facebook

FAプロダクツの自動車部品のロボット溶接工程における3D動作シミュレーション技術が「地域産業デジタル化支援事業」に採択!

こんにちは!Chisatoです。
本日は、株式会社FAプロダクツの自動車部品のロボット溶接工程における3D動作シミュレーション技術に関するtopicsです。

製造業のDXから生産ラインの開発・実装までを包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA(チームクロスエフエー)」の幹事企業である株式会社FAプロダクツは、この度、経済産業省が行う「地域新成長産業創出促進事業費補助金(地域産業デジタル化支援事業)」に採択され、自動車部品のロボット溶接工程における3D動作シミュレーションを活用した検証を行います。


 
[cta id=’22618′]  

「地域産業デジタル化支援事業」について

地域産業デジタル化支援事業の「地域新成長産業創出促進事業費補助金」は、地域未来牽引企業等やIT企業等、事業管理機関がコンソーシアムを組成し、デジタル技術を活用した新製品・サービスの開発やEコマース等を含む新たなビジネスモデルの実証を行うプロジェクトを支援し、地域産業をデジタル化する先行事例の創出・普及を目的としています。
実証事業に対するデジタル技術を活用したビジネスモデル案の実証(試作、顧客ヒアリング、事業性評価と改善)に係る費用や、事業管理機関に対する実証企業の実証支援、ビジネスモデル実証予備群の発掘、事例の整理・普及展開に係る費用を対象として、経済産業省が支援する取り組みです。

3D動作シミュレーションとは!?

3D動作シミュレーションは、ロボットシミュレータから発展した、ロボット、自動機、PLC、人の作業すべてをシミュレーションできる3D CADデータによる統合デジタルファクトリツールです。
ロボット導入検討、オフラインティーチング、人作業の設定による作業性、作業負荷、作業時間の検証を高精度に実現。また、PLC制御による条件分岐の連続生産シミュレーション、実機PLC信号による動作ロジックのデバッグを可能とし、工場内のすべての挙動を完全再現させることで真のデジタルファクトリーを実現します。

3D動作シミュレーションイメージ

FAプロダクツ社の事業取り組みと概要

FAプロダクツは地域産業デジタル化支援事業で行う取り組みとして、自動車部品のロボット溶接工程における3D動作シミュレーションを活用した検証を行うことにより、強靭な生産体制を確立してビジネスにおける付加価値向上モデルの構築を目指します。

3D動作シミュレーション導入のメリット

仮想空間上で3Dデータを用いてシミュレーションをすることで、システムの実現可能性や装置間の干渉、サイクルタイム等の検証が可能になります。また、実際に現物を製作・稼働させる前に検証することで、最適な治具・設備の設計を行うことができ、想定外のトラブルや検証ミスによる再設計・再製作等の費用(材料費・加工費・労務費)・時間ロスの削減が可能になります。
これによって、顧客からの新規の引き合いに対して、競合他社より先に、正確な見積が出せるような検証体制を構築することができます。そのため、受注機会の増加が見込めます。また、これまで実機を用いていた加工検証の時間が削減されるため、設備稼働率を高め、生産性向上への貢献が期待できます。つまり、導入企業の提案力、コスト競争力、納期対応力の向上を図ることができるため、取引先企業を中心とした地域経済にとっても大きな価値の創出が期待できます。

3D動作シミュレーションを活用した検証の拡大と普及

FAプロダクツは今後、自動車部品のロボット溶接工程における3D動作シミュレーションを活用した実証結果をもとに、参加企業の中から更なる実証予備群となる企業を発掘するため、「製造業DXセミナー」を開催します。また、シミュレーションは、打合せから納品までWEB会議などオンラインで実施可能なため、全てリモートで完結することも可能。そのため、導入地域に関する制約は存在せず、中小企業に対して業種を問わずに同一レベルでサービスを提供します。
企業の生産性を向上させ、ダイナミックケイパビリティが強化されることで、生産性向上のユースケースとして拡大・普及させ、日本国内の稼ぐ原動力となることを目指します。

 
製造業の最新デジタル技術を活用して中小企業の強靭な生産体制の確立を目指す、経済産業省の「地域産業デジタル化支援事業」において、FAプロダクツ社の自動車部品のロボット溶接工程動作シミュレーションの活用取り組みに注目です!
 
[cta id=’22618′]

最新情報をチェックしよう!