このコンテンツを閲覧するためには会員登録が必要です。
・会員登録がまだの方はこちらより会員登録をお願いします。
・会員登録がすでにお済みの方はこちらよりログインしてください。

Fusion 360でシャーペンのモデリング

解説!モデリング動画

今回は大体実寸サイズでシャーペンをモデリングする様子を流します。

◆動画

PART1

PART2

PART3

◆プチ解説

今回モデリングしていくシャーペンは内部構造などは考えずに、見た目だけを作っていきます。

等間隔に配置されている溝などは、パターンを利用することで効率的につくることができます。

また、動画内でも使っていますが、断面解析は複数の部品の組み付き状況の確認にとても有効的です。

シャーペンの留め具部分はソリッドモデリングで作成していくのは、なかなか難しいので、今回はスカルプトを活用しました。

スカルプト(Tスプライン)を利用することで、通常のモデリングでは難しい形状でも難なく作ることができます。Fusion360の強みですね。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG