Raspberry Pi 4のスペックは?販売時期はいつごろになるの?

動画職人大塚

こんにちは大塚です。
今回は、Raspberry Pi 4の発売時期について予想していきたいと思います。

Raspberry pi 4の発表が噂される理由は?


現在Raspberry Pi はRaspberry Pi 3までが発売されています。
最初にRaspberry Pi 3が発売されたのが、2016年2月であることから、そろそろRaspberry Pi 4が発売されるのではないかとユーザーたちの間で噂になっています。
この噂には理由があり、Raspberry Piを開発しているラズベリーパイ財団から、過去に「Raspberry Pi 3の時代が最低でも3年、2019年迄は続く。」という発言があったため、Raspberry Pi 3の発表から3年が経つ2019年に発売されるのではないかと予想されているのです。

Raspberry Pi 4は2019年中に発表されるのか?

3年という期間をラズベリーパイ財団が発表した以上、2019年の発売に期待が高まりますが、一方で、「ハードウェアの開発が世界的に低迷している」という主旨の発言もあり、新しいバージョンとして製品を発売するための開発が難しく、開発が遅れているのではないかとも言われています。
ハードウェアに大きな進歩がないと、新たなバージョンとしても発売が難しいということなのかもしれません。

Raspberry Pi 4に追加が噂されている機能・スペック

Raspberry Pi 3ではWi-FiとBluetoothという無線機能が追加され、Raspberry Piの用途が大きく広がりました。Raspberry Pi 4についても追加が期待されている機能としては、

  • ・大容量化
  • ・高速化
  • ・AI機能搭載
  • ・小型化

などが噂されています。
中でも、AIに関して、GoogleがAIツールをRaspberry Piに統合する手助けをしているという話もあり、AIや機械学習関係の機能が搭載される可能性がありそうです。具体的には、顔認識、自然言語処理あるいはスピーチからテキストへの翻訳機能などが予想されます。

Raspberry Pi 4の気になる価格は?

ラズベリーパイ財団の発言の中に、「私たちは営利を求めていません。子どもたちにプログラミングを教えることが目的なのです」という主旨の発言があるので、おそらく現状のRaspberry Pi 3 Model B+ の35ドル程度の金額設定になるのではないかと予想されます。

まとめ

Raspberry Pi 4については、新しい情報があまり出てこないため、発売の時期を含めて予想することが難しいですが、Raspberry Piユーザーとしては、どんな機能が搭載されるのか考えるのも楽しみの一つですね。
Raspberry Pi関係の記事を他にも書いていますので興味があればぜひご覧ください。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG