CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 修正  >  Fusion 360 コマンド解説 – フィレット

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[修正] – [フィレット]

形状の角にフィレット(丸み)をつけるコマンドです。

フィレット

使い方

形状のエッジを選択し、フィレット径を入力します。

設定項目

エッジ:フィレットをつけるエッジを選択します。
タイプ:フィレットタイプを選択します。
 ・一定半径:一定の径のフィレットを付加します。
 ・弦の長さ:弦長を指定したフィレットを付加します。
 ・徐変:複数径で徐々に形がかわる徐変フィレットを付加します。クリックした位置に新しいポイントが作成され、新しい半径を入力できます。
 フィレット-徐変
半径:フィレットの半径を入力します。
弦の長さ:フィレットの弦長を入力します。「弦の長さ」に設定した際のみ表示されます。
点の削除:「徐変」で追加したポイントを削除します。「徐変」に設定した際のみ表示されます。
接面チェーン:タンジェント(接線)接続しているエッジを一括選択する/しないを設定します。
G2:曲率連続のフィレットを作成します。
コーナーのタイプ:3辺が交わるコーナー部分の処理を設定します。
フィレット-ローリングボール  フィレット-セットバック
     ローリングボール          セットバック

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – フィレット”

MENU