Fusion 360 コマンド解説 – BRepからメッシュ

[修正] – [メッシュ] – [BRepからメッシュ]

B-rep形状をメッシュ形状に変換するコマンドです。履歴のつかないダイレクトモデリングモードまたはベースフィーチャーモードのみで使用できます。

BRepからメッシュ

使い方

B-rep形状を選択します。

設定項目

ボディ:B-rep形状を選択します。
操作:変換後の形状の設定を行います。
 ・新規ボディ:新しいボディを作成します。
 ・新規コンポーネント:新しいコンポーネントを作成します。
▼プレビュー
メッシュをプレビュー:作成されるSTLデータのメッシュの表示/非表示を選択します。
三角形の数:「メッシュをプレビュー」をONにした際に表示されます。STLデータの三角メッシュ数を表示します。
▼リファインメント
リファインメントオプション:STLデータの精度を選択します。
 ・低:低品質のSTLをエクスポートします。
 ・中:普通品質のSTLをエクスポートします。
 ・高:高品質のSTLをエクスポートします。
 ・カスタム:以下の「リファインメントオプション」でSTLデータの精度を調整します。
サーフェスの偏差:元の形状からメッシュにする際の許容誤差を設定します。
法線の偏差:元の形状のフェイスの法線方向に対する許容角度を設定します。
エッジの最大長さ:最大のエッジ長さを設定します。
縦横比:アスペクト比を設定します。

>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG