Fusion 360 コマンド解説 – マテリアルを管理

[修正] – [マテリアルを管理]

材質の環境設定を行うコマンドです。設定した内容は、[修正]-[フィジカル マテリアル] / [外観]で使用できます。

マテリアルを管理

使い方

ダイアログボックス内で材質のライブラリの新規作成やフォルダ振り分けをします。

設定項目

物理情報:[フィジカル マテリアル]の材質を設定します。
表示:[外観]の材質を設定します。
Favorites:右クリックして[Create Category]を選択することで新しいカテゴリーを追加します。
マテリアルを管理-Favorites
 ・Create Category:カテゴリーを作成します。
 ・Rename:名前を変更します。
 ・Delete Category:カテゴリーを削除します。
Fusion360 マテリアルライブラリ:初期設定の材質が保存されています。このライブラリは編集できません。
各材質の上で右クリックし、[Add to]で任意のカテゴリーにコピーができます。
Create New Material:左下のアイコンで、ライブラリや材質の新規作成ができます。
マテリアルを管理-Create New Material
 材質をダブルクリックすることで編集できます。
 マテリアルを管理-材質編集

>Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360 資料ダウンロード

Fusion 360とSolidworksの機能比較やユーザー導入事例、サポートサービスなど、Fusion 360の導入を検討されている方必見の資料を無料でダウンロードしていただけます。

CTR IMG