Fusion360 CAMも使えるCNC工作機械とは

ティーチャー三谷

こんにちは。前回の「Fusion360はCAM機能もすごかった!」の記事に引き続き、今回もCAMに関する記事です。
今回は、実際に加工を行うための機械「CNC工作機械」についてご紹介します♪


CNC工作機械の仕組み

CNC は Computer Numerical Control(コンピューター数値制御)の略で、工具の移動量や移動速度を数値制御することを言います。
CNC工作機械は、入力された指令に基づいて X 軸、Y 軸、Z 軸の各軸がモーターで制御されて動作するため、スイッチを入れると自動的に加工を行います。
入力される指令は、Numerical Control の頭文字を取って、「NC データ」と呼ばれます。
NC データの中には制御するコードがかかれており、指令するコードの頭文字に「G」が付くため、「G コード」と呼ばれたりもします。

cnc01


NCデータの作成方法

それでは、CNC 工作機械を動かすためのNCデータはどのように作成するのでしょうか。
NCデータ作成するために、まずは「CAM」で工具の軌跡となるツールパスを作成します。

ツールパスを作成しただけではまだ機械が読み込むことができないので、作成したツールパスを「ポストプロセッサ」を使って、NCデータに変換します。

機械に指令を送る言語(Gコード)は機械毎に違うため、その機械にあったポストプロセッサを作成する必要があります。

ポストプロセッサの設定が間違っていると、CAM上のツールパスとは違った動きになり機械が壊れる可能性があるので、
ポストプロセッサはとても重要なものになります。


NCデータを機械に送る

続いて、ポストプロセッサで変換し作成したNCデータを機械に送る方法を、Roland社のMODELA MDX-40Aを例にご紹介します。
作成したNCデータはパソコン上で動く「VPanel」というソフトで読み込みます。

cnc02

VPanelでは加工原点の設定や、工具を動かす際の送り速度の制御などができます。
VPanelの設定が終わったらあとはPCと機械をUSBケーブルでつないで、機械にデータを送れば機械が動き出します。

加工を一時停止する場合、本体の「View」ボタンを押します。
再開時にはカバーを閉めた状態で「View」ボタンを長押しすると再開することができます。

cnc03

この機械は、工具が1本しか付きませんが、マシニングセンタと呼ばれる産業用の機械だと、太い工具や細い工具をあらかじめセッティングしておくと、自動的に工具を交換しながら加工をしてくれます!

1440_ext_05_0
※出展:DMG森精機

今まではマシニングセンタのような高価な機械しかありませんでしたが、ご紹介しているRoland社さんの機械のほかに、オリジナルマインドさんの機械など、数十万円から手に入るものも多くなってきました。
オリジナルマインド Qt100
qt_s_top
出展:オリジナルマインド


まとめ

1.CAMでツールパスを作成
2.ポストプロセッサでNCデータに変換
3.NCデータをVPanelで読み込む
4.VPanelから機械データを送る

cnc_04

皆さんも是非CNC工作機械を使ってものづくりの幅を広げていてください!
CAMや加工の知識ないけど今後使ってみたい!」という方向けにセミナーも行っています。

【Fusion360 CAM】木材や金属を自在に加工!はじめてのCNC入門セミナー
http://3d-printer-house.com/3dcam-fusion360/

このセミナーでは、Fusion360 CAMを使って作成したツールパスを、実際にCNCで削りその流れを学習することができます。
興味ある方は是非ご参加ください!

cam_02

ご質問などあればコメント欄に記入してください♪

関連記事

Fusion 360 の使い方を学びたい方はこちら

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG