Fusion 360でドーム形状をサーフェスモデリングする方法

Fusion360は「パッチ」機能を利用することでサーフェスモデリングが可能です。
今回は、パッチ機能を利用してドーム形状をモデリングします。


1. ドーム形状の基となるスケッチを作成します。
今回は[楕円]と[円弧]のコマンドを利用して作成しました。
01

※作成したスケッチを[トリム]または[破断]で分割しておきます。
02


2. 作業スペースをパッチに変更し、[押し出し]のコマンドで先ほど分割したスケッチをそれぞれ押し出します。
03
04

あらかじめ補助となるサーフェスを作成しておくことで、補助サーフェスに接するサーフェスを作成することができます。


3. [パッチ]のコマンドで、先ほど作成したサーフェスのエッジを利用してドーム型のサーフェスを作成します。
作成する際に「連続性」を[接戦]にします。
05


4. 補助として使用したサーフェスを非表示にして[ミラー]コマンドで残りの3面をコピーします。
06


5. ミラーができたら[ステッチ]コマンドでサーフェスを結合して完成です。

※補助となるサーフェスを作成しなかった場合、接続箇所に折れ目ができてしまい面の連続性が保たれなくなります。
また同様の操作が[ロフト]でも可能です。

07


▼▼▼ Fusion360についてもっと学びたいという方はこちら ▼▼▼

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG