Fusion 360 コマンド解説 – フィジカル マテリアル

[修正] – [フィジカル マテリアル]

形状に材質を割り当てるコマンドです。

フィジカルマテリアル

使い方

形状に材質をドラッグ&ドロップします。
材質を設定することで、ブラウザーでボディを右クリックし、「プロパティ」で重量を表示できます。

設定項目

▼このデザイン内:開いているドキュメントで使用されている材質が表示されます。右クリックして編集ができます。
フィジカルマテリアル-このデザイン内
 ・編集:材質の情報を編集します。「材質」ボタンで、比重、熱特性、強度などを設定できます。
フィジカルマテリアル-編集
  
 ・複製:材質をコピーします。
 ・適用するオブジェクトを選択:材質が設定されている形状をブラウザー上で強調表示します。
 ・割り当て解除と削除:リストから削除し、適用されている形状の材質を初期値に戻します。
 ・お気に入りに追加:お気に入りライブラリーに追加します。
▼ライブラリ
ライブラリ:材質の保存されているライブラリを選択します。
 ・Fusion360 マテリアルライブラリ:Fusion360の初期設定の材質のリストを表示します。
 ・お気に入り:お気に入りに登録した材質のリストを表示します。このデザイン内または[修正]-[マテリアルを管理]で材質のお気に入り登録ができます。

>法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向け Fusion 360 CADセミナー

法人向けFusion360 CADセミナーは、2日間の短期間で座学や実践を集中して行えるので、修了後にはすぐに業務に活かすことができます。3DCADをビジネスに利用したい法人様、またはこれから起業される経営者にもおすすめの短期集中型のFusion 360 の講座です。

CTR IMG