facebook

【2024】30代からの転職は難しい?ポイントを押さえて成功させよう

30代から転職しても、うまくいくか不安な方も多いでしょう。しかし、手順を踏んでしっかりと対策をすれば、成功する確率は上げられます。

本記事では、30代からの転職が難しいと言われる理由や注意点を解説しつつ、成功へ導くポイントを紹介します。おすすめの転職支援サービスも掲載しているので、30代からの転職を成功させましょう。

30代の転職が難しいと言われる理由2つ

30代の転職が難しいと言われる理由

30代からの転職は難しいと思い、一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか。スキルや実績がない場合は特に不安になるかもしれません。まずは、30代の転職が難しいと言われる理由を2つ解説します。

理由①スキルや経験が重視される傾向にあるから

30代の転職が難しいと言われる理由の一つは、スキルや経験が重視される傾向にあるからです。20代には、意欲や将来性などの伸びしろを重視するポテンシャル採用もあります。

しかし、30代の求職者には即戦力としての役割を期待する企業も多いため、求められるスキルや経験の水準も上がりがちです。

そのため、スキルや実績が不足している場合は、内定を獲得できるまで時間がかかる可能性もあります。また、他の30代の求職者と差をつけることも意識しなければいけません。

理由②未経験可の求人が限られてくるから

30代の転職が難しい2つ目の理由は、未経験可の求人が限られているからです。30代以上になると、業界・職種ともに未経験からスタートできる求人は少なくなります。

前述のとおり、30代の求職者には即戦力人材を期待する企業が増えるからです。もちろん、未経験からでも挑戦しやすい業界や職種はあるものの、応募できる求人が少なくなることは覚悟しておきましょう。

30代で転職する際の注意点3つ

30代で転職する際は、以下の3つに気を付けましょう。

  1. 年収が下がる可能性がある
  2. 年下の上司に指導されるケースがある
  3. 正社員転職が難しい場合も

それぞれ解説します。

注意点①年収が下がる可能性がある

30代で転職する際の注意点1つ目は、年収が下がる可能性があることです。特に、異業種への転職や未経験の職種に挑戦する場合は、現職よりも初任給が低くなる場合もあります。

やりたい仕事がある・新しいことに挑戦したいなどの場合は別ですが、給料アップを目的に転職する場合は注意が必要です。

また、前職の経験を活かせる業種でも、会社の規模が変わることで給与が低くなるケースも珍しくありません。事前に求人情報や会社の採用情報を、よく確認しておきましょう。

注意点②年下の上司に指導されるケースがある

30代で転職する際の注意点2つ目は、年下の上司に指導されるケースがあることです。30代から入社すると、自分よりも若い20代の社員が教育係になることも十分に考えられます。

年下から厳しく指導されると、腹が立つときがあるかもしれません。しかし、入社年数は相手のほうが上のため、謙虚な姿勢で教えてもらうことが重要です。

年齢や経験に関係なく学ぶ姿勢を持ち続けると、新しい環境に適応しやすくなります。自己成長の機会と捉えて丁寧に接することで、新しいチームでの信頼関係も築きやすくなるでしょう。

注意点③正社員転職が難しい場合も

30代で転職する際の注意点3つ目は、正社員転職が難しい場合もあることです。特に専門職の分野では特定の資格や経験を求められることも多く、スキルを保有していなければ正社員として採用されづらい可能性があります。

もしも、挑戦したい仕事・分野がある場合は、派遣社員や契約社員のルートから経験を積むのも一つの方法です。しかし、正社員での雇用形態を優先したい人は、仕事の選択肢が狭まるリスクを想定しておきましょう。

30代が転職活動をする前にしておきたい準備3つ

30代が転職活動をする前にしておきたい準備は、以下の3つです。

  1. 自己分析を徹底的に行う
  2. 長期的なキャリアプランを考える
  3. 優先順位をつける

行き当たりばったりで転職をしてしまうと短期離職につながるため、慎重に行動しなければいけません。新しい会社に入社してから後悔しないよう、前もって考えておきたいことを解説します。

準備①自己分析を徹底的に行う

30代で転職を考える際は、自己分析を徹底的に行うことが重要です。これまでの経験を見直し、改めて自分の強みや弱み、最適な職種や業界などを見極めましょう。

20代の就職活動のときに行った自己分析とは、考え方や価値観が変わっていることもあるため、30代になった今の自分を見つめ直すことが大切です。

自己分析を通じて、30代の今はどのような価値を提供できるのかを明確にすることで、転職活動をスムーズに進められます。転職活動の機会を活かして、過去のプロジェクトでの成果やチーム内での役割などを振り返り、得意分野や改善点を洗い出してみましょう。

自己分析のやり方がわからないと悩む方は、上記の動画を参考にしてください。

準備②長期的なキャリアプランを考える

転職活動を行う前に、長期的なキャリアプランを考えておきましょう。目先の短期的な利益や条件だけでなく、5年後・10年後と将来を見据えて考えることが重要です。

自分が目指すビジョンやなりたい姿から逆算して、30代でどのようなスキルを身につけるべきか、どの業界で経験を積むべきかを明確にすることで、転職してからのキャリアを充実されられます。

なかには何がやりたいのかを決められず、転職を繰り返していた人もいるかもしれません。しかし、短期間で職場を離れていると、採用担当者から「またすぐに辞めるのでは?」と思われ内定が遠のいてしまいます。なんとなくで仕事を探すのではなく、やりたいことをしっかりと考えてみましょう。

準備③優先順位をつける

転職活動を行う際は、優先順位をつけることも欠かせません。自分の希望をすべて満たす転職先は見つかりくいため、妥協できる条件や譲れないポイントを明確にして、選択基準を設定することが大切です。

例えば、以下の項目のなかで何を優先したいのか決めておくとよいでしょう。

  • 業務内容
  • 勤務地
  • 給与
  • 福利厚生
  • 職場の雰囲気

自分のなかの条件を整理しておくと、企業選びがスムーズになるため、内定獲得までの期間も短縮できる可能性が高くなります。

30代からの転職を成功させるポイント4つ

30代からの転職を成功させるポイント

前半では30代の転職が難しい理由やリスクを解説しましたが、コツを押さえれば成功できる確率を高められます。ポイントを以下の4つ紹介するので、確認しておきましょう。

  1. 未経験からでも挑戦しやすい職種を選ぶ
  2. スキルを身につける
  3. 資格を取得する
  4. 転職エージェントを活用する

ポイント①未経験からでも挑戦しやすい業界や職種から選ぶ

30代からの転職を成功させるポイント1つ目は、未経験からでも挑戦しやすい職種を選ぶことです。人手不足や近年伸びている業界は人手を確保したいので、30代の未経験者でも募集しているケースがあります。

例えば、IT業界や介護業界、建築業界などは人手不足が深刻だと言われています。また、飲食や営業職、販売職なども専門知識が求められないため、30代の未経験からでも挑戦しやすい職種です。

なかなか内定を獲得できないと悩む場合は、業界や職種にこだわりすぎるのではなく、選択肢を広げてみるのも一つの手段です。下記の記事でも、未経験者におすすめの仕事を紹介しているのでご参考ください。

【2024】未経験者の転職におすすめの仕事は?成功のコツやおすすめ転職支援サービスも

ポイント②スキルを身につける

30代からの転職を成功させるポイント2つ目は、スキルを身につけることです。希望する業界や職種のスキルを身につけておけば、実績が少なくとも採用される確率は上がります。

例えば、独学で学んだりスクールに通ったりするのも、採用担当者に意欲をアピールできます。知識がある状態で入社すると早くから活躍できるので、ぜひ検討してみてください。

ポイント③資格を取得する

30代からの転職を成功させるポイント4つ目は、資格を取得することです。特定の資格を持つことで専門知識やスキルを証明できるため、何も資格がないよりは書類選考の通過率を上げられるでしょう。業界・業種ごとに代表的な資格を表にまとめたので、ご参考ください。

業界・職種 資格名
CAD
  • CAD利用技術者試験
  • 建築CAD検定試験
IT
  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
介護
  • 社会福祉士
  • 介護福祉士
事務
  • 日商簿記
  • MOS

自分が目指す業界に関連した資格を取得して、採用担当者にアピールしましょう。なお、未経験からCADオペレーターになれるのかは、下記の記事で詳しく解説しているためご覧ください。

【2024】CADオペレーターへの転職は未経験でも可能?資格の有無も解説

ポイント④転職エージェントを活用する

30代からの転職を成功させるポイント5つ目は、転職エージェントを活用することです。転職エージェントを利用すると、アドバイザーがあなたに合った求人を提案してくれるため、効率よく転職活動を進められます。

転職支援サービスには大きく分けて、総合型と特化型の2種類があります。総合型は業界を絞らず幅広い求人を取り扱っているため、やりたいことが決められない人に向いています。

一方の特化型は特定の業界を専門的に扱っているため、業界に関する知識が豊富なアドバイザーが多い点がメリットです。

なかでもCADオペレーターになりたいと考える方には、CAD業界に特化した転職支援サービス「キャド研リクルート」がおすすめです。

大手転職サイトには掲載されていない、CAD業界に特化した非公開求人を多数保有しています。また、CAD業界に精通した転職エージェントが、内定まで無料でサポートするので安心です。

さらに教育サービスを受けることができるため、30代でCADの実務経験がない方でも業界の知識やソフトの技術を身につけた状態で転職活動ができます。

30代の転職についてまとめ

本記事では、30代からの転職が難しい理由やリスクなどを解説しました。20代の転職活動とは異なり30代には即戦力人材を求める企業が増えるため、特に未経験から転職するハードルは上がります。

そのため、自分が何を求めるのか、30代の自分はどのような経験を活かせるのかを徹底的に洗い出し、入念に準備をしましょう。また、スキルを身につけたり資格を取ったりすると、知識や意欲をアピールできるため、30代から転職活動を進めるうえで武器になります。

そして、転職エージェントを活用することもおすすめです。転職エージェントに登録すると、アドバイザーがあなたの状況やスキルをヒアリングしたうえで、適した求人を紹介してくれます。

もしも、CAD業界に転職をお考えの方は、CAD業界に特化した「キャド研リクルート」をぜひご活用ください。CAD業界に特化したサービスで、他社では取り扱いがない独占求人や非公開求人を多数保有しています。転職エージェントに登録して、希望の企業から内定を獲得しましょう。

30代からの転職は難しい?
最新情報をチェックしよう!