このコンテンツを閲覧するためには会員登録が必要です。
・会員登録がまだの方はこちらより会員登録をお願いします。
・会員登録がすでにお済みの方はこちらよりログインしてください。

Fusion360でクリーチャーを作ろう!

解説!モデリング動画

anim

今回は5分ちょっとでクリーチャーを作る方法をご紹介します。
Tスプラインのパイプコマンドを使うことで、すぐに作ることが出来ます。

動画


補足解説

今回重要なコマンドは、パイプです!
Tスプラインのパイプコマンドがなければこんな芸当できません。
パイプコマンドで今回知っておくべきポイントは3つだけ
2
パスはパイプの中心線、通り道。曲線を選択すればそこにパイプが生成されます。
断面が今回最も重要で、曲線の交差部や端部にはデフォルトで断面が設定されており、そこの直径を変えたり、新しく断面を定義して直径を変えることができます。

3
あとは終端タイプですが、これは基本的には正方形にします。

これで今回パイプを使う上で重要なポイントはOK。

高機能クラウド3DCAD「Fusion 360」の資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

最新情報をチェックしよう!
>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG