facebook

多様な切断機に対応するCAD/CAMシステム「ANS」とは

CAD/CAMソフトは時代の発展とともに進化しています。中でも長年業界トップの導入実績を誇るのがANSです。CAD/CAMとして高い性能を誇り、簡単に操作できることはもちろん、データーベースサーバーとしての機能も備えています。

今回はANSの機能をわかりやすく紹介していきます。さらに、充実したオプション機能もお伝えしますので、標準機能では満足できなった方も最後まで読んでみてください。

ANSとは多様な切断機に対応するCAD/CAMシステム

業界トップの導入実績を誇るANSは、大新技研株式会社が開発したCAD/CAMソフトです。長年のサポートで培われたノウハウを駆使してNC切断を強力にバックアップすることができます。また、国内メーカーのガス、プラズマ、レーダーなどの各種切断機に対応しており、詳細な条件も設定することが可能です。

ANSが長年多くの方に愛用され続けているのには、数多くの機能が備わっているからだといえるでしょう。汎用性の高いANSの機能について解説していきます。

汎用性の高いANSの機能

社内のあらゆる業務のIT化に貢献するANSは、まさに汎用性の高いソフトであるといえます。ANSのデータベースサーバーを経由すると、あらゆる情報のやりとりを一元管理することが可能です。

部品やネスティングに関する情報はもちろん、取引先の情報や工場の稼働状況、製品出荷状況までまとめて管理することができるのです。統一されたシステムを使用することで作用時間を短縮したり、管理ミスを軽減することにつながります。

ここから紹介するANSの詳細な機能は、簡単に操作することが可能です。ANSの導入をご検討の方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

各種システムとの情報連携が可能

部品情報には外部出力機能があるので、各種システムと簡単に情報連携することが可能です。さらに専属部品のデータベースを装備していることから各種データベースとの連携がスムーズになります。部品情報を加工し、生産管理システムとの連携も可能なため、幅広い業務で活用することが可能です。

高い歩留まりを支える多機能ネスティング

 

指定部品を空き領域に移動させる高精度自動ネスティングで無駄な廃材を最小限に抑えることができます。また、客先や工場、優先順位ごとに独自のネスティング条件を設定し、登録することができ、登録した部品キーワードでネスティング図面を検索することが可能です。製品出荷後のネスティング図面の確認にも利用できる便利な機能となっています。

省力化のために組み込まれた切断ノウハウ

切断機ごとの性能に合わせて自動で複数パターンの切断経路を作成します。作成されたパターンを組み合わせることができ、自由自在な経路設定が可能です。さらに、共通切断を行うことで作業時間の短縮と歩留まりの向上につながります。

特殊切断経路作成にも幅広く対応

 

銅板の熱歪みによる寸法誤差や開図経路作成後のピアス編集にも対応しています。また、切断前に穴を開ける「先穴切断」を行うことで、品質の向上と廃材の減らすことが可能です。さらに、耳切りや部品間切断の経路を作成を行うことで、現場での端材切断作業を軽減することができます。

ANSはオプション機能も充実

ANSはより多くの利用者の声に応えるためにオプション機能も充実しています。標準機能だけでは物足りないと感じた方もオプション機能がご要望の作業を可能にしてくれるかもしれません。簡潔にご紹介しますので、ぜひ目を通してみてください。

素材端・部品間切断の経路作成

 

製品切断前に耳切りや部品間の端材切断経路を作成することができます。このオプションはレーザー切断時に多く使用されており、本来現場で切断経路を作成するところANS側でできるため、現場の作業が軽減されます。

残素材の加工経路作成

余った素材を分断するための加工経路を作成します。ANS側で事前に作成することで現場作業員が切断機を操作して分断加工を行う必要がありません。さらに、残素材を最大限に活用できるように無駄の少ない経路を作成することが可能です。

最適小穴ピアスの自動配置

 

孔切断時に孔径サイズに最適な切り込みパターン作成。自動配置まで行うため、オペレーターによる手動配置は必要ありません。担当者ごとの切断品質のバラつきを防ぐことができ、作業時間も改善することが可能です。

伝票システムと各種システムの連携

CAD/CAM以外に幅広いシステムと連帯できるANSは、伝票システム用のデータを出力することも可能です。受注から加工、出荷まで各業務をまとめるインターフェースが伝票作成に大きな役割を果たします。各種システムのデータを伝票システムと連携させることでテータの転記作業や出荷作業がスムーズになり、ミスを削減することが可能です。

帳票を自由にカスタマイズ

自由に帳票をカスタマイズすることも可能です。事務システムと作業をバーコードで連携させる帳票や残素材の一覧表など要望に応じた専門の帳票などを作ることもできます。運用方法に適した帳票を作成することで業務の改善につながるでしょう。

切断経路カスタマイズ「共通切断経路変形バージョン」

2つのペアでネスティングされた部品の共通切断経路を作成することが可能です。一般的には八の字の順番で切断しますが、共通辺を先に切断し、外周切断を行います。

共通切断箇所に合わせて経路をカスタマイズすることで無駄な作業に時間を取られる必要はありません。共通切断経路の作成は細かな改善ではありますが、作業数が増えてくると大きな改善につながるでしょう。

素材四周マーキング

素材サイズで4周マーキング経路を作成することが可能です。マーキング経路を作成することで、製品の切断ミス防止に役立ちます。NCデータ作成前に素材4周マーキングチェックを行うだけで簡単にマーキング経路を作成できるので、作業の負担が増えることもありません。

少ない作業で切断ミスを防止できる「素材4周マーキング」は、品質や歩留まりの向上にも最適なオプションといえるでしょう。

まとめ

 

今回は、ANSについてまとめてきました。業界No.1の導入実績を誇り、長年サポート続けてきたANSは、多くのユーザーから高い信頼を獲得しています。

無駄な廃材を最小限に抑える自動ネスティングや、切断機に合わせて自動で複数の切断経路を導き出すなど高精度な標準機能が搭載を搭載しているのです。また、CAD/CAMとしての機能以外にも、データーベースサーバーとしてあらゆる情報を一元管理することができます。数多くの情報を一元管理することでデータが煩雑になるのを防止することができるでしょう。

標準機能以外にも充実したオプションが用意されています。標準機能だけでは満足できない方は、オプション機能を確認してみることをおすすめします。数あるオプションの中から要望のあった機能を見つけ出すことができるでしょう。

長きにわたり愛用され続けているANSは時代の変化とともに進化を遂げてきていきます。今後のさらなるテクノロジーの発達を活用し、進化し続けていくでしょう。

最新情報をチェックしよう!