CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 修正  >  Fusion 360 コマンド解説 – フィジカル マテリアル

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[修正] – [フィジカル マテリアル]

形状に材質を割り当てるコマンドです。

フィジカルマテリアル

使い方

形状に材質をドラッグ&ドロップします。
材質を設定することで、ブラウザーでボディを右クリックし、「プロパティ」で重量を表示できます。

設定項目

▼このデザイン内:開いているドキュメントで使用されている材質が表示されます。右クリックして編集ができます。
フィジカルマテリアル-このデザイン内
 ・編集:材質の情報を編集します。「材質」ボタンで、比重、熱特性、強度などを設定できます。
フィジカルマテリアル-編集
  
 ・複製:材質をコピーします。
 ・適用するオブジェクトを選択:材質が設定されている形状をブラウザー上で強調表示します。
 ・割り当て解除と削除:リストから削除し、適用されている形状の材質を初期値に戻します。
 ・お気に入りに追加:お気に入りライブラリーに追加します。
▼ライブラリ
ライブラリ:材質の保存されているライブラリを選択します。
 ・Fusion360 マテリアルライブラリ:Fusion360の初期設定の材質のリストを表示します。
 ・お気に入り:お気に入りに登録した材質のリストを表示します。このデザイン内または[修正]-[マテリアルを管理]で材質のお気に入り登録ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – フィジカル マテリアル”

MENU

おすすめ記事

おすすめ記事