CAD/CAM/CAEの「使い方」や「最新ニュース」をほぼ毎日更新!CAD/CAM/CAE 研究所(旧 Fusion BASE)

ソフトウェア

HOME  >  Fusion 360 コマンド一覧  >  Fusion 360 コマンド解説 - モデル  >  Fusion 360 コマンド解説 - 検査  >  Fusion 360 コマンド解説 – 勾配解析

≫ サイトマップ  ≫ 運営会社紹介

[検査] – [勾配解析]

フェイスのテーパ(勾配)を解析するコマンドです。

勾配解析

使い方

テーパを解析する形状と方向を選択します。

設定項目

ボディ:解析する形状を選択します。
方向:基準となる方向(抜き方向)を選択します。
勾配角度:テーパ(勾配)角度を入力します。設定した開始角度と終了角度によって、角度のついた箇所が色分けされます。
公差域:チェックを入れると、「勾配角度」に隣接する部分をグラデーション表示します。
許容差:許容差の開始角度と終了角度を入力します。
不透明度:解析結果の透明度を設定します。
高品質:チェックを入れると、表示を高精度にします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

Fusion360

この記事にコメントする

0 thoughts on “Fusion 360 コマンド解説 – 勾配解析”

MENU