無料でダウンロードできますので、他のCADソフトの導入をお考えの方も、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
また、今後BIMや3DCADを利用して建築図面を作成したいと考えられている方には、BIM建築 3DCAD Revit入門セミナーもおすすめです。

CADの初心者がやった方がいいこと

CADの初心者がやった方がいいことを2つご紹介します!
ものづくりに興味があったり、様々な理由でCADを始めたいな〜と思われた方は是非実践してください!
初歩的なことが多いですが、とりあえず行動に移しておけばCADマスターへの道も近いです!
始めはこの3つを実践してから次のステップに進むことをおすすめします。

CADの初心者がやった方がいいこと① とりあえずソフトのダウンロード

まずはこれに限ります!ソフトの操作方法を考えるより、とりあえずCADのソフトウェアのダウンロードです!(笑)
CADソフトをダウンロードしない限りずっと図面作りが進みません….
また、CADソフトを実際に使わないとCADでの疑問さえも生まれません…!
CADのスペシャリストに会えたとしても、CADソフトを触ったことがないと何も質問できないんですよね…!
そこでおすすめCADのソフトウェアですが、

  • 2DCADを始めたいなら → Jw_CAD
  • 3DCADを始めたいなら → Fusion 360
  • 建築用3DCADを始めたいなら → Revit

この2つが特におすすめのCADソフトになります!
2DCADを始めたい方は、無料のJw_CADを使っておくのがやはり安定ですね…!
3DCADを始めたい方は、非商用利用なら無料、商用利用でも年間6万円前後で利用できるFusion 360がかなりおすすめです…!
無料で使えるならとりあえず取得しておくしかないですよね!(笑)

CADの初心者がやった方がいいこと② 手っ取り早く講座を受けてしまう

自分でCADを練習しようにも操作が全く分からない!作図や設計の基礎も知らないから上手くいかない!なんて時もあると思います。
独学があまり好きじゃない、上手くいかないと言う人は手っ取り早くCADの講座を受けてしまうのもおすすめです!
CADは一見初心者向けの講座なんてなさそうですが、全くCADが分からない人でも受けれる講座があるんです!
私のイチオシのCADセミナー講座は…

こちらの3つが主におすすめの初心者向けCAD講座になっています!
Jw_CAD基礎セミナーはその名の通りJw_CADを使った2DCADの基礎を教えてくれる講座で、今後2DCADを仕事で使い方におすすめのセミナーです。
Fusion 360セミナーはFusion 360を使った3DCADの講座で、3DCADを使ったことがない方でも3日間のセミナーで業務レベルの3DCADスキルを身につけることができるセミナーです。

Revitセミナーは建築用3DCADである
Revitの操作を習得することで、実際の業務でBIM/Revitを活用できるようになるおすすめのセミナーです。

どのセミナーも初心者向けで、CADが全く分からなくても受けられる講座とのことなので安心です。
しかも最後には資格が取れるほどの経験までさせてくれるので、初心者から成りあがるにはセミナーが一番手っ取り早いです。
また、もちろん一人で行かなくてもいいんです!心配なら職場の方や友人と一緒に行っても大丈夫なのが嬉しいですね。

関連記事

最新情報をチェックしよう!