facebook TPU造形・オートレベリングに対応した3Dプリンター「Creality Ender 3 S1」登場! | キャド研

TPU造形・オートレベリングに対応した3Dプリンター「Creality Ender 3 S1」登場!

こんにちは!Chisatoです。
本日のtopicsは、Ender 3シリーズの新しい3Dプリンター「Creality Ender 3 S1」をご紹介します。

コンシューマー向けの3Dプリンター・マテリアルの輸入販売を手掛ける株式会社サンステラ は、TPU造形・オートレベリングに対応した3Dプリンター「Creality 3D Ender-3 S1」を2021年12月20日より発売開始しました。
株式会社サンステラでご購入の場合のみ、サンステラ独自で制作した日本語の取扱説明書が添付されます。

「Creality 3D Ender-3 S1」開発背景

コンシューマー向け3Dプリンター「Creality 3Dシリーズ」は、中国・深圳に拠点を置くグローバル企業「Shenzhen Creality 3D Technology社」の3Dプリンターブランドになります。
これまでも、組み立てキットで2万円台から購入可能な「Ender3」や、ベルトコンベア式で、細長い形状や複数の造形物を同時に印刷可能な「CR-30」といった製品を通して、廉価でかつ高性能な3Dプリンターを次々と発売し、業界に革命をもたらしてきました。
今回、Creality社の日本代理店である株式会社サンステラが販売する「Creality 3D Ender-3 S1」は3Dプリンターの入門機として圧倒的知名度を誇るEnder3シリーズを、0から見直して再設計したモデルです。
個人向け3Dプリンターのフラッグシップとしてふさわしい、オートレベリングやダイレクト式エクストルーダー、カラーディスプレイ、サイレントマザーボードを搭載し、3Dプリンターの「次世代の標準機」として販売前より大きな注目を集めています。

「Creality 3D Ender-3 S1」特長

Ender 3シリーズは、日本だけでなく、世界中で人気のあるプリンターシリーズです。Ender3シリーズの拡張性はそのままに、ダイレクト式エクストルーダー・オートレベリングセンサー標準搭載・ノブ式カラーディスプレイなどを搭載した【Ender-3 S1】が登場しました。
組立も超簡単、わずか15分で本体組立可能、印刷を開始できるように設計されています。標準機能も大幅に強化、高精度の精度Z軸、2つのZ軸モーター、超静音ドライバーを備えた新しい32ビット静音マザーボードなどを備えています。

1、押出が安定したダイレクト式エクストルーダー

3Dプリンターの格安機のほとんどには「ボーデン式」というホットエンドから離れた場所からフィラメントを押出する方式が作用されていました。しかしながらこの方式の場合、ゴムライクの柔軟性のあるフィラメントでは、チューブ内でフィラメントがしなってしまい正常に押出を行えないため、元来造形はとても難しいものでした。
Ender3 S1ではダイレクト式エクストルーダーを採用。押出をホットエンドの真上で行うことで安定した押出を実現し、ゴムライク樹脂も造形ができるようになりました。
また、本機種に採用された新開発の「Sprite」と名付けられたダイレクト式エクストルーダーは、重量わずか210g。今までのダイレクト式エクストルーダーの難点であった重さを克服し、惰性力が小さく、精度が高いことが特徴です。

2、水平出しが簡単なオートレベリングセンサー標準搭載

3Dプリンターで造形する際に一番重要なことはプラットフォームの水平出しです。
水平でないプラットフォームの場合、第一層目が造形されなかったり定着できずに造形に失敗する場合があります。
【Ender3 S1】では、水平出しが簡単なオートレベリングセンサーの【CR-Touch】を標準搭載し、自動でZ軸高さを検知し、ソフトウェア上で造形時に補正を行います。いままでとても面倒だった水平出しレベリング調整が、簡単に完了します。

3、ノブ式4.3インチカラーディスプレイで直感的操作

4.3インチのカラーノブ式ディスプレイを採用し、新開発のUIで簡単・直感的に操作することができます。
5分操作しないと自動で消灯する省エネルギー対応です。

4、サイレントマザーボード搭載・高精度デュアルZ軸対応

サイレントマザーボード搭載で動作音は50dB以下で、デスクの横でも寝室でも、造形場所を選びません。高精度のデュアルZ軸構造で安定性も強化しました。プリント中に層がずれることなく造形ができるので、筋目が出にくく、造形肌がとてもきれいに安定します。

5、6ステップで完成する半組立モジュールで出荷

96%完成した状態で梱包され出荷されるため、組み立て時間はわずか15分です。初代機種Ender3では2時間程度必要であったため、8分の1に短縮されました。メンテナンスも簡単なので、長くお使いいただく事ができます。

「Creality 3D Ender-3 S1」仕様

印刷方式:FDM(Fused Deposition Modeling「熱溶解積層法」)
印刷サイズ:220*220*270mm
本体サイズ:487*453*622mm
カートンサイズ:540*510*260mm
本体重量:9.1kg
カートン含む総重量:11.2kg
精度:±0.1mm
付属ノズル径:0.4mm
電源:115/230V 50/60Hz 4.5/2.5A 24v 350w
オートレベリング:〇(CR-Touch標準搭載)
対応スライスソフト:Creality Slicer/Cura/Repetier-Host/Simplify3D
データ転送方法:SD カード/Type-C USB ケーブル
スライサー対応ファイル形式:STL/OBJ/AMF
ヒートベット温度:100℃
ノズル温度:260℃
印刷速度:最高150mm/s (推奨:60-100mm/s)
積層ビッチ:0.1 – 0.4mm
スクリーンサイズ:ノブ式4.3インチ カラースクリーン
印刷プラットフォーム:PCマグネットプレート(オプション:PEIプラットフォーム販売予定)
対応フィラメント:1.75mm PLA、TPU、PETG、ASA
エクストルーダー:ダイレクトドライブ”Sprite”採用
フィラメントセンサー:〇
停電再開機能:〇
メインボード:32ビット静音メインボード
対応言語:中国語/英語
日本語取扱説明書:同梱(株式会社サンステラ独自作成)

 

 
世界的人気シリーズEnder3が大幅リニューアル!「次世代標準機」として発売前から注目度の高い製品の、Ender 3シリーズの新しい3Dプリンター「Creality Ender 3 S1」に注目です!

最新情報をチェックしよう!