CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  コダックがプロスペックのデスクトップ型3Dプリンターを発表

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

コダックがプロスペックのデスクトップ型3Dプリンターを発表

3Dプリンター de ものづくり

公開日:2018.12.10 最終更新日 : 2018.12.10

写真用品メーカーとして有名なKodak(コダック)が、新たに3Dプリンター業界に名乗りをあげたみたいです!
コダックが発表した3Dプリンターは、「ポートレイト3Dプリンター」という名前のデスクトップ型3Dプリンターで、搭載されている5インチ・タッチスクリーンで操作でき、さらに外から携帯端末でプリンターにデータ送信することもできるみたいです。
外からデータが送れるのは意外と便利で、出先で出力しておいて社内に戻ったらデータが造形されているのはとてもありがたいです。

ポートレイト3Dプリンター

このプリンターには「Dual extrusion system(2カ所からの押出成形システム)」や鉄製の密封構造といった独自の技術が盛り込まれており、105度までの高熱印刷が可能だそうです。専用ソフトも付属し、あらゆる工業製品に対応するプロ用となっています。

ハード面の特徴

ポートレイト3Dプリンターには、1.75mmのノズルが2つ備えられています。
ひとつは金属製、そしてもうひとつはフライパンのコーティングに使われるPTFE(フッ素樹脂)製です。
交換も簡単にできて、これらとは別に一般的な0.4mmノズルも同梱されています。

さらにガラス繊維の濾紙「HEPAフィルター」と活性炭を内臓されていて、造形時の焼ける匂いを除去してくれるそうです。

ソフト面の特徴

「Raspberry Pi 3」上で動く「3DPrinterOS」が使われており、ユーザーは「KODAK 3D Cloud」にアクセスできます。

3Dプリンターには、印刷状況をリアルタイムで配信するカメラが搭載され、携帯端末を使って、どこからでも印刷の進捗を確認することができるそうです。
フィラメントの残量も監視しているため、フィラメント切れによる印刷の中断を知るのにも便利そうですね。

背面

別の仕事をしながら3Dプリンターの様子を見ることができるので、そのぶんの作業効率の向上も期待できます!


値段は3,499ドル(約39万5000円)と、そこまで高くない設定です。プロ用を謳っている機種なので性能も期待できます。
けれど現時点で日本からの注文は受け付けておらず……! 欧州とアメリカ、カナダでのみ販売しているようです。

Kodak ポートレイト3Dプリンターのサイトはこちら
https://www.smart3d.tech/

The following two tabs change content below.
3Dプリンター de ものづくり

3Dプリンター de ものづくり

3Dプリンター専門店「Fabmartーファブマートー 」で店員をやってます。 3Dプリンターが欲しいと思ってもらえるようなお得な情報を届けられるように頑張ります!

スポンサードリンク

Fusion360

月間人気記事ランキング