Fusion 360 コマンド解説 – 厚み

[作成] – [厚み]

厚みのないサーフェスに厚みを付けてソリッド(中身の詰まった形状)にするコマンドです。

厚み

使い方

サーフェスを選択し、厚みを指定します。

設定項目

面:サーフェスを指定します。
チェーン選択:チェックを入れた状態でフェイスを選択すると、タンジェント接続しているフェイスが同時に選択されます。
厚さ:厚みを入力します。
方向:厚みを付ける方向を指定します。
 ・片側:片側に厚みを付けます。
 ・対称:両側に同じ高さだけ厚みを付けます。
操作:形状を作成した際に同時に行う処理を設定します。
 ・結合:形状同士を足します。
 ・切り取り:形状同士を引きます。
 ・交差:形状同士の重なった部分を残します。
 ・新規ボディ:新しい形状を作成します。
 ・新規コンポーネント:新しいコンポーネントを作成します。
切り取るオブジェクト:「切り取り」、「交差」を選択した際に表示されます。コマンド実行時には選択できず、編集時のみ設定可能です。編集時に「自動選択」を選択する事で、表示されている形状に対して「切り取り」、「交差」を再計算します。「xx個のボディ」を選択すると、再計算を行わず、状態を維持します。
ブラウザを使用し、「切り取り」や「交差」を行いたい形状のみを表示することで、「切り取り」、「交差」を実行する形状を指定できます。

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG