CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 修正  >  Fusion 360 コマンド解説 – 位置合わせ

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[修正] – [位置合わせ]

形状やコンポーネント、スケッチを整列するコマンドです。

位置合わせ

使い方

整列対象の種類を選択したあとに、整列する要素の基準点と整列先の基準点を選択します。Ctrlキーを押すことで、ジョイント原点を選択する際のフェイスを固定できます。

設定項目

ジオメトリ:整列する要素の基準点を選択します。
オブジェクト:整列する要素の種類を選択します。
 ・コンポーネントを位置合わせ:コンポーネントを選択可能にします。
 ・ボディ、スケッチを位置合わせ:ボディやスケッチを選択可能にします。
反転:整列の方向を反転します。
角度:選択したポイントを中心に回転します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – 位置合わせ”

各ソフトウェア別で記事を探す

ログイン