CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 検査  >  Fusion 360 コマンド解説 – 曲率マップ解析

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[検査] – [曲率マップ解析]

フェイスの曲率をグラデーションで表示します。

曲率マップ解析

使い方

フェイスの曲率を解析したい形状を選択します。

設定項目

ボディ:フェイスの曲率を解析したい形状を選択します。
表示:
・スムーズ:解析結果の色をグラデーションで表示します。
・バンド:解析結果の色を帯で表示します。
タイプ:解析の計算方法を設定します。
  ・ガウス:フェイスのU方向V方向に対するガウス曲率を表示します。曲率が正(凸形状)の場合赤で表現され、負(凹形状)の場合青で表現されます。少なくとも1つの方向に平らな、平面、円柱面等の場合緑で表現されます。
 ・最小主応力:「最小制限」に設定した半径より大きい曲率の箇所を表示します。
 ・最大主応力:「最大制限」に設定した半径より小さい曲率の箇所を表示します。
最小制限:「最大主応力」に設定した際に表示されます。表示したい最小曲率半径を入力します。
最大制限:「最小主応力」に設定した際に表示されます。表示したい最大曲率半径を入力します。
不透明度:色の透明度を定義します。数字が小さい程色は薄く、数字が大きい程色は濃く表示されます。
高品質:チェックを入れると、表示を高精度にします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – 曲率マップ解析”

MENU